マネジメント

カリスマ社長ゆえの大きなリスク

 孫正義ソフトバンク社長の後継者を育成することを目的に、2010年7月に開校したソフトバンクアカデミア。グループ会社を含む社内から200人、社外から100人の生徒がソフトバンク本社に集結し、月に1回程度のペースで開催される。校長は孫社長本人。直接指導によって自らの後釜を育てるという他に類を見ない試みだ。

 ここで一体何が行われているのか。それを説明する前に、アカデミア創設の背景を述べておこう。

 孫社長が19歳の時に打ち立てたという人生50カ年計画。それは「20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を貯め、40代でひと勝負をかけ、50代で事業を完成させ、60代で次の世代に事業を継承する」というものだった。1957年生まれの孫社長は現在56歳。人生計画に従えば、後継者育成の時間はあまり多く残されてはいない。

 しかも、圧倒的な影響力を持つ同社長を引き継ぐとなれば相当にハードルが高い。実際に、ソフトバンクのアニュアルレポートなどには、後継者問題が同社の抱える大きなリスクである点が記述されているほどだ。

 ソフトバンクが10年6月に発表した「新30年ビジョン」に示された40年の目標は「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」になること。そのためには、時価総額200兆円規模、グループ会社は5千社以上で、世界のトップに立っていなければならないと同社では想定している。これを実現するためにも優秀な後継者選びは深刻な問題としてとらえられており、その危機感がアカデミア創設の動機となった。

 生徒の定員数は、10年後をめどに1人の後継者にバトンタッチすることを想定し、それまでに候補者が何人必要かという観点から逆算して決めた。当初、事務局側は100人程度と見積もっていたが、孫社長の意向で300人まで膨らんだという。

 具体的な後継者像をイメージしたとき、40代半ばの人物にバトンを渡すとすれば、30代半ばから後半の人材が対象となる。この層で社内のエースと言われる人物をリストアップしても全く足りず、20代半ばの人材を加えても、これら若手と孫社長は面識がなかった。熟考の結果、本当に経営者としての資質を備えた人材を集めるために、社外からも生徒を集めることにした。

 当初は反対意見もあった。社外から候補を加える提案をした執行役員人事部長の青野史寛氏によれば、

「自分のところの社長を選ぶのに、なんで社外の人間を入れるのかという意見もありました。でも、社内のやり方に従ってきた人間だけでは、強力な創業社長に勝るエネルギーは生まれないと思って押し切りました」

 という。

 当初、社外候補は全体の1割に当たる30人程度を想定していたが、いざ蓋を開けると、1万人以上の入校希望者が殺到。青野氏に言わせると「メチャクチャに面白いタレント」が揃った。著名な経営者や官僚をはじめ、医者、弁護士、現役の自治体の首長までがエントリーしてきたという。

「ふつうでは絶対出会えない人たち。もったいないから社外からの人材を100人に増やしました」

 と、青野氏は語る。

 

「チャンスボックス」としての機能

 カリキュラムの内容は、一般的なビジネススクールなどとはかなり異なる。コンセプトはズバリ「知の総合格闘技」。例えば、ソフトバンクが直面している経営課題がお題として与えられ、生徒は解決策を出すために知恵を絞りだす。孫社長に言わせれば「脳がちぎれるほど考える」ことが求められる。

 生徒は1回5分のプレゼンテーションによって自らの考えを披露し、その場で参加者全員からの評価とフィードバックを受ける。こうして予選を勝ち抜いた20〜30人には、実際に孫社長の目の前でプレゼンを披露するチャンスが与えられることになる。アカデミアでは、リアルな場を共有することにこだわっているため、中には5分間だけのプレゼンを行うために、わざわざ海外から駆け付ける猛者もいるという。

 プレゼンテーションのほかにも、孫社長の講演や他の経営者との対談を直に聞いたり、経営シミュレーションゲームで順位を競ったりといったさまざまな試みが行われている。これを何回か行って、ポイントが低い下位20%の生徒は退校となる仕組みだ。次回の募集ではこの空いた枠を補充するために応募者を募るが、一度退校になっても再エントリーが可能となっている。

