文化・ライフ

不倫報道2年の果てに見えたキーワード

 ミュージシャンで音楽プロデューサーの小室哲哉が、『週刊文春』で不倫疑惑を報じられ、引退を表明した件には、すっきりしない感覚を覚えた人も多いだろう。「文春砲」と呼ばれる同誌名物の不倫記事は、2016年1月に、バンド「ゲスの極み乙女」ボーカルの川谷絵音とタレントのベッキーの不倫を報じて以降、芸能人や政治家など有名人を続々砲撃目標とし、この2年でワイドショーの不倫報道も増加したという。

 日本人は、いつからこんなに不倫報道が好きになったのだろうか? いや、多くの人は「くだらない」「興味がない」等と答えるはずだが、なぜこの種の報道は、嫌がられながらも耳目を引いてしまうのか。

 あえて言おう。なぜなら不倫は、日本社会の矛盾の集積点といえる問題だからである、と。そう、不倫はかつてボウヤがするものではなく、家父長制でガチガチに守られた「権威ある大人の男性」が、「玄人(ないしはそれに準ずる)女性」と、家庭でも職場でもない安全な中立コロニー、もとい大人の社交場で、ランデブーするものであった。

 だが、時代は変わって宇宙世紀に突入するよりも早く、人類の不倫居住空間は拡大した。職場や家庭など、不倫地帯とは一線を画していたはずの地域との境界線が溶解し、同時に不倫戦に要する費用も安価になった。そんな戦況下、「メカケヲモツノモオトコノカイショー」という名のステルス兵器は、ブンシュンミノフスキー粒子の発明によって無効化されてしまった。かくして、剥き出しの通常兵器による戦いの火蓋は切って落とされた。    

 だがここに来て、このフリンホウドウ2年戦争は、小室の登場で新たなる戦局を迎えた。キーワードは、「老い」「病」「介護」だ。まだ59歳の小室だが、語弊を恐れずに述べるならば、既に彼は「余生」を生きているように見える。

 周知のように、小室の人生速度は速い。常人の3倍とは言わないが、比較にならないほど高速である。

 小室は1990年代に「小室ファミリー」と呼ばれるアーティストの一群を世に送り出し、音楽業界を席巻した。だがその後のブームの終焉と迷走、極めつけは5億円詐欺事件による逮捕、さらには妻であり元「globe」ボーカルのKEIKOが高次脳機能障害を患い介護負担を抱え、自身も病気を抱えるなど現在は苦難の多い人生行路となっている。

 そうした中、女性看護師に精神的に頼ってしまった……と会見で語る姿に、これまで文春砲報道に、それほど悪感情を抱いていなかった人たちまでが疑問を呈し始めた。小室の事例はこれまでの報道に比べ、あまりにも重かった。

 不倫云々を抜きにすれば、むしろは女性週刊誌で「夫婦闘病二千日! 小室とKEIKO、涙の二人三脚!」等書かれたらしっくりくるレベルの重さであり、文春砲にいくばくかあったはずの、「お痛が過ぎる有名人に対する、正義の鉄槌」的な雰囲気が、瓦解してしまった。

「感情」の変化を無視した近代家族の設定

 話は元に戻って、「不倫は、日本社会の矛盾の集積点」問題である。いやこれは、もっと言えば日本にとどまらない。近代社会開始時より内部に孕まれた巨大な闇である。

 不倫が叩かれるからには、「正しい結婚の姿」があるはずなのだが、それはもちろん、「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しきときも、死がふたりを分かつまで、愛し慈しみ貞節を守ることをここに誓います」という西欧キリスト教圏の誓約に収斂される。

 あらためて読むと、この結婚像は、とてもハードモードな設定である。

 なぜか。それは、そもそも「恋愛」を「結婚制度」に組み込むことが、かなり難易度の高いゲームのルールであったからだ。かつて、恋愛は結婚とは相容れないものであった。ヨーロッパで吟遊詩人によって恋愛譚が歌われ出した13世紀、恋愛とは不倫を指していた。なぜなら近代化以前、結婚は個人に属すのではなく、家に属すものであり、家同士のM&Aのようなものだったからだ。

 ところが近代化に伴い家制度が解体されると、結婚は個人同士の情緒的結び付きによるものへと変わった。

 近代化とは、社会学者マックス・ウェーバーが述べたように、「絶えざる合理化の過程」であり、事実、社会のあらゆる領域が合理化されて行った。

 だが、その近代社会が基盤とする最小の単位が「近代家族」で、そのコアとなる夫婦は、非合理的な恋愛感情による結び付きが前提……とは、近代社会の誕生から続く矛盾だ。

 さらに家族に深く関わり、かつ感情と同様、人間にとってコントロールできないものの代表格に、「生命」がある。

 人間も生物である以上、生老病死からは逃れることができない。健康なときは造作なく維持できた関係が、看護や介護を要するようになると、あっけなく困難になるのはしかたないじゃない、人間だもの。そう、人間である以上、夫婦ふたりの関係は、ライフステージや健康・経済状況などによって変化して当たり前なのである。だがあたかも、そのような変化は存在しないがごとく、近代家族の「情愛的夫婦の絆」は設定されている。

 恐らく多くの人は、コントロールが難しい「感情」と「生命」の問題の重圧を感じつつ、日々を送っているのだろう。不倫報道は、「感情」を制御できない有名人を晒し者にすることで、一時読者の鬱屈した感情のガス抜きをすることに役だっただろう。

 でも、「生命(老い・病・介護)」は? 「感情」ならば自己責任と考える人も、これには憐憫を覚えるだろう。すぐそこまで来ている「超」高齢社会と大介護時代を前に、この近代家族の理想と現実の乖離は、あまりにも重い。そして、奇しくも小室哲哉は、本人が望まぬかたちでこの時代の最先端を行ってしまった感もある。やはりどう転んでも、「時代の申し子」の宿命を負った人であるらしい……。

 

(みなした・きりう) 1970年生まれ。詩人・社会学者。詩集に『音速平和』(中原中也賞)、『Z境』(晩翠賞)。評論に『黒山もこもこ、抜けたら荒野 デフレ世代の憂鬱と希望』(光文社新書)、『「居場所」のない男、「時間」がない女』(日本経済新聞出版社)。本名・田中理恵子名義で『平成幸福論ノート』(光文社新書)など。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る