文化・ライフ

9連覇を果たして更新する川上哲治監督(1973年)/写真:時事

打撃の神様・川上哲治のチームマネジメント

 「勝つチーム」をつくったプロ野球の監督は何人、いや何十人といるが、「勝ち続けるチーム」をつくった監督は、さる10月28日、老衰のため逝去した川上哲治さんだけである。

 巨人での現役時代は「打撃の神様」と呼ばれ、日本プロ野球で初めての通算2千本安打(2351安打)を記録。巨人の監督に就任してからは9連覇を含む11度の日本一を達成した。

 川上さんといえば、まず頭に浮かぶのが東西冷戦のシンボルだった「鉄のカーテン」をもじった「哲のカーテン」である。チームの情報流出を避けるため、球界始まって以来の情報統制を敷いた。

 何事に対しても、一切、妥協を許さない姿勢は、時に「冷徹」に映ったが、その実「合理」の人でもあった。

 あまり知られていないが、球界に初めて賞金制度を導入したのが川上さんである。早い話が〝ニンジン作戦〟だ。

 以下は、24年前、川上さんから直接、聞いた話。

 「球団には1シーズンで80勝すると仮定して、1試合に4万円ずつ使わせてほしいと頼んだんです。例えば、1対0で勝ったとしましょう。まずピッチャーに、1万5千円くらい渡さにゃいかん。リードしたキャッチャーには、5千円くらい。1点を取った殊勲のバッターには、1万円。チャンスをつくった選手と、ファインプレーをした選手には、それぞれ5千円ずつ。それを翌日のミーティングの場で渡す。決して高いカネじゃないけど、選手は自分の働きを認めてもらったことがうれしいんです。〝よし、今日もいいプレーをしよう〟となる。これに時々、3万円ほど私のポケットマネーを加えました」

 インタビューは実務の話が中心で、野球監督というよりも中小企業のオーナー経営者のようだった。

 「バントに賞金をかけたのも私が最初でしょう」

 これも初めて耳にする話だった。

 「ランナーを送った者に対しては3千円、逆に失敗した者からは1千円の罰金をとった。同じ4打数1安打でも、ランナーを二塁に進めた場合と、そうでない場合とでは全然、内容が違う。それを点数制にして査定に反映させた。これも私がやり始めたことですよ」

打撃の神様・川上哲治の遊び心

 現場の評判も上々だった。「川上さんには遊び心があった」と振り返ったのはⅤ9巨人の遊撃手・黒江透修さんだ。

 「ああ見えて川上さんは、なかなかのアイデアマンでもありましたよ。恐らく、ベンチの中で選手と賭けをやった監督というのは、あの人くらいでしょう。私が当事者でしたから、よく覚えているんです」

 賭けの対象は黒江さんのヒット数だった。その内容は1試合に2本ヒットを打ったら黒江さんの勝ち、ノーヒットに終わったら黒江さんの負け(2打席以下、1安打の場合は引き分け)というもので、さらに3本ヒットを打った場合とホームランを打った場合は賭け金が2倍にはね上がる仕組みだった。

 ちなみに1試合の賭け金は3千円。当時の相場からすると、勝てば結構、いい小遣いになったはずだ。
「川上さんが、この賭けを始めた動機は、どうやら私の性格にあったようです。というのも、当時の私は、何か刺激があったほうがヒットを打つ率が高く、いわば川上さん流の〝選手操縦法〟のひとつだったわけですよ。

 そうであるとは知りつつも、私にはありがたい制度でした。この賭けが励みになって1試合に2本、3本とヒットを打つ試合が続きましたから。

 しかし、2打席凡退したら、即、交代。このあたりは徹底していました。今でいう成果主義でしょうが、結果の前には、誰もが公平だというのが川上さんの考えでした。だから、悔しくても、文句は言えなかった。逆に〝次こそ結果を出してやる〟と燃えたものですよ」

 信賞必罰に裏打ちされた公平な人材活用--これこそが「勝ち続ける」秘訣だった。

 しかし、口さがない評論家の中には、こう言って川上野球を批判する者もいた。

 「ON(王貞治と長嶋茂雄)がいれば、誰が監督でも9連覇できたよ」

 これに反駁したのが、当の王貞治さんである。

 「確かに、あの頃の巨人は強かった。川上さんが監督じゃなくても優勝はできたと思う。それでも、せいぜい3連覇までかな。川上さんじゃなければ9連覇はできなかったと思う」

 V9(1965年~73年)は、依然としてプロ野球の金字塔である。

 「僕のつくったチームを誰か超えてみろ!」

 泉下から、川上さんの声が聞こえる。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る