 当然のことながら、プレゼン大会の優勝回数が多ければ後継者になれるというわけではない。孫社長の後継者になるために、最も重要なのは実際のビジネスにおける実績だ。ただし、成績上位者は注目されて大きな仕事を任せられるチャンスが格段に増えるという。アカデミア出身者が、グループ会社のトップに抜擢されたケースも実際にある。

 つまり、アカデミアは「1つのチャンスボックス」(青野氏)の役割を果たしており、そこで成果を出せば後継者への道が開けてくるというわけだ。

 

自発的に生まれる多種多様な試み

 アカデミアでは、基本的に運営サイドが何かを押し付けることはせず、プログラムの在り方などについては生徒の意見を広く聞いて決める方針を採っている。実際の企画運営も生徒が率先して行う部分が多い。このあたりも「孫社長が帝王学をじかにたたき込む」というイメージからは程遠い。

 開校して4年もたっていないアカデミアだが、当初は運営側も予想していなかった動きも出てきた。

 多種多様な人材が集まる場であるだけに、生徒の間から自然発生的にさまざまなプロジェクトが生まれているという。例えば、プレゼンで東日本大震災の被災地における医療支援を訴えた生徒に対して賛同者が続々と手を挙げたりする。一方では飲み会の誘いや個人の活動の宣伝などもSNS内のアカデミア専用グループの中で頻繁に行われる。まさに何でもアリの状態だ。

「始めた頃はもっと雰囲気がギスギスするかもしれないと思いましたが、社外の人間も含めたものすごい数のコミュニティーができて、今やオフサイトミーティングだらけ(笑)。毎週誰かが何らかのイベントを行っていて、自発的に盛り上がっています」

 と、青野氏は言う。

 単なる社内選抜式の幹部育成塾でもなく、異業種交流会でもない。1つの目的に向けて志願者が集まって自由に盛り上がり、さまざまな試みを提案する。何とも不思議な集団が結果として出来上がった。同じような組織は恐らく他の企業には見当たらない。

 青野氏は「〝サバイバル動物園〟か〝幕末の志士集団〟に近い」と話すが、悲壮感のようなものは感じられない。ひょっとしたら、ビジネスを展開する上で新たな組織の形を生み出すかもしれないという期待感も抱かせる。いずれは、アカデミア発の新規事業が誕生する日がくるかもしれない。

 今後の課題について青野氏はこう語る。

「現在のアカデミアの運営そのものは非常に面白くて良い場だと思っていますが、リアルに後継者をつくっていくための課題を設けていきたいと思います。例えば、将来的にはグループ内の主要な会社の役員の1人は、アカデミア出身枠にするといったことを本気で実行できるようになればと考えています。候補者が本当に経営を背負う場面をどう設定していくかが、これからは重要になっていくでしょう」。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
この夏飲みたい日本の酒

  • ・総論 量から質へ“こだわり”が求められる時代へ
  • ・埼玉・秩父から世界一へ イチローズモルトの奇跡
  • ・家庭でも酒場でもレモンサワーが飲まれる理由
  • ・幕末からよみがえった都心の酒蔵 東京港酒造
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・伊豆で愉しむ野趣なワインと夏の富士
  • ・トップが薦めるこの夏のビール

[Special Interview]

 宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)

 「トップの器以上に会社は大きくならない」

[NEWS REPORT]

◆ヨーロッパに続け! 動き始めた日本の再エネ事業

◆東芝のPC事業を買収し8年ぶりに参入するシャープの勝算

◆日産―ルノー経営統合問題に苦慮するカルロス・ゴーン

◆大阪がエンタメで仕掛けるインバウンドと夜の経済

働きがいのある会社を総力取材

 人材育成企業20

 企業の成長戦略をクローズアップ

ページ上部へ戻る