マネジメント

貸会議室・宴会場の全国ネットワークで急成長するティーケーピーの年間利用企業数は約2万4千社。企業にとってなくてはならない存在として高いリピート率を誇り、安定した収益を確保している。他社の追随を許さない独自の経営戦略を聞いた。

イベント運営全般をワンストップで受注可能

株式会社ティーケーピー 代表取締役社長 河野貴輝(かわの・たかてる)

「空間再生流通事業」を標榜し、遊休不動産や土地の活用を通じて社会貢献を目指すティーケーピー。昨年3月には東証マザーズ上場を果たし、勢いはさらに加速している。その理由を「いち早く全国ネットワークを構築したことによって企業のさまざまな要望に応えることができるようになったのが当社の強みでしょう」と、河野貴輝社長は分析する。

多い企業は年間270回も同社の会議室を利用するというが、その場所や規模がバラバラなのでどうしても自社で用意することができない。そこで必然的に、ティーケーピーの会議室を利用することとなり、今や企業にとって必要不可欠な存在となっている。

取り壊しの決まっている六本木の小さな雑居ビルからスタートした貸会議室事業も、現在では国内および海外7都市で2014室、総座席数14万8千席を備えるまでに拡大した。ネットワークがここまで飛躍する大きなきっかけとなったのが、品川にあるホテルの宴会場を賃貸契約することにより2011年に誕生した「TKPガーデンシティ品川」だ。当時、東日本大震災の影響で企業のイベント自粛が相次ぐという逆風の中でのスタートとなったが「ピンチをチャンスに変える」と前向きに考えたことが同社を筋肉質な企業へと変える追い風となった。

「当社の顧客となる企業では、社内会議だけではなくさまざまな規模のセミナーやイベントを開催しています。大手シティホテルの宴会場などが手がけてきたそのようなイベントも、すべて当社で受注できる体制を整えるのが狙いでした」

会議と宿泊を融合したハイブリッドなホテル

このオープンによって、同社は貸会議室事業から派生する周辺ビジネスへ本格参入する新たなフェーズに入った。施設内で働くサービスパーソンや厨房、シェフも一括して取り込むことにより、外注していたケータリングサービスなども自社で手がけることが可能になった。そして、ここで蓄積したノウハウをベースに、ハイグレードな宴会場を矢継ぎ早に全国展開していく。

「大手シティホテルでも、全国各地にバンケットを有するところはあまり見当たりません。当社では、ホテルグレードから会議室グレードまで、多様化する顧客のニーズに応える6つのブランドを掲げた施設を全国ネットで用意しています」

昨年、イベント運営会社メジャースを子会社化したことで、会場の設営から備品の準備、当日の人員手配、受付業務までワンストップで提供するイベント空間プロデュース事業もますます強化されている。

会議の開催に伴った宿泊需要を吸い上げるためのホテル運営にも乗り出している。アパホテルのフランチャイズ事業として、14年8月の「アパホテル〈TKP札幌駅前〉」を皮切りに、すでに5棟を開業。20年にかけてさらに5棟がオープンする予定で、計10棟約2千室のアパホテル最大のフランチャイジーとなる。

また、地方のホテルや旅館についても、泊り込み研修ができる施設としての再生に取り組んでいる。

「地方には、せっかく温泉が出てもうまく集客ができていないホテルや旅館がたくさんあります。そうした施設を借り上げて、当社が運営するリゾート型宿泊研修施設『レクトーレ』として再生していけば、地方活性化にもつながります」

今あるものを皆でシェアしようという「シェアリングエコノミー」の時代と言われて久しいが、こちらは文字通り有効に活用されていない時間をお金に変える「アイドルエコノミー」を実践する戦略といえそうだ。

商業施設や百貨店への入居を積極的に推進

今年3月、大塚家具の新宿ショールーム催事場の運営を受託し、イベントホールの新ブランドとして「CIRQ(シルク)新宿」をオープン。11月には札幌市の丸井今井札幌本店南館に貸会議室、貸しホールを出店する。さらに、今秋開業予定のJR田町駅前の田町ステーションタワー内に、同社でも最高クラスのオフィスバンケット「TKPガーデンシティPREMIUM田町」がオープンする予定だ。

「駅から近い物件への入居は、顧客満足度の向上につながります。オフィスビルやホテル宴会場に加えて、駅ナカ・駅近の商業施設や百貨店への入居も積極的に進めていきます」

こうして急速に拡大する同社のビジネスだが、それを支えていくには人材の育成が欠かせない。

「マニュアル化するのは難しい仕事なので、メンターとなるような先輩がしっかり指導する環境をつくる必要があります。また、これまでは営業本部長から部長、課長、リーダーと階層化されていた組織を見直し、層を一気に薄くして風通しの良い組織づくりを心がけています」

空間再生からスタートした同社のビジネスだが、「血液が身体を巡るようにビジネスでいうと当社が心臓部となってデトックス機能を持ち、うまくいかなくなった店舗や事業を再生するように静脈から動脈に戻す。そんな事業ができれば、より社会に貢献できると思います」という河野社長。「ファイティングポーズを取らなくなったら会社は終わってしまう」という言葉通り、攻めの経営でさらなる事業拡大を目指していく。

 

[会社概要]
設立/2005年8月
資本金/2億8,779万円
所在地/東京都新宿区
売上高 286億円(2018年2月期)
従業員数/2,732人
事業内容/ホテル宴会場・貸会議室運営事業、ホテル&リゾート事業、料飲・ケータリング事業、イベント空間プロデュース事業、コールセンター・BPO事業

https://www.tkp.jp/

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

一般には馴染みが薄い産業廃棄物処理の世界。古い慣習が残る業界を、ITによって変えようとしているのがトライシクルの福田隆社長だ。業界の老舗企業がテクノロジー導入に舵を切った背景と今後の展望を聞いた。(吉田浩)福田隆・トライシクルCEOプロフィール 産廃処理で「B to B版メルカリ」を目指す&nbs…

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年8月号
[特集] SDGsは江戸にある
  • ・「仁義道徳」 経済人に必要な「利益」と「倫理」
  • ・「利他」 「気候変動に具体的な対策を お金の流れが意識を変える」
  • ・「善の巡環」 高邁な理想を支える創意工夫と挑戦
  • ・「才覚、算用、始末、商人倫理」 SDGsの精神宿る江戸商人
  • ・「国利民福」 国が栄えれば人々も幸福になる
  • ・「先も立ち、我も立つ」 石田梅岩と商人道徳
  • ・「気丈」 学問は「治安」「エンタメ」「立身出世」──江戸庶民の教育事情
  • ・「心田開発」 二宮尊徳の報徳思想
[Special Interview]

 里見 治(セガサミーホールディングス会長グループCEO)

 日本初のIR事業への参入はエンターテインメント事業の集大成

[NEWS REPORT]

◆メガバンクからの陥落目前 みずほ銀行の昨日・今日・明日

◆巨大ドラッグストアチェーン誕生か 業界再編はココカラ始まる

◆カリスマ・鈴木修会長に陰り? ピンチを迎えたスズキの前途

◆G20農相会合で見えてきたスマート農業の未来像

[特集2]

 AI時代に稼げる資格

 今必要な資格、将来必要な資格はこれだ!

ページ上部へ戻る