マネジメント

世界で活躍できる人材の輩出に取り組むグロービス経営大学院。グループ代表の堀義人氏が1992年に開講して以来、ビジネスリーダーの登竜門として着実に評価を高めてきた。これからのグローバル人材に必要な要素とは何か。授業ではどんなことが重視されているのか。グローバル部門の責任者で講師としても活躍する、経営研究科研究科長の中村知哉氏に聞いた。

グローバル人材の定義とは

 ーー グローバル人材の定義とは何ですか。

 中村 基本的にグローバル人材とは、国内のリーダーにグローバルの要素が加わったものだと考えています。リーダーに必要な要素は、ビジネスフレームワーク、コンセプチュアルスキル、ヒューマンスキルの3つ。ビジネスフレームワークとは経営の常識である経営戦略、マーケティング、財務などの知識です。コンセプチュアルスキルとは、何が問題でどんな解決策があるのかといった概念を抽出する力。そして、ヒューマンスキルとは、物事を実行する時に人を巻き込んで動かしていく力。これらは国内でも海外でも必要な要素です。これらに加えて、グローバルリーダーには英語力、世界的な視野、そして異文化コミュニケーション能力が求められます。

 ーー 英語力の指標はTOEICなどですか。

 中村 海外でビジネスをする上では、英語ができるに越したことはないのは間違いありません。でも、一番難しいのは存在感を出すこと、「場」を取るということがすごく大事なんです。自分の番が来たら、少なくとも相手に主張を最後まで聞いてもらうことが重要です。例えば外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。

 ーー 「場」を取るコツのようなものはあるのでしょうか。

 中村 クラスの場合ですと、流れを読み、今何を言えば学習環境にとってプラスになるかを考えることです。その上で、生徒の出身業界や業務内容によって考えることが違うので、自分にしか言えないことを言うことです。それは、ビジネスの場でも同じだと思います。

グローバル人材の要件に変化

 ーー 昔と今ではグローバル人材に必要な要素は変わってきているのでしょうか。

 中村 日本企業のグローバル化の度合いが変わるにつれ、求められることも変わってきています。1980年代は日本で生産して輸出するのが中心でしたが、生産拠点を海外に移すケースが増え、今では海外での企業買収や事業売却などにもかかわるようになっています。同じ仕事でも必要な能力の度合いが変わってきています。80年代なら米国とか欧州だけを視野に入れていればよかったのですが、今はインド、中国、場合によってはアフリカまで視座を広げなければなりません。

 ーー カリキュラムで重視している点について。

 中村 われわれの授業は、基本的にケースメソッドが中心となります。実際にビジネス上で起きた話を元に、もし自分が主人公だったらどうするかということを学生に問うていきます。生徒に役割を演じてもらったり、実際の主人公に来ていただいて話をしてもらったりして、できるだけリアルに学生が情景を思い浮かべて感情移入できるようにしています。ある意味疑似体験ですが、脳科学の研究によるとそこに感情が入ると実際の体験にほぼ近い感覚が得られといわれています。ケースメソッドで何十回、何百回と練習することによって、実際のビジネスシーンでもかなり余裕を持って臨めるようになります。

 ーー 30代や40代のある程度経験を積んだ生徒にもそうした疑似体験は新鮮なのでしょうか。

 中村 はい。主人公に感情移入できれば、普段の職責より広い視座からものが見えるようになります。あとは、やはり志が大事。私はサラリーマンだから会社のために収益を上げたいと言っても誰もついてきません。例えば、海外で現地の小売業界に貢献したいとか、日本と現地の間で技術移転を行いたいといった理由なら協力者が増えていきます。授業を通じて、一人ひとりが何をしたいのか突き詰めることが大切なのです。

グローバル人材を育てるMBA教育とは

 ーー 授業は英語で行われているのですか。

 中村 現在、日本語で行われるプログラムは平日夜間と週末に東京、大阪、名古屋、仙台、福岡で行われています。英語は平日夜間と週末、それと平日日中のプログラムの2つが東京で行われています。両方合わせて約1200人が在学しています。

