国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

 

(クニ・ヤマモト)大阪府出身。日本のデザイン会社でアートディレクター、グラフィックデザイナーとして活躍したのち、2005年にハワイに移住。クラレンス・リー・デザイン副社長兼アートディレクターとして日本関連のクライアントを担当。創業者引退後の07年から社長兼アートディレクターを務める。ハワイ最大のデザイン賞「AAF Pele Award」(アメリカ広告協会主催)を10年連続で受賞、「AIGA Hawaii’s 5-0 Design Award」(アメリカ・グラフィックアート協会主催)を4回連続受賞、全米のデザイン賞「HOW Interactive Design Awards」を14、15年連続で受賞するなどの実績を残す。15年にはハワイ地元企業の商品を統一ブランドで展開する「111-HAWAI PROJECT」も立ち上げる。

 

クニ・ヤマモト氏とハワイのデザインとの出会い、ビジネスを始めるまで

 

ハワイ独特のビジュアルデザインに惹かれる

 

イゲット 何年前にハワイにいらっしゃったのですか?

ヤマモト 14年前(2005年)なので15年目かな? もともと大阪出身で、大阪のデザイン会社に勤めていました。旅行でハワイに来た時に、いろんな言語や文化が入り乱れたハワイの独特なビジュアルデザインがすごく面白いなって。

 2回目に来た時に、知人のツテで会ったのが創業者で先代のクラレンス・リーというハワイのデザイン界の巨匠でした。彼は3年前に亡くなりましたが、当時、そろそろ引退するという流れで、クラレンス・リーのあとをひきつぐ予定で移住しました。彼の下で働いて、2007年からは代表を務めています。

 

ビジネスとデザインの融合、ストイックなものづくり

 

イゲット クラレンス・リーさんの作品には、以前から興味を持っておられたのですか?

ヤマモト あの時代の人たちは職人なので、デザインやものづくりに対する考え方、取り組み方が全然今のデザイナーたちと違いました。

 ビジネスとうまく融合するようなデザインや、ストイックにものづくりをやっていく姿勢などが、今のわれわれのフィロソフィーの原点にもなっています。そんな彼のプロフェッショナルな面に惹かれてこの人は本物だと感じ、彼の作品からも多くの勉強をさせていただきました。

イゲット スタッフも外国人だったのでしょうか?

ヤマモト 当時のスタッフは、クラレンスを尊敬して付いてきたメンバーでした。ハワイでも各分野で3本の指に入るようなディレクターやデザイナーたちがいましたね。様々な人種の個性的なクリエイターばかりでしたので、 彼らを束ねていくのはとても大変でした。

 5年くらいは片言の英語で踏ん張っていましたけど、ある時期から人種や文化や言葉の違いは関係なくなりました。本当に細かな難しい話をする時には、バイリンガルのスタッフにうまく通訳してもらっていますが、大事なのは、言葉よりも思いだということを 学ばせていただきました。

イゲット 今はどういった方たちを雇っているのですか?

ヤマモト デザインの仕事もサービスもビジネスデザインの時代になってきて、いくら優秀ですごくいいデザインを作れる人間をヘッドハンティングしても、考え方が違うのであればもう無理なので、何回も挫折しました。ある時期からは、徹底して育てる、新卒で採って一からたたきあげていくという方針に転換しています。

 

クラレンス・リー社のブランディングデザインとビジネスとは

 

クライアント企業がデザインに求めるもの

 

イゲット クライアントからのオーダーで、コンセプトや希望が漠然としている場合はどのように対応するのですか。

ヤマモト まず、ビジネス内容はもちろん、事業の目的や考え方を 全部聞き出して、クライアントも気付いていない問題点を導き出し、それを解決するデザインを生み出しています。それが、我々が掲げるフィロソフィーの一つである 「ビジネスを成功へ導くデザインを提供する」ということに繋がると思っています。

