国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

小林一三PHOTO2

(こばやし・いちぞう)1960年生まれ、兵庫県出身。中学卒業後、海上自衛隊少年術科学校に入学。その後ロサンゼルスに渡り、サンドウィッチの販売、自動車関係、不動産オーナーなどを経て、2003年ハワイ日刊サンの仕事を開始。06年に同紙のオーナーとなり現在に至る。英語版の日本情報誌『WASABI』も発刊。

日刊サンハワイオーナー 小林一三の初めてのセールス経験

イゲット 小林さんがハワイにたどり着いた経緯を教えてください。

小林 ハワイに住み始めたのは15年前ですね。それまでは、ロサンゼルスに1982年から住んでいました。当時は何をしたら良いか分からなかったから、英語でも勉強して、日本に帰ったら仕事があるだろうと思っていました。

イゲット 当時は、海外留学する男性はあまりいなかったと思いますが。

小林 まあ、その走りでしょうね。英語学校に1年半くらいいました。

イゲット 当時はまだドル高でしたよね。

小林 1ドル250円くらいだったと思います。

イゲット 日本にいた頃、自衛隊に所属していたというのも面白い経歴ですね。

小林 何か変わったことがやりたかったのと、1日も早く家から出たかったのも自衛隊に入った理由です。海上自衛隊少年術科学校というところで、中学を出てからそこに4年間いました。給料はもらえるし、食事も出るし、寮もあるから、これで自立できると思ったんです。卒業後は護衛艦勤務だったんですが、私の場合は日本の周辺をぐるぐる回って、遠洋航海には行けませんでした。

でも、やはり外国に行きたかったんですね。横須賀の艦に乗っていたので、米軍の施設が使えて、ステーキもワインもすごく安い。私は神戸で育ったので、周りに外国人が多かったというのも、外国に憧れていた理由です。

イゲット 英語を勉強した後は、ロスでは何をしていたんですか?

小林 アルバイトですね。最初は、学校の人が紹介してくれたリカーストアで1年働きました。その後、日系人の先生に「お金を稼ぎたいならセールスマンになれ」と言われて、ローカル新聞の求人欄に載っていたレインボーキッチンというサンドウィッチ屋さんの行商を始めました。エリアを貰って、サンドウィッチを車に詰めて、一軒ずつオフィスを回って売り歩く仕事です。

イゲット 材料を自分で詰めて売り歩くんですか?

小林 商品を自分オーダーして仕入れるんですが、売れ残っても店に返せる品と返せない品があるんですよ。返品できないのは利益が大きい商品。もう34年前くらいの話です。

イゲット それが初めてのセールス経験なんですね。仕事は面白かったですか?

小林 そうですね。でも、私たちの時代は宵越しの金は持たない風潮でしたから、日銭はすぐになくなって月末には家賃の支払いに困ったりもしました。そうしていたら日本からたまたまロスに来た産経新聞の関係者の方から「小林君、サンドウィッチなんて売ってたら駄目だぞ」と言われて、ロスオリンピックでサンケイスポーツのドライバーをさせてもらったんです。それが最初の新聞とのかかわりでしたね。ちょうどその後、ロスで日刊サンが刊行することになり、面接に行っていくよう勧められて、広告のセールスマンになったという経緯です。

イゲット 周囲に可愛がられていたんですね。日刊サンのオーナーはどんな方でしたか?

小林 オーナーは東大出で、お父さんが戦艦ヤマトの技術者だったという人で、いろいろ可愛がってもらいました。

ロスでの成功を捨てた日本人の感覚とハワイでの仕事のきっかけ

イゲット それまでとは違うメディアの仕事に就いて、いかがでしたか?

小林 実はそこには1年間しかしなかったんです。良いお客さんもいて、勉強の意味では面白かったのですが、当時はまだ24歳で、組織のコマみたいな感じであまり面白くないなと。それで、学校に行くと理由をつけて辞めました。でも、その後も日刊サンの社長や昔のリカーストアのオーナーが、いろんな人を紹介してくれました。

イゲット 辞めた後も紹介があったのは、信頼関係が築けていたからなんでしょうね。

小林 ラッキーでしたね。リカーストアのオーナーから「日本から車を買いに来る奴がいるから面倒見てやってくれないか」という話が入って、そこから車関係の仕事に入っていくことになりました。最初に買ってくれたのが、フェラーリとジャガーのレーシングカーで、代金が2台で22万ドルくらい。それで、売り手に値下げ交渉をするよう頼まれて成功すると、1万ドルの手数料が入りました。それだけもらえたら嬉しいですよね。その後、フェラーリ、ロールスロイス、ベンツ、アストンマーチンなど、いろんな車を買い付ける仕事を行っていました。新聞社のオーナーからも買い手を紹介されたり、ハーレーダビッドソンのパーツ販売のビジネスを譲ってもらったりもしました。

イゲット 楽しいお仕事だったようですね。

小林 でも、それも辞めてしまったんです。理由は、こんなに簡単にお金を稼いだらバチが当たると思ったから。日本人の感覚では、ブローカーは所詮ダメな奴とどうしても思われてしまうのが嫌でした。

イゲット 日本では、「汗水流して働くのが美徳」みたいな考えがありますからね。

小林 染みついている感覚があるから、ブローカーをやってもアメリカ人には勝てないですからね。それがストレスになって、辞めようと決意しました。その時、たまたまロスの日刊サンの社長が、ハワイでも発刊を考えていると言うから「じゃあ自分にやらせてよ」と頼んだんです。最初は断られましたが、直前になって彼のパートナーがキャンセルしてしまって、結局私がやることになりました。話が決まったのが03年1月くらいですぐに、ハワイにやって来ました。

イゲット ハワイには、全く生活ベースがない状態で来たんですか?

小林 そうですね。でもハワイは嫌いじゃなかったし、ずっと独り者だったので、すんなりと来れました。

イゲット ハワイにはほかの新聞もあったので後発になると思うんですが、広告営業も全部自分でイチから始めたのですか?

小林 そうですね。「自分のようなよそ者が受け入れられるかな」とも少しは考えましたが、そこはあまり気にしなかったです。(後編に続く

 

ChiekoEggedDSC_3145(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

 

 

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る