マネジメント

東証1部に上場する建売住宅開発・販売大手の三栄建築設計は「同じ家は、つくらない」という業界ではある意味で異質なポリシーを掲げている。その理念を形にする社員たちは、他の企業とは一線を画した育成方法の中で成長していた。

家が欲しい人たちのため建築棟数を2倍に

株式会社三栄建築設計 代表取締役社長 小池信三(こいけ・しんぞう)

創業から25周年を迎えた三栄建築設計は、昨年売上高1千億円を達成した。少子高齢化社会を迎えている日本は、ハウスメーカーに限らず多くの業種にとって将来を楽観視できない環境下にあるが、創業者である小池信三社長の表情にはかげりが全く見られない。

「弊社のポリシーは創業以来『同じ家は、つくらない』です。現代は、人が人生の中で家を何回か住み替えていく時代ではなく、1度購入した家を終の棲家とする時代になっています。人生に1度だけの大きな買い物なのに、ほかにあるような家をお客さまは望まれるでしょうか。私たちは『社会的芸術性と個人的生活空間プロデューサー』として、たとえ非効率であってもそこに住まう人を思い浮かべながら、デザイン性の高い『世界でたった一つだけの家』をつくり出しています」

同社のビジネスフィールドは、東京、大阪、名古屋といった大都市圏の中心部だ。人口減社会の現在も都市部への人口流入は止まらず、若い人が増え続けている。そして、同社のターゲットは最も家が必要な30代。自分の持ち物に対するこだわりが強い世代といえる彼らは、世界に一つしかない家の実現に魅力を感じるに違いない。しかも同社は、狭隘(きょうあい)な土地でも3階建ての家にすることで床面積を確保しながら、ワンランク上の部材を用いた家を4千万円台で提供している。同社への支持が増えているのも当然なのだ。

「私たちは現在、年間2千数百棟の家をお客さまにお届けしていますが、業界トップクラスの企業では年間3万棟を超えています。家を必要とする人たちのためにも、私たちがつくる個性的な家をもっと増やしていきたい。そのために、もっと努力し続けることが必要です」

自走できる社員が育つ「同じ人はつくらない」

小池社長の当面の目標は、年間の供給棟数を5千棟と現在の2倍規模にすることだという。パッケージ化された建売住宅と違って1点ものなので、つくる棟数を増やせばそれだけ社員の数も必要になってくる。

「弊社のビジネスモデルは他の企業にもないので、中途での人材採用が難しい。そこで新卒社員の育成が重要になります」

育成方法も独特だ。実務の習得には、共通するプログラムは存在しない。仕事がその都度変化するため、マニュアル化、パターン化することが難しいからだ。そんな同社の育成方針は「同じ人はつくらない」。社員の多様性を尊重し生かすことで、初めて「同じ家は、つくらない」というスローガンを実現することができるからだ。

「弊社には、人から教えられるのではなく能動的に学び自走できる社員が揃っています。違う家をつくり続けることは楽ではありませんが、自由な発想とチャレンジには苦労を超える喜びがある。社員たちはその環境の中で成長しています」

パターン化された育成はしないのが同社の方針だが、成長を促す仕掛けが仕事のプロセスに組み込まれていた。

それが「プロジェクトチーム」方式だ。「仕入れ」「設計」「施工管理」「営業」の担当者でプロジェクトごとにチームを組成して、メンバー全員でアイデアを出しながら、顧客の望む家を完成させる。業界でも類を見ないこの方式は、1人だととかく閉塞しがちなアイデアにブレークスルーをもたらすことができる。また、チーム内で互いに刺激を与え合い、より多くを学ぼうとする、自走できる力が自然と身に付いていくのだ。

また、1カ月に1度、プロジェクトチームの実績を評価する「メルディアデザインアワード」も設けられているが、これもチームごとの切磋琢磨を促すほかにはない優れた制度といえそうだ。

青少年や障がい者の育成を通じて社会全体を支える

三栄建築設計は、サッカーJ1チーム・湘南ベルマーレの筆頭株主でもあるが、出資した理由の一つが青少年の育成だという。

「スポーツが青少年の健全な人格形成に寄与するということに異を唱える人はいないでしょう。Jリーグが理念として掲げる『豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発展への寄与』を、湘南ベルマーレを介して実現していくことが大きな目的です」

小池社長の視野は、さらに広がっている。昨年、新たに設立した「一般財団法人メルディア」を通じて、家庭の経済環境や指導者の不在などの事情でサッカー等を続けることができない児童や青少年をサポートするとともに、障がい者や障がい者を支援する団体に対する助成、支援に取り組んでいる。

「国も無策ではありませんが、障がい者やその家族に対する支援はまだ不十分です。財団の活動を通じて彼らが暮らしやすい社会にするだけでなく、社会の中で輝けることを目標にしています」

小池社長は、日本の大企業はもっとこの分野にお金を使うべきだと考えている。

「賛同者を増やしていくことが必要ですが、その一方で弊社がより多くの出資を続けるためには、業績を伸ばさなければいけない。そのためにも、当社の家づくりを理解し、実現する人材を育成し、お客さまが喜ぶ『世界にたった一つの家』を1棟でも多くつくり続けていきます」

[会社概要]
設立/1993年9月
資本金/13億4,015万円
所在地/東京都新宿区
従業員数/610人
事業内容/戸建分譲事業、注文住宅・請負事業、賃貸収入事業
https://san-a.com/

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る