 クライアントの多くがロゴやコーポレートアイデンティティを持っていなかった時代には、みんなロゴを持とうという流れから、コーポレートアイデンティティが生まれ、企業の価値を高めていくという動きがありました。

 それから、ブランディングデザインの時代に移り変わり、競争相手との差別化や、いかに付加価値をつけるか、ブランドイメージを作っていくかという時代になりました。ですから、ブランディングデザインを経営戦略や事業戦略に生かすという方向へのニーズが増えてきましたね。今後は、こういったビジネスデザインの時代に 間違いなく突入していくと考えています。

イゲット ビジネスコンサルも含めてということですよね。

 

戦略、ビジネス内容、目的によってデザインを変える

 

イゲット ハワイでビジネスをされている方だけでなく、他の国のクライアントもいるのですか?

ヤマモト アメリカ本土か日本ですね。最近はスカイプなど、直接会わずとも仕事ができる環境なので、ハワイに関係ない企業から引き合いがきて、仕事をさせてもらうパターンもあります。日本企業のアメリカ進出のためにアメリカ市場に合わせたリブランディングをやらせていただく機会も増えてきましたね。ほとんどのクライアントがハワイに進出しているか、ハワイに何らかの関係のある企業です。

イゲット パッケージデザインだけではなく、他のデザインも手掛けるのでしょうか。

ヤマモト 基本的にうちが手掛けるのはブランディングデザインです。会社や商品、施設など、どういったものにもブランドがありますよね。これらのブランドイメージを作るためのロゴやカラー、ビジュアルなどのコアとなるデザインを行い、それらをガイドラインにすることから始まります。

 そのブランドイメージを形成するガイドラインをベースにして、例えば、店舗ビジネスなら店舗のサインや店内の空間グラフィックに展開するし、自社商品のパッケージデザインから、集客や販促のためのパンフレットや広告などの印刷物、ウェブサイトなどのオンライン関係まで、全てをトータルに制作しています。クライアントのお客様が目にする全てのものを統一したコンセプトの元でデザイン展開することがブランド構築の重要なポイントとなります。

 要するに、クライアントのビジネス内容や事業戦略、目的によって、作るものが全く変わってくるんです。良い商品やサービスが溢れている今の時代は、見た目のかっこいいものを作るだけでは意味がなく、ブランド力を高めるために必要なあらゆることをデザインしていくというのがわれわれの仕事だと考えています。

 

ブランディングデザインの力を活かす「111-HAWAII PROJECT (ワンワンワン・ハワイ・プロジェクト)」

 

ハワイへの貢献と恩返しを目的としたプロジェクト

 

イゲット クニさんたちが手掛けている「ワンワンワン・ハワイ・プロジェクト」というのはどのようなものですか?

ヤマモト 創業50周年(2015年)の時に、われわれの力を活かしてハワイに貢献、恩返しできるようなことを何かしようというのが企画のスタートでした。

 ハワイには中小零細やファミリー企業が多いじゃないですか。小さなビジネスだけど良いものづくり、良い商品を作っているので、そこをサポートできるしくみができたらと。そこで、通常はバラバラになっている小さなブランドを、一つの「ワンワンワン・ハワイ」という統一ブランドで、商品開発のお手伝いから商品化、販売までします。

イゲット ご当地ブランドみたいなものですか。

ヤマモト そうですね。商品の売り上げを、ハワイの環境文化の保護活動に役立てる仕組みを作ることで、地元のものづくりをサポートして、メイド・イン・ハワイ自体の価値を高めていきます。ハワイのリピーターは、ハワイの為に何かしたいという思いの人が多いので、商品を買うだけでハワイに貢献できるという仕組みを提供しています。

イゲット 「ワンワンワン」はどういう意味なのですか?

