マネジメント

2005年にソニー会長兼グループCEOを退任した出井伸之氏は、翌06年にクオンタムリープを設立し、企業の変革とベンチャー企業育成に尽力している。今年5月には、企業の新たな資金調達手段『FUNDINNO(ファンディーノ)』を運営する日本クラウドキャピタルが行った第三者割当増資の引受先となった。なぜ、日本を代表する大手企業の元会長が設立3年のベンチャー企業と組むに至ったのか。今年81歳を迎える元ソニー会長と、34歳のベンチャー企業社長という年齢差47歳の2人が、現在の日本企業が抱える資金調達の問題点について議論を交わした。

 

日本とは異なる海外ベンチャー企業の資金調達方法

 

いでい・のぶゆき 1937年東京生まれ。60年早稲田大学卒業後、ソニー入社。コンピュータ事業部長、ホームビデオ事業部長などを歴任した後、95年社長就任。2000年会長兼CEOを経て05年退任。06年クオンタムリープ設立。

出井 日本のベンチャー企業は、非常にドメスティックな傾向があると思います。まずは日本で成功してから海外に進出する、というパターンが多い印象ですが、もっといち早くグローバルで挑戦する企業があってもいいのではないでしょうか。

柴原 IPO(新規株式公開)がゴールになっているのが一つの問題だと思います。日本のマーケットは小さいのかと言えば、そんなことはないので、IPOで十分なリターンが得られると考える経営者が多いのでしょう。また、IPO準備で疲弊し成長スピードが鈍化してしまうのも、グローバルに出ていくことへの阻害要因かもしれません。

出井 先日、ニューヨークである会社のフィナンシャルアドバイザリー企業5社からプレゼンを受けたところ、5社とも違うやり方の資金調達手段を提示しました。米国はバラエティーに富んだ資金調達手段があり、感心しました。

柴原 ベンチャー企業にとっては、銀行からの融資だけでは成長するための選択肢が限られてしまいます。最近はエクイティファイナンスが主流になりつつありますが、それでもまだ選択肢が乏しく感じます。豊富な資金調達手段は、投資家とベンチャー企業の双方にとってのメリットが大きい。日本では情報の非対称性がある領域ですが「ベンチャーファイナンス」の定義を認識し、投資家目線なのかベンチャー企業目線なのかということを意識する必要があります。われわれは、そうしたベンチャーファイナンスの情報を公開し、フェアに投資家サイド、資金調達サイドに判断してもらい、どちらも不幸にならないようにしていきたいと考えています。

出井 それは日本でぜひやってほしいね。日本は資金調達や上場のやり方の幅が非常に狭く「普通株でやる以外に方法がない」との思い込みが強い。そういう意味でも、今後いくつか提案をされたら面白いと思います。

 

未上場株の民主化で狙う市場は1600兆円

 

しばはら・