マネジメント

「トレンドは『働き方改革』だ。今日から時短、今日からから全員17時に退出だ!」「知人の会社では、何とか理論を使って社員のモチベーションが上がったそうだ。ぜひうちもやろう!」。そんな社長の大号令はなぜ従業員に響かないのか。労働問題のリアルに触れる野崎大輔氏が今回も吠えます。(聞き手・文=大澤義幸)

新しい制度やツール導入は自社の実態を見極めて

――(冒頭の小ネタが思いつかない……)今回は、会社に合わない制度、外部研修、お題目だけの決まりごと等の是非についてお話を伺います。野崎さんがコンサルされている企業で、新しい制度を導入したのにうまくいかなかった例はありますか?

野崎 (今回は冒頭に小ネタがないな……)失敗例なら、政府が2017年に始めた「プレミアムフライデー」に便乗してダメだった会社があります。社長の号令の下、社員に良かれと思って取り組んだものです。一部シフト制を導入し、全従業員が毎月いずれかの金曜に15時退出できるようにしたまでは良かったのですが、仕事が回らなくなり、自宅仕事や休日出勤が増えてしまった。結局、従業員から「本末転倒だ。意味がない」という声が挙がってやめたそうです。

 ――絵に描いたような失敗例ですね……。仕事の量を減らしたわけでも、仕事のやり方を変えてから始めたわけでもないんですよね? 仕事は社内だけでなく、社外との調整もあるでしょうし。それを前提に制度を導入しないと、最後にしわ寄せが来るのは従業員だと思いますが。

野崎 その通りです。やる順番が違うし、本質的な問題解決にはなりません。プレミアムフライデーのような施策を活用できるかは企業次第ですが、特に中小企業の場合、実態を見極めずに制度だけ導入してもうまくいきません。

――そうですね。プレミアムフライデーそのものは、本来の目的通り、国民の消費喚起を促し小売店や飲食店の売り上げに貢献していると言えますが、企業からすれば導入の仕方ですね。他にはありますか?

野崎 「サンクスカード」もそうですね。サンクスカードとは周りの人に感謝を伝えてコミュニケーションの円滑化を図るものです。従業員から「やりたい」と声が挙がるならいいのですが、ある会社では、経営者が外部の経営塾で話を聴いてきて、従業員の仲が悪い職場で突然「やろう!」と言い始めた。しかし従業員からすると、「急に何を言い出したんだ」となりますよね。何より経営者が一番できていなかったというオチ付きです。

――それもまた絵に描いたような……。「クレド」はいかがですか? 外資ホテル大手のリッツ・カールトンの影響で、日本でも「おもてなし」に絡めたクレドブームが起きたことがあります。

野崎 クレドも同じです。むしろ流行で美化され過ぎた感がありますね。

――そういうのをやりたがる経営者は、導入しただけで満足しているか、導入しさえすれば会社が良くなると安易に考えているのでしょうね。

野崎 従業員からしたらいい迷惑です。もっとも私たちコンサルタントの中にも、コンサル先の実情を省みず、覚えたての知識や人材教育・研修ツールを試したがる人がいます。私も駆け出しのころそういう過ちを犯しましたが、会社ごとに抱える問題は違うので、その解決を図るには当然導入すべき内容も違ってきます。外からの借り物ではダメなんです。

――何らかのツールを持ち出した時点で、コンサルのレベルが推し量れますね。他社からの押し付けではなく、社内研修で外部講師を呼ぶ会社がありますが、あれはいかがですか? 経営者や上司がOJTで教えたほうがメリットはあるのでは?

野崎 そうですね。OJTで教育する時間がない、教える人手が足りないといった問題はあるのかもしれませんが、経営者が従業員を本気で育てたいなら、本来はOJTで教育したほうがいい。外部講師はワークショップをやったり、盛り上げ方が上手だったりしますが、大概は「その場限り」で終わります。

 もっともそうした会社があるからこそ、研修講師が活躍できるわけですが。研修講師に任せてもいいのですが、経営者が我関せずの態度を取るなら、どんな研修もお金と時間の無駄。任せっぱなしにせず、経営者がきちんと関与することが重要です。

 余談ですが、コンサルティングと研修は意味合いが異なります。社内に仕組みを構築して、運用できるような体制を構築するのがコンサルティング、社員の能力を高めるのが研修です。この違いを理解してコンサルタントや研修講師に依頼しないと無駄になってしまいます。

従業員の自発性を促し、借り物ではない組織の基礎をつくる

――経営理念や行動規範についてはいかがですか? これも経営者がつくるだけで満足し、従業員は無条件で覚えていると思い込み、まったく浸透していない会社を見かけます。経営者がその考えを理解してほしい気持ちはよく分かるのですが……。誰も覚えていない、共感してないものをつくる意味があるのでしょうか?

