国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

黒田マキPHOTO3

(くろだ・まき)10代でカリフォルニアに家族で移住し、空軍に入隊。4年間勤務したのち、退役してMBAを取得。ソニーコーポレーションアメリカ、マリオットホテル、野村證券などを経て、1996年にハワイに移住。ワイキキトロリーの運行などを手掛けるエノアコーポレーションの代表取締役社長に就任し、現在に至る。

空軍でも問題児ぶりを発揮した黒田真紀氏

イゲット まず、黒田さんがアメリカに来た経緯からお願いします。

黒田 簡単に言うと、16歳の時、家族の関係で来たわけですけど、本当の理由は、私が問題児で学校でトラブルばかり起こしていたので、絶対に不良になると両親が心配して海外移住したんです。

まず、カリフォルニアに行って、空軍にいたころは日本や欧州など、いろんなところに行きました。ハワイには1996年に来て、それからずっと住んでいるので、22年になりますね。

イゲット 大学では何を専攻されたんですか?

黒田 2つ学位を持っていて、1つはビジネスアドミニストレーション(経営管理)、もう1つはマーケティングです。卒業後はすぐに空軍に入って、その後学校に戻ってMBAを取りました。

イゲット 空軍に入ったきっかけは何だったのでしょうか?

黒田 子供の頃から男っぽくて、F15戦闘機のパイロットになりたかったんです。男の子が好きそうなオートバイに乗ったり、中身はまるっきり男性でした。ただ、当時女性はパイロットになれなくて、仕方なく空軍の中の頭脳部に行きました。どんな仕事をしていたかは、機密だから言えないんですが。

イゲット 空軍に女性はどれぐらいいたんですか?

黒田 結構少なかったですね。私がスペインにアサインした時は、女性200人、男性4千人ぐらいの比率でした。今ではたくさん女性がいて、50:50になってるかな。女性もパイロットになれますからね。陸軍や海軍では、まだ女性の数は少ないと思いますが。

イゲット 空軍には何年ぐらい所属していたのですか?

黒田 4年いて、退役した後にMBAを取りました。MBAを取った理由は、国からGIビル(退役軍人に対する恩給)がもらえたからです。私としては空軍が好きだったので、20年間勤めてから退職しようかとも思いましたが、そうしなかった理由は、恥ずかしいことなんですが、子供の頃と同じく問題児だったからです。上官に「なんでこれやるんですか?」とかすぐに質問しちゃうんですね。

でも、軍隊では「やれ」と命令されたらやらなくてはいけない。なのに、「こっちのやり方のほうが効率的で生産的じゃないですか?」なんて提案してしまうほうだったから、そのままいても階級を上げるのが難しいんじゃないかなと。軍隊は民間企業より政治的で、ボスに嫌われたら階級を上げるのが非常に難しいですからね。ボスが右向けと言えば右、歩けと言えば歩かなくてはいけない世界ですから。アメリカの軍隊は、一定期間階級上がらないとクビになってしまうんです。だから、たぶん私はクビになるだろうと思って辞めました(笑)。

黒田真紀氏の経歴とハワイに来て感じたこと

イゲット MBAを取った後は、いろんなところで働いたんですよね?

黒田 ソニーやマリオットホテルや野村證券など、「フォーチュン500」に載るような大きな会社で働きました。それプラス、MBAを持っていると大学で教えることができるので、マーケティングやビジネスを学生に教えていました。HPU(ハワイ・パシフィック・ユニバーシティ)でも教えたことがあります。生徒たちと話しているといろんなアイデア出てくるし、こちらが給料もらって悪いなと思うくらい、教えるのって楽しいと感じていました。そのおかげで、今でもHPUから優秀なインターンが取れたりしています。

イゲット ハワイに定住することになった経緯は?

黒田 最終的にハワイに来た理由は離婚です。前からハワイは好きだったし、人生を変えようということで。最初は5年もしたら、アメリカ本土に帰る予定だったんですが、従業員さんたちがいい人ばかりで大好きになって、もう22年も住んでいます。従業員は300人近くいますが、みなさん心が優しいというか、以前勤めていた大企業とは、何かが違いますね。

この会社にきて、人間の良さがわかりました。正直だから、良いことと悪いことをちゃんと言ってくれるし、私も物事をはっきり言うタイプなので。いろんなことで迷惑をかけているとは思いますが、頑張っていただいて感謝しています。

イゲット ハワイで経営者として22年間過ごして、特に大変だったことは?

黒田 キャッシュフローですね。昔の話ですが、金銭的にきつかったこともあります。ただ、人間関係で大変だったことはないです。

イゲット ワイキキトロリーの業績は、観光業界全体のアップダウンにかなり影響を受けるのではないですか?

黒田 完全にそうです。どんなに頑張っても9.11の後はお客さんが半分に減りましたし。外部要因でハワイに人が来なくなった時は本当に大変です。

イゲット 海外から来る観光客以外に、エージェント向けにもビジネスを行っていますよね。

黒田 エージェントは大口の取引先で、トロリーをチャーターしてもらったりしています。ただ、旅行者の習慣が変わって個人でチケットを探す方が増えているし、インターネットでの販売も増えているので、そちらにも力を入れてようと考えています。

イゲット 旅行の仕方が変わってくれば、ビジネスも変わっていきますよね。

黒田 以前はアメリカ人と比べて、日本人は旅行スケジュールを詰め込む傾向がありましたが、今はもっと余裕を持って、リラックスした旅を楽しむ人も増えて来ました。ブランド物を買いに来るというより、楽しみたいとかいろいろ経験したいという人も増えています。そういう方たちに、どうやってプロダクトを売るか考えていかないといけないので、とにかくリサーチ、リサーチ、リサーチです。

黒田真紀氏の理念 ~失敗してもいいからとにかくやる~

イゲット 黒田さんはもともとマーケティング専攻ですから、新しいことに挑戦するのが好きなんじゃないですか?

黒田 大好きです。間違ってもいいし、100回やれば1回は成功するから何しろやってくださいと従業員には言っています。何かをやる前には、当然フィージビリティ・アナリシス(計画実現のための事前分析)を行って、いくらお金がかかってどのくらいの利益率かといったことは考えますが、とにかくやろうと。結構やるのが早すぎたりもして「今日の夜までにやって!」とか。せっかちなのが私の悪いところなんですが(笑)。

イゲット ハワイで一番せっかちかな人間は私だと自分では思っていましたが、まだ上がいたなと思いながら聞いています(笑)。

黒田 だからみなさんに感謝しているんです。こんなせっかちな人間と一緒に仕事していただいていますから。(後編に続く

 

ChiekoEggedDSC_3145

 

(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る