文化・ライフ

ビジネスマンや学生から大人気のチープカシオ

 

 時計は必要ないと言っているスマホユーザーが、にわかに腕時計をするようなったのはカシオのおかげかもしれません。アマゾンの腕時計男性ランキングで、最近もっぱら一位を獲得しているのが「CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)」です。

 この時計は数年前から、ビジネスマンはもとより学生からも人気が高まっている、知る人ぞ知る別名「チープカシオ(チプカシ)」と呼ばれている製品です。あえてシンプルさでアプローチし、安いのに高クオリティチーという意味を込めて、愛称で呼ばれています。 

 一方、時間の正確さ優先なら、高機能路線を行くシチズンのチタン製電波ソーラーもお勧めです。電池交換が必要なく、毎日電波で時間を自動調整してくれる機能付きで、厚さ9.7mmとなっています。

 筆者も手巻き高級時計を使っていた時代がありますが、巻き忘れて飛行機を乗り逃して以来、出張やミーティング時にはシチズンの電波ソーラー時計とチプカシを併用で使っています。試験や授業の時間を秒単位で意識している学生などにとっては、この2つが合わさった腕時計がベストかもしれません。

 

なぜ、チープカシオが若者に受け入れられているのか?

 

筆者撮影、カシオスタンダードクオーツメンズ腕時計MQ-71-1B

 携帯電話、スマホが普及して、若者や学生の多くが腕時計を敬遠しだしました。「時計なんてスマホで見ればいい」という風潮もある中、チプカシの登場で「やっぱりスマホをいちいち取り出すのは面倒」と、腕時計の便利さが再認識されたことが、人気の秘密でしょう。

 特に、スマホが取り出せない試験中やバイトで忙しい時などは、チプカシが大活躍していそうです。腕時計が、かつて主流だった懐中時計と同じ運命をたどりそうにも思える中、やはり確実に便利な製品であると思わせてくれます。

 この時計は1980年代の発売で、本来海外向けなのですが、ホームセンターやインターネットを中心に今も売れ続けています。

 その理由は、必要最低限の仕様にして時間を見ることだけに最適設計したからではないでしょうか。視認性が抜群に良く、本体質量はわずか20グラム以下、サイズは縦33mm×横33mm×厚さ8mm(ラグ、リューズは除く)、重さ20g、腕周り最大19.5cm、最小13.5cmとなっており、男性・女性を問わず気軽に装着でき、日常生活防水仕様となっています。

 しかも、定番の白い文字盤は価格がわずか939円(税抜きアマゾン2018年8月11日現在)と格安であることも見逃せません。電池も約2年は持ちますし、仮に電池切れでもドライバーを使って裏蓋を開けてボタン電池を取り替えればOK。壊れなければ何年でも使い続けることができます。

 

カスタマイズも楽しめるチープカシオ

 

 筆者は3年ほど前よりチプカシを数本所持して、普段の生活だけでなく、講演やセミナー、企業研修で講師を務めるときなどにも使用しています。

 見た目は確かに安っぽいのですが、視認性が抜群で薄いので、ごつごつした自己主張の強い高級時計を身に着けて講演をするよりも、時計が主張しすぎずに良いと感じています。

 私が愛用しているのは、黒文字版と白い針と文字の一番視認性が良い製品です。本体は黒色ですが尾錠がシルバーなので、尾錠を染めQという、最先端のナノテクノロジーを駆使した染色系塗料で黒く塗っています。時計をマスキングして、「ミニ染めQ エアゾール70ml ブラック」を尾錠だけにさっと吹きかけて、写真のようにつや消しブラックにします。そして、16mmのナイロンストラップを着けて肌に馴染むカスタマイズをしています。

 時計に元々付いているベルトは、スキューバ時計ベルトようにゴムっぽく腕に着けづらいので、黒色ナイロンベルトにして着け心地を良くしています。

 

カシオの鉄板はカシオスタンダード

 

 筆者は定番の白文字盤に黒い文字のバージョンも所持していますが、こちらもまた、オシャレで素晴らしい作りだとつくづく感じています。カシオ スタンダードは、文字盤やデザインが数種類あって、自分の好みに合うものを手軽に選べるというのも売れている理由として納得できます。

 実際にビジネスシーンでも、外資系企業の年配の方や大手家電メーカーの女性マーケティングマネージャーなどが、この時計をしているのを見たことがあります。さらに、TV局の女子アナや大物政治家、面白いところとしては、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマイケル・J・フォックスが扮する、主人公のマーティーが身に着けていました。

 

チープカシオが流行るマーケティング上の理由

 

 カシオスタンダードが流行ったのには、マーケティング的に理由があると考えています。スティーヴ・ジョブズが常にシンプルで上質なミヤケの黒シャツを着るように、あえて“普通を身に着ける”という、ノームコア(究極の普通、ノーマルとハードコアをつなげた造語)の概念・哲学発想の延長で売れたのだと分析できます。

 世の中の風潮が、「普通」や「素朴」、「質素」などへ回帰しているのは事実でしょう。ニューヨークを皮切りに、普通すぎるファッションが逆にカッコ良いと思われているこれからの時代は、見栄を張るよりも、本当に使い勝手の良い普通のモノが売れていく時代なのだと痛感します。

 普通の製品は、場所や雰囲気にそぐわない場面もあるでしょうが、あえてノームコアな900円台の腕時計に魅了されてみるのも悪くないかもしれません。 

参考:筆者所持のシチズンCITIZEN 腕時計 ATTESAアテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ 電波ソーラー時計 ダイレクトフライト 針表示式 薄型チタン製 マスコミモデル AT8040-57E メンズ ¥74,110(税抜)

参考:シチズンアテッサチタンとカシオスタンダードとの厚さ比較(実測値;上シチズン80gで9.7mm、下カシオ15gで8mm

 

山本康博氏の過去記事はこちら

++++++++++++

(やまもと・やすひろ):ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品を計算すると打率3割3分、マーケティング実績30年。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や連載寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out~a ninja marketer~』(BVC)など。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る