国際

ロシアメディアが報じなかったプーチン発言

プーチン・ロシア大統領(左)と握手をかわす安倍晋三首相(右)/写真:EPA=時事

プーチン・ロシア大統領(左)と握手をかわす安倍晋三首相(右)/写真:EPA=時事

 2月8日、ロシアのソチで行われた日露首脳会談を帝国主義的な勢力均衡外交の視座から見ると面白い。産経新聞モスクワ支局の遠藤良介記者の分析が鋭い。

 〈ソチ五輪開幕式に合わせた安倍晋三首相の訪露はロシアで好感されている。ただ、プーチン大統領は6日、ソチを訪れた各国首脳の中で最初に中国の習近平国家主席と会談しており、日中両国を天秤(てんびん)にかけて国益の最大化を図る姿勢が鮮明だ。北方領土問題では、露外務省が日本側の受け入れられない歴史認識を振りかざし、日本に「譲歩」を迫る構図となっている。プーチン政権は「愛国主義」による支持基盤強化に動いてもおり、領土交渉を大胆に動かせる状況にはない。

 中国国営新華社通信によると、プーチン氏は6日の中露首脳会談で「日本の軍国主義による中国などアジア被害国に対する重大な犯罪行為を忘れることはできない」と述べ、2015年に予定される戦勝70周年の記念行事を共同開催する考えを示した。ただ、露主要メディアはこの内容を報じておらず、日本を刺激することを避けたい政権の意向があったもようだ。〉(2月9日MSN産経ニュース)

 首脳会談の後、各国がジャーナリストに対してブリーフィング(説明)を行う。通常、自国首脳の発言を説明し、相手国首脳の発言については、必要最低限のことしか言わない。また、表に出さないことについては、会談終了直後に双方の事務方で合意する。プーチンの「日本の軍国主義による中国などアジア被害国に対する重大な犯罪行為を忘れることはできない」という発言について、中露は「表に出さない」という約束はしていない。ロシア側としては、中国がこの発言を出すことは織り込み済みだということだ。こういう形で日本に「中国との外交カードとしてロシアを使うことは、そう簡単でない」というシグナルを送っているのだ。

 興味深いのは、ロシアのマスメディアがこの内容を報じないことだ。確かにロシア政府は、日中対立に巻き込まれないように、細心の注意を払っている。しかし、ソ連時代と異なり、ロシア政府がマスメディアを全面的に統制することはできない。

NHK国際放送をプロパガンダに

 米国、英国、ドイツ、フランスなどの主要国が、ロシアで同性愛宣伝禁止法が施行されているなど人権問題に対する不満から、ソチ・オリンピックの開会式に首脳を派遣しなかった。そのような状況であるにもかかわらず、西側主要国である日本からは、リスクを負って安倍晋三首相が開会式に出席した。そのことをロシアのマスメディア関係者も心の底から歓迎しているので、反日感情を煽るような報道については「ニュース性がない」という判断をするのである。

 完全な独裁国家を除き、どの国でもマスメディアの論調が国民世論から極端に乖離することはない。新聞や雑誌は商業出版物なので、国民からそっぽを向かれるような内容だと、売れないからだ。テレビも視聴率が確保できなければ、広告が集まらない。ロシアの日本に対する国民感情が改善している状況を最大限に活用して、日本政府から情報戦を仕掛ける必要がある。

 その意味で、NHKの国際放送をもっと活用すべきと思う。「NHKでプロパガンダ(宣伝)を行うのか」という批判に関しては、「その通り。BBC(英国放送協会)国際放送、VOA(アメリカの声)など、民主国家を含め、国際放送の目的は自国の国益を増進するためのプロパガンダだ」と開き直ればよいと思う。

 ロシアの場合、国営ラジオ「ロシアの声」(旧モスクワ放送)が、プロパガンダを行っている。その手法はBBC国際放送に近い(そもそもロシアのインテリジェンス活動が英国の亜流である)。客観報道と解説を中心とする。ニュースの選択では、ロシアに不利になる内容をあえて入れて、聴取者を信用させる。解説はできるだけ中立を装うが、「ロシアの主張にも一理ある」という印象が残るようにする。そして、ウエブサイトでニュースや解説を読めるようにする。NHK国際放送を「ロシアの声」型に転換すると外交的な武器になる。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る