マネジメント

健康経営を健康ごっこで終わらせず、業績向上に結び付けるためには何が必要か。戦略人事のスペシャリスト・八木洋介氏に問う。

 

やぎ・ようすけ 1980年京都大学経済学部卒業後、日本鋼管に入社。99年にGEに入社し、複数の事業でアジア部門の人事責任者などを歴任。2012年にLIXILグループ執行役副社長に就任。CHROとして同社の変革を実践。17年に独立し、複数の企業アドバイザーなどを務める。

 

健康の向こうに自己実現がなければ「経営」につながらない

 

―― 最近、健康経営がブームのようになってますが、八木さんはどう見ていますか。

八木 本質じゃないなぁと。

―― 本質ではない。では、どこに問題があるのでしょうか。

八木 取り組みの目的が曖昧になっています。なんか健康に良さそうなことをやりましょうでは意味がありません。もちろん健康は人生のために重要なことなので、大切にするのは悪いことではありません。でも、健康「経営」であるならば、経営としての答えを出さなければならないはずです。そういった経営の部分が曖昧になっている。だからインパクトがないんだと思います。

―― では本来の健康経営を実践するために必要なポイントはなんでしょうか。

八木 多くの企業が行っている健康経営というのは、マズローの5段階欲求で言えば安全欲求のところの健康なんですよ。健康というものを、病気じゃない、けがをしていない、という意味でとらえているならば、誰だって健康の方がいいよねって話になります。

 でも私の考える健康というのは、自己実現と直結しています。自分の思っていることをなんとか実現したいという強い思い、元気、経営的に言えば活力です。活力がなければ企業は勝ち残っていけないじゃないですか。

 僕はサバンナ経営という言葉を使っているのですが、人類、ホモサピエンスが世の中に出てきたのは20万年くらい前です。その頃は狩りをして生きていたわけで、そんな時に元気のないものはどうなるかというとライオンに食われてしまう。だから、狩りをしていく、すなわち仕事をしてアウトプットをしていくためには、元気があってなおかつ活力があるという状態をつくることができなければ企業経営もビジネスも成り立たないんです。

 その元気、活力が健康経営の「健康」なんです。だからあいさつでよく「お疲れさま」といいますね。でも、そんな会社は、競争に勝てないと思うのです。疲れていては良い仕事なんかできませんからね。

 要するに、企業の経営を行うのであれば、人や組織がいかに疲れないような状態をつくっていくか、そういうことがすごく重要で、それはフィジカル面での健康はもちろんのこと、同時に強いメンタルも必要だということです。強いメンタルというのは、自分が何をしたいのかが明確であり、会社の、または自分の目的や働く意義が前向きになっているメンタルです。そういう健康でなければ経営につながっていかないのです。

 

社員が元気になる経営で生産性は上がる

 

―― 組織の活力を高めるためにどこに投資をすればよいのでしょうか。

八木 安全欲求的なフィジカルの健康という面で考えても、人件費の5%くらいは健康保険に使っているわけで、そのフィジカルな分野を健康にしていくだけで、5%が半分になり、企業として人件費を2.5%削減できます。しかし、活力を上げることはそれ以上に効率のいい投資なんです。そのためには、もっと自分たちが何のために仕事をしているのかをしっかり考えて、そこに向かってまっすぐ進む組織をつくっていく、そうすることによって、活力、元気が生まれてくると思います。

 例えば、上司に言われたら何でもやる人がいますよね。その人は上司に言われたことをやることが目的になってしまっている。もっと言うと滅私奉公です。これが目的になってしまったら、本当に大切なことをやる気力なんてなくなってしまいますよね。

 脳科学の世界でもいわれていますが、脳が活性化するのは目的や意味付けがはっきりした時です。自分の会社が何をする会社で、自分はそのために働きたいと思っている人と、上から言われたことをやりますよ、という人とではどちらに元気があるかは明らかです。

 平たく言えば、やる気のある社員をたくさん抱える。そうすれば1人当たりの生産性、売り上げは倍になると思います。「えーっ」と思うかもしれませんが、ドイツや米国の生産性は日本と比べて4割も高いわけですから、不可能ではありません。世界にはもっと生産性の高い国もありますしね。

 どれくらい日本社会の活力不足が深刻な状況かというと、米国の調査会社であるギャラップ社のデータによれば、日本で前向きに仕事を行っている人はわずか6%。これは調査した139カ国中132位と最低のクラスです。一方、積極的に周囲に毒を吐いて、やる気のなさを伝染させる社員が24%もいる。だから、当たり前のことをきちんとやって社員が元気になる経営を行えば、生産性はどんどん上がっていくと思うのです。

 

「活力」を含めて考えれば健康経営のメリットが高まる

 

―― なぜ活力を上げることの重要さに企業は気付かないのでしょうか。

八木 昭和40年代くらいまでの成功のやり方を多くの企業が無意識に継承しているからだと思います。その頃までの日本は、個人の活力より組織の規律で経営をしていく方が良い時代でした。今は規制や規律よりも新たなアイデアで変化を起こすことが大事になってきているのに、そのパラダイムシフトを見誤って、過去の成功に乗っかったような経営をやっている。

 それから、多くの日本の企業に足りないと思うのは、アジリティーです。要は完璧でなくても、ある程度良さそうだと仮定できることを取り入れて実践し、必要ならそれを修正してさらに実践していくことです。

 こういうやり方をアジリティー経営っていうのですが、例えばある程度、科学で証明されつつあることであれば他の企業よりも先に取り入れてみる。仮説レベルでいいから何かが出てきた時に、「やってみようじゃないか!」という態度が取れるかどうか。こういうチャレンジが日本企業は苦手だと思うわけです。

 でも、みんながひとつの方向に向かっていくというのは決してマイナスばかりではなく、プラスの面もたくさんある。そのためにも足りないところに気付き、その部分を強化していけばいいのです。世界でトップクラスのフォロワー(=社員)がいる国なんですから、リーダーがしっかりして、フォロワーの活力、言うなれば健康を引き出していけばまだまだ戦えると思います。

 健康経営は1ドル投資すると3ドルリターンがあるといわれていますけど、僕が言った「活力」まで含めて考えればもっとインパクトはある。健康経営は活力経営のチャンスなのです。

 

【マネジメント】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る