政治・経済

ソフトバンクの孫正義社長は携帯電話事業参入時に「10年以内にドコモを抜く」と宣言したが、今期はそれが現実のものとなる。今後は日本で王道の展開を進め、世界市場を積極的に攻めていく構えだ。しかし日本市場にも不安材料は残っている。 (本誌/村田晋一郎)

強者に上りつめたソフトバンク

孫正義・ソフトバンク社長

孫正義・ソフトバンク社長

 「ソフトバンク最後の危機は過ぎ去った」

 ソフトバンクの孫正義社長は、2013年度第3四半期の決算発表の場でこう語った。

 13年4〜12月の連結業績で、売上高、営業利益、純利益ともに過去最高を更新。すべての項目で、NTTドコモ、KDDIを上回った。昨年9月にNTTドコモが米アップルの新型iPhoneの販売を始めたことから、ソフトバンクへの影響が懸念され、最大の危機ととらえる向きもあった。しかし、結果的には杞憂に終わり、新製品「iPhone 5s/c」の販売シェアもソフトバンクが4割を獲得したという。年間純増数でもトップを獲得した。また、通期の見通しも、営業利益は1兆円以上を見込んでおり、通期でもNTTドコモの見通し8400億円を上回る。

 孫社長は、05年のボーダフォン買収時に、「10年以内にドコモを抜く」と宣言したが、今期はいよいよそれが現実となる。イー・モバイル、ウィルコム、米スプリントを加えた累計契約数は1億超となった。

 ソフトバンクが携帯電話事業に参入した当初は、規模が小さく、ネットワークも弱いというベーシックな部分で一番負けていた。このため、構造的に苦しい弱者の立場でのさまざまな戦略を打ってきた。

 これまでの躍進は、iPhoneという端末による差別化が大きかったが、3キャリアがすべてiPhoneを扱うようになった今後はネットワークの品質が鍵になる。孫社長は「ネットワークはこれまでソフトバンクの一番の弱みだったが、今や一番高速で安定的につながるようになった。一番の弱みが一番の強みになる」と自信を見せる。

 そして、1億人のユーザーを背景に規模の経済が、端末やネットワーク機器の購買力に効いてくる。こうした強者の戦略を取れることが、新しいソフトバンクのポジションだという。

 設備投資は最もコストの掛かる鉄塔の建設がほぼ終了し、13年度をピークに巡航速度に合理化できる状況。今後は一か八かの曲芸のような無理をするのではなく、オーソドックスに一歩一歩利益を伸ばしていく王道の戦略を進めていくという。

 逆に米国市場に対しては、スプリントの事業拡大に向けて、これまで日本市場で展開してきたような「弱者の戦略」を展開。ネットワークの整備を進めている。取りざたされているTモバイルの買収については明言を避けたが、米国市場は2強の寡占状態で、競争そのものは激しくないため、積極的に弱者の戦略で攻めていく余地があるとの認識。実際に13年度のスプリントの業績は早くも反転しており、今後への自信を見せた。

ソフトバンクのこれから 日本市場の展開にも課題は残る

 これから日本国内は強者の戦略、米国では弱者の戦略と使い分けていく構えだ。

 強者のマーケットリーダーの意気込みが伝わってくる施策として、LTE上で音声データをやりとりするVoLTEを見据えた新料金プランの導入を4月に予定している。スマートフォンの音声通話とパケット通信をパックにした定額サービスで、通話時間・回数およびパケット通信量に応じて、S/M/Lパックの3種類の料金プランを提供する。

 しかしこの新料金プランの前評判は決して高くない。まずVoLTEを見据えたものと謳っているものの、ソフトバンクのVoLTE導入時期はまだ決まっていない。孫社長は「近い将来に必ずやる」と宣言したが、サービス開始前に料金プランを先行させることへの違和感がある。

 また、同サービスでは、音声通話で定額となる利用時間を超過した場合に追加料金が掛かるが、通話料金が30秒につき30円と割高なため、実質的な値上げと見る向きも少なくない。KDDIの田中孝司社長はソフトバンクの新料金プランについて聞かれ、「あれ、高いよね」とコメントし、同様の割引サービスなどの対抗策を打ち出す考えはないとしている。

 こうした声に対して、孫社長は、音声通話とパケット通信のセット割引は世界の潮流であるとした上で、「この6年間でわれわれが打ち出してきた料金プランは最初にいろいろな批判を浴びたが、ほとんどを他社が後に追従している。VoLTEでも似たようなことになると予測する」とマーケットリーダーとして強気の姿勢を示した。

 さらに日本市場で強者の戦略を展開することに関して難題も残っている。ドコモを抜いたとしているが、ドコモはまだまだ巨人である。今後ドコモが弱者の戦略をとった時には、ドコモのポテンシャルが脅威となる。

 その1つが、NTT法の改正だ。NTTは民営化の際にNTT法が制定され、市場の独占につながる企業活動に制限が設けられている。このため、ソフトバンクやKDDIが固定通信サービスと携帯電話をセットにした割引サービスを提供しているのに対し、ドコモはNTTの固定化通信サービスとセットにした割引プランを提供できない。

 しかしドコモのシェアは03年の55・9%から13年には40・9%まで低下。こうした制限を一部緩和する動きがあり、総務省では法改正の検討を進めているという。法改正の手続きが必要となるため早期に提供を開始できるわけではないが、仮に実現すれば、NTTグループとして、NTT東西の光回線サービス「フレッツ光」などとドコモのスマートフォンのセット割引を導入することができる。

 こうした動きには孫社長も警戒を強めている。固定通信市場でのNTTの支配力がいまだ強いことに触れ、「光回線について市場を徹底解放してから、そのテーマを挙げるべき」とドコモの動きを牽制する姿勢を明らかにした。

 巨人ドコモとの対峙はソフトバンクにとって大きな課題であり続ける。

 

【ソフトバンク】関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年6月号
[特集] 人材輩出の「新御三家」
  • ・[サイバーエージェント]経営人材を育てる方法 研修より緊張感ある現場経験
  • ・中山亮太郎(マクアケ社長)
  • ・大竹慎太郎(トライフォート社長)
  • ・塚原文奈(ストアーズ・ドット・ジェーピーCEO)
  • ・[楽天]ベンチャー精神は創業者が体現する
  • ・体育会的ノリと目標必達の企業風土が育てた起業家群
  • ・[DeNA]意志と情熱を後押しする人材育成術
  • ・橋本 舜(ベースフードCEO)
  • ・鈴鹿竜吾(ライトマップ社長)
[Special Interview]

 飯島彰己(三井物産会長)

 人が成長するために必要なこと

[NEWS REPORT]コロナ禍後の経済地図を読む

◆避けられない合従連衡 日の丸電機の進むべき道

◆自動車業界は大再編必至 生き残れるのはどこだ!

◆存続の危機を迎えた百貨店 小売り業界のEC加速が止まらない

◆“会わずに診る”コロナで広がるオンライン診療

[特集2]

 社長のセルフブランディング

 第一印象/SNS・ネットツール活用/言葉の力/プレゼン技術

 [特別インタビュー]友近(お笑い芸人)

 最強のセルフブランディング術「憑依芸」を語る 

ページ上部へ戻る