政治・経済

「日本の常識は世界の非常識」と言うが、日本の現金決済比率の高さもそのひとつ。お隣中国では、スマホひとつで何でも決済できるのに、日本ではなかなか進んでこなかった。しかしこのたび銀行界が一致団結。新たなるスマホ決済サービスを始めるという。その勝算やいかに――。文=関 慎夫

ブロックチェーンを利用した日本版スマホ決済

201805smartphonePHOTO

沖田貴史・SBIリップル社長

 仮想通貨取引所「コインチェック」を舞台に起きた580億円の不正引き出し事件は、発生から約2カ月がたった今でも、その全容が分かっていない。

 2013年に起きたマウントゴックス事件、そして今回のコインチェック事件により、「仮想通貨=危険」のイメージが定着した。それもあって、昨年末に230万円をつけるなど暴騰していた代表的な仮想通貨、ビットコインの価格も、2月には60万円台を記録、直近でも100万円前後とピーク時の半値以下にとどまっている。それもあって海外の金融機関関係者の間では「ビットコインは終わった」「金融取引には使えない」との見方が出始めている。

 しかしその一方で広がり続けているのが、ビットコインの中核技術であるブロックチェーンだ。

 ビットコインは、08年にサトシ・ナカモトなる人物がインターネット上で発表した論文に書いたブロックチェーン技術からすべてが始まった。従来の通貨の信用は中央銀行が担保する。ところがビットコインは、取引記録をブロックと呼ばれるデータの単位に記録し、これをチェーンのように永続的につなげていくものだ。つまり過去の取引がすべて記されているため、改ざんは不可能だ。しかも管理を一機関の巨大サーバーで行うのではなく、ネットワーク上の多くのコンピュータで分散して管理する。ブロックチェーンを分散型台帳技術と呼ぶのはこのためだ。同じデータが分散して保管されるためシステムダウンに強く、かつ運用コストが安い。これがブロックチェーンの最大の特徴だ。

 しかもこの技術は、金融はもちろん、不動産や知的財産など、台帳を伴うすべての取引に応用できる。ベルギーでは住民票など行政サービスにブロックチェーンを活用する検討を始めたほか、戸籍台帳の整備が十分ではないアフリカの国などでは、戸籍そのものをブロックチェーンで管理しようとの動きがある。

 そのため最近では「ビットコインはインチキだがブロックチェーンは本物だ」という言葉も使われるほど、ブロックチェーンはビットコインを超えて普及し始めた。

 3月7日、東京・赤坂で開かれた会合は、それを裏付けるものだった。

 会合の名前は「『内外為替一元化コンソーシアム』成果発表会」で、出席者の多くが銀行など金融機関関係者だった。内外為替一元化コンソーシアムは、ブロックチェーンなどの最先端技術を活用することで、真に効率的な決済システムを構築するために16年10月に設立された。

 具体的には①国内外為替の一元化②24時間リアルタイム決済③送金コストの削減と新市場の開拓――を目指し、これまで技術開発を進めてきた。

 参加したのは銀行や信用金庫などの金融機関だが、コンソーシアム設立前は当初15行程度でスタートし、30行にまで拡大する予定だったが、実際には当初から42行が参加、現在は61行となった。この中にはメガバンク3行のほか主要地方銀行、ソニー銀行などネット銀行、そしてセブン銀行やイオン銀行など流通系銀行も参加しているが、今後さらに増える見通しだという。

 「日本の金融システムはインターネット以前のシステムが使われていて非効率だった。新たな顧客ニーズに対応する必要性を感じていると同時にブロックチェーンに対する関心が高まっている」(コンソーシアム事務局を務めるSBIリップルアジア社長の沖田貴史氏)ため、参加行は想定より多くなった。

日本版スマホ決済で限りなくゼロとなる送金手数料

 コンソーシアムではこれまでの1年半で、決済プラットフォームの構築を進め、商用化にめどをつけた。それがこの日発表した「マネータップ」という名のスマホアプリだ。これを利用することで、誰でも簡単に24時間、スマホによる送金が可能になる。

 使い方は簡単だ。利用者はアプリを立ち上げ、送付先の口座番号を入力し、送金額を指定するだけで、自分の銀行口座からお金を送ることができる。しかも一度名前や口座番号、電話番号を登録した相手なら、相手の携帯電話番号や過去の振り込み履歴、さらにはQRコードを読み込むことでも送金できるなど利便性は高い。