野崎 経営理念や行動規範は、会社の社会的意義や姿勢を社内外に示すために必要です。ただその有効性は会社ごとに異なりますね。従業員自ら、「素晴らしい! 覚えます!」という会社ならいいのですが、そういう会社はほとんどなく、朝礼などで唱和させても誰も覚えません。私のコンサル先では、経営理念を踏まえて、行動規範は従業員がつくります。「みんなで作った行動規範を定着させるには、どうしたらいいと思う?」と、定着まで従業員に考えさせます。

――それは良いですね。他人事ではなく、自分事にさせるわけですね。野崎さんのコンサル先で、うまく浸透した例はありますか?

野崎 ありますよ。従業員が行動規範をつくり、毎月の目標を壁に貼り出して、それが達成できたと思ったら各自スタンプを押す、というルールを従業員が考え、自ら実行しています。私は一言もやれとは言っていませんが、自主的に考えて取り組む「空気」だけつくりました。やったことがないことや新しいことをやるというのは腰が重くなります。最初はお菓子を囲みながらでもいいし、簡単な内容でいい。前向きな空気をつくり、少しずつ習慣にしていくことが肝心です。

――トップダウンでうまくいかないと嘆く経営者は、その空気づくりを怠ったまま強制しようとしているのでしょうね。

野崎 私の場合、コンサル先の最初の問題点の炙り出しも、従業員自身に問題点と理想を紙に書いてもらっています。その上で、ここに問題があるならこうしたらいいかもというヒントと考え方の原理原則だけ示します。このようなことを繰り返していくと早ければ半年くらいで、自分たちで考えてやるようになる。今後は評価制度も従業員に考えさせようと思っています。

――面白いアイデアです。外部からの押し付けや借り物ではないから実情に合う。

野崎 そう。建物の上物を建てる前に、まず建物の土台となる基礎工事をしっかりすることが重要です。会社の業績を支える基礎をなすのは人です。その人を育てるために、会社がやるべきことはシンプルで、「考える」→「行動する」→「学習する」という3つの行動を習慣化して繰り返すことが重要です。この繰り返しによって、自律した人材が育っていくのです。

――それは私も会社の若手とよく話します。今は社内で一番下の職位でも、5年経って部下ができたときに、経験なくして知識だけでは部下は付いてこないし教えられない、と。仕事の厳しさや大変さがわからないから、何をどこまで任せられるかという限界を見極められないし、部下をつぶしてしまうケースも見かけます。

野崎 自分の経験からモノが言えなければ、伝わりませんからね。

――それと最近は労せずして、「経営者になりたい」「お金持ちになりたい」という、いきなりゴールを求める若手が増えていませんか? 「YouTuberでもいい」と言いますが、YouTuberだって努力していない人はいません。そういう、ある程度できる人は何をやらせても器用に70~80点取りますが、100点がないんですよね。

野崎 管理職についてですが、「この人にはかなわない。すごい」と思わせるところが1つはないと、部下は付いてこないと思います。他の項目は10~20点でも、誰も真似できない120点が1つは欲しい。

 私も最近「経営者になりたい」という若手とよく話します。気持ちは素晴らしいのですが、「なぜ社長になりたいの?」と聞くと、「うちの会社はここがダメ。自分はこんなに力がある」と言い始める。「社外のほうが人間関係は重要になるし、我慢や苦労は多くなる。会社の看板も使えない中で、裸の自分で勝負する覚悟があるならいいんじゃない」と諭しています。

――会社の看板を自分の実力と勘違いする人は多いですね。若手ばかりでなく、中堅の記者にも多いですよ。大企業の経営者や政治家の取材ばかりしていると、自分はそうした人と同等だと勘違いしてしまう。……イタいですよね。この連載はイタい人にならないための教訓をはらんでいますね。

野崎 そうですね(笑)。ただどんな内容であっても、読者の皆さんに気づきがあれば、私は「外部のコンサル」冥利に尽きます。

 

野﨑PHOTOCATCH

(のざき・だいすけ)。日本労働教育総合研究所所長、グラウンドワーク・パートナーズ株式会社代表取締役、社会保険労務士。上場企業の人事部でメンタルヘルス対策、問題社員対応など数多の労働問題の解決に従事し、社労士事務所を開業。著書『「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す』(講談社+α新書)など。

 
 
 
 
 
 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

 企業経営者にとって「理念」や「志」が大事とはよく言われるものの、今一つピンと来ない向きも多いのではないだろうか。成功した経営者がいくら精神面の重要性を説いても、日々の現実と格闘している経営者にとっては、ただの綺麗ごとに聞こえてしまうかもしれない。 それでも、ビジネスを成功させるために最も大切なのは「志」だと…

立志財団

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る