ヤマモト 地元企業の価値を高めて消費者、観光客が喜んで、それが地域社会をよくすること。3者がウィンウィンでハッピーになるというのが、ワンワンワンのコンセプトです。統一ブランドの元で商品開発して、ダイヤモンドヘッドの頭をした犬「ダイヤモンド・ヘッドック」というキャラクターを作り、商品パッケージに このキャタクターの印が付いていたらハワイ支援商品ということがわかるようになっています。

イゲット うちもオリジナルのお茶持っているのですが、ここのブランドに入れてくださいとなったらどういう流れになりますか?

ヤマモト まず申込書に記入していただいて、法的な条件をクリアしていたら書類審査します。ハワイのメーカーさんの場合、一から商品開発するコストは掛けられないので、既製商品をプチリニューアルします。そしてワンワンワンというブランドでPRを行い、知名度を上げてオリジナル商品が売れるようにしていきます。

 

日本人が選ぶランキング「ワンワンワン・ハワイアワード」とは

 

ヤマモト 昨年からスタートしたのが、このワンワンワン・ハワイアワードです。日本人がオンラインでハワイのレストランやショップをランク付けするハワイランキングを立ち上げ、ハレクラニでみんなタキシードを着て授賞式を行いました。こちらのメディアが主催するアワードは、広告主が賞を勝ってしまったり、ローカル視点で「ちょっとどうかな」というものがあります。なので、完全に日本人が選ぶランキングにしようということになりました。

イゲット どれくらいの投票数があったのですか?

ヤマモト 去年は1年目で約2万5千票位でした。票数に応じて、ハワイの団体に寄付する金額が変わるという形式をとっています。ハワイ企業はまだまだサービスが悪かったりするので、サービスや品質の向上を図り、日本人視点のランキングとすることで地域活性化させようというのが狙いです。

協賛していただいたスポンサーから、ハワイ航空券が当たったり、ハレクラニ宿泊券が当たったりと、投票者にもメリットがあるようにしています。

イゲット どうやって広めているのですか?

ヤマモト これはハワイ州観光局の公認プロジェクトとして活動してます。今、日本の国内で、年間200件くらいハワイイベントがあるらしいので、そうした場所でハワイ州観光局のブース内に投票所を設けてもらっています。

 今年は日本のテレビ番組、「ハワに恋して!」と連携して、番組内で投票を呼び掛けてもらっています。あとは昨年の結果をランキング本にして、日本の書店で売っています。投票期間、ハワイで盛大な授賞式、その後にランキング本の出版、という流れをワンサイクルでやっています。

 

ハワイは世界的に見ても面白い場所。デザイン大好きだからずっと働きたい

 


イゲット
 クニさん自身もデザインをしているのですか?

ヤマモト 現役でやっています。自分でもの作り、会社の経営や組織作り、こういうボランティア系の仕事もやっていると時間がなくなってきますが。

イゲット ずっと働いてる感じですか?

ヤマモト デザイン大好き人間なのでずっと働いても苦痛ではないですね。

イゲット 後継者は育てていらっしゃるんですか?

ヤマモト たたき上げで育ててきたデザイナーが、優秀なディレクターとなり、今では経営側に入り、ヴァイスプレジデントをやってくれています。パートナーみたいな関係でやってますが、私自身もまだ20~30年は頑張りたいですね(笑)。

イゲット 人生100年時代ですからね(笑)。ハワイで働くのと日本で働くことの大きな違いはありますか?

ヤマモト う~ん、なんでしょうね。ハワイはのんびりした環境だからこそ、努力しないとうまく行かない。でも人の何倍も誰にも負けない努力をしていたら道が開けるという部分はありますね。ハワイは世界的に見ても面白い場所だと思いますし、いろんなデメリットもありますが、自分の考え方次第で日本よりも 大きくプラスに変えることができる場所だと実感してます。大きな違いということでは、日本で働いてた時よりもストレスを感じないことかもしれませんね。ハワイの温暖な気候や風、常に大自然に触れることができる環境は、我々のようなクリエイターにとっては 良いアイディアを発想しやすくなるので、仕事の拠点にするには最高の場所だと思います。

 

(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

 

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る