 ーー 生徒に出す課題はやはり多いのでしょうか。

 中村 そうですね。多くの生徒が通勤時間に勉強したり、10分程度の隙間時間に予習したりしています。

 ーー 成績の評価法はどうなっているのですか。

 中村 基本的には相対評価で、他の大学に比べると厳しいほうだと思います。講師の一方的なレクチャーではなく、生徒が発言することに重きを置いているので、これが評価の半分ぐらいの比率を占めます。これからのリーダーは紙に答えを書けるだけでなく、話して人を動かすことが必要ですから。

 ーー クラスによって学生のレベルのばらつきはどの程度なのでしょうか。

 中村 クラスによってレベルのばらつきは多少ありますが、グロービスは開校当初から、学生満足度を特に重視してきました。MBAを取ることもできますし、試しに1科目だけ取ってみることもできるようになっています。MBA教育を学びやすいものにしたことは、代表の堀の功績の1つです。例えばマーケティングの授業だけを受けたい生徒がいて、受けた授業が面白くなければ受講料を無条件で返金しています。クラスの品質に自信があり、不満足な生徒を作らないという考えがあるからできることです。

 ーー 企業研修ではどのようなことを行っているのですか。

 中村 企業研修のクライアント数は日本最大級で、一部上場の3分の1程度の会社と取引があります。多くの場合、業界一番手企業のグローバル人材育成に携わっていて、30代の方々から幹部クラスまで幅広く対応しています。対象によって、研修の内容も当然変わります。例えば、課長層にはスキルのトレーニングを中心に行いますが、役員層には会社の基本的理念を浸透させたり、会社が選ぶ戦略の意味付けを考えさせたりといったテーマで授業を行うことが多くなります。新規事業や事業買収など、受講者の所属企業が抱える課題を取り扱うこともあります。

 ーー 自費で大学院に来る生徒と比べて企業研修の場合はモチベーションが低い人もいると思いますが。

 中村 本人が希望して参加する場合もありますが、業務命令で参加している方をいかに本気にさせるかがわれわれにとってのチャレンジになります。一般的にシニア層はスタート時は研修に入っていきにくいものですが、逆にこの層が本気になった時は非常に良い研修になります。本気になってもらうために、講師が自らの体験を胸襟を開いて話したりすることで、そういう空気をつくれるように努力しています。

アジアで一番のビジネススクールを目指すグロービス

 ーー 卒業生はやはり経営者になる方が多いのでしょうか。

 中村 2011年に卒業後5年の方を対象に調査をしたことがありますが、経営層になった方の比率は入学前が全体の7・6%だったのに比べ、卒業後は22・1%になりました。かなりの方々が卒業後5年以内に経営者になっています。この中には所属していた会社で昇進した方もいるし、自ら創業した方もいます。グロービスは開校して21年になりますが、例えば某1部上場会社では、ほとんどの役員がグロービスで受講経験があるといったケースもあります。われわれとしても、日本企業のマネジメント力向上に貢献しているという自負はあります。

 ーー 今後の課題は。

 中村 グロービスではアジアで一番のビジネススクールになって、社会の創造と変革を担う志士を育てるという目標を掲げています。今や上海や香港、シンガポールに海外拠点を作り、企業研修を行っています。外国人の生徒も昨年は11カ国から23人、今年は15カ国から28人に増えるなど、非常にグローバルになってきました。

 さらに、グループにはビジネススクールのほか、グロービス・キャピタル・パートナーズというベンチャーキャピタル持っていて、グリー、オイシックス、ライフネット生命保険などの企業に投資してきました。教壇にベンチャーキャピタリストが立つこともあり、実際の投資経験が授業で生かされます。多くの場合、投資先のベンチャーに取締役を派遣しているので、それでわれわれも経営の勉強をし、クラスにフィードバックできるようになっています。こうした特徴をどんどん強化していくつもりです。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る