 気になるのはセキュリティだが、マネータップはスマホの指紋による生体認証を利用することで、本人以外は使用できない仕組みを採用した(そのため、当初対応スマホ機種は指紋認証のできるiPhoneのみで、その後アンドロイド機にも拡大する)。

 まずはこの夏にも、りそな銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行の3行で先行して商用化、その後、コンソーシアム参加行へと拡大していくというから、いずれは大半の国内銀行で採用されるようになる。

 利用者にとってのメリットは、前述の使い勝手の良さに加え、手数料が大幅に安くなることだ。現在、銀行間で送金(振込)する場合、他行宛なら最低でも216円の手数料が徴収される(メガバンク3行の場合)。しかしマネータップの場合、システムにブロックチェーン技術を使っているため、従来システムに比べ維持・管理費は圧倒的に安くなる。その結果、手数料も安くなるため、小口決済にも利用できる。

 前出の沖田氏は「手数料がいくらになるかは各行の判断による」と言うが、劇的に下がるのは間違いなく、銀行によっては手数料無料を打ち出すところも出てきそうだ。

 今、銀行は長引く低金利政策のお陰で利ザヤによる収益を確保することが難しくなっている。そこで力を入れているのが手数料収入の確保で、いずれ口座を維持するのにも手数料が発生する可能性もある。マネータップによる送金手数料の引き下げは、その動きに逆行するようにも見える。それでもこのサービスの開発・提供に踏み切った背景には、銀行の強い危機感がある。

 前述のように、銀行は今収益悪化に苦しんでいる。それに加えて新たな競争相手が誕生、銀行の決済業務を荒らし始めたのだ。

 日本ではいまだに現金決済が主流だが海外ではスマホなどによるキャッシュレス決済が常識になりつつある。アメリカでは現金取引比率は30%程度、中国では10%を切っている。偽札対策もあって中国では現金お断りの店が増え、乞食でさえもスマホで物乞いするようになった。

 このスマホ決済を主導するのが、フィンテックベンチャーだ。中国ならアリペイ、アメリカならグーグルやアップル、アマゾンが参入し、大きなシェアを占めている。

 そしてこの波は既に日本にも到達、間もなく、日本の決済市場の飲み込むことになる。その場合、これまで銀行が独占していた決済業務が奪われてしまい、消費者の銀行離れは加速する。マネータップはその対抗策だ。フィンテックベンチャーが銀行の領域を侵食する前に、銀行の側からフィンテックベンチャーの領域に踏み込むことで、生き残りをはかろうというわけだ。

 しかもマネータップの場合、銀行口座はそのままで、アプリをダウンロードすればすぐに使えるようになるし、銀行ならではの安心感もある。使い勝手さえ良ければ、マネータップを使わない理由は逆にない。

日本版スマホ決済から始まる新しい金融サービス

 コンソーシアムは今後は基本強化をさらに強化するとともに、外為機能や法人向けソリューションを提供することで、マネータップの利用頻度を増やしていく方針だ。これが普及すれば、現在はクレジットカードやデビットカードで行っている店頭での少額決済やインターネットショッピングの支払いもマネータップでできるようになるだけでなく、割り勘の支払いも個人間で簡単に決済できるようになる。

 さらに普及が進みインフラとして定着すれば、そこから新たなるサービスが誕生しても不思議ではない。「インターネットが誕生した時にUberやエアビーアンドビーのサービスを想像できた人はほとんどいなかったように、金融でも同じことが起きるかもしれない」(前出・沖田氏)というわけだ。

 そうなれば、マネータップを利用した決済は一気に膨れ上がる。その結果、1回当たりの手数料が少額でも、総額は今以上に大きくなる可能性がある。CDの売り上げ減少で市場が縮小し続けた音楽業界が、コンテンツの定額サービスによって利用者が拡大し、市場が再成長に転じたケースを想起させる。

 社会的にも、キャッシュレス化の進展は店頭作業の簡素化や維持・保守費が軽減するため、社会コストの低減につながる。

 日本では、スイカやパスモなどの鉄道系電子マネーや高速道路のETCにしても、利便性が受け入れられれば一気に普及が進む。マネータップの登場は、その入り口となるかもしれない。

 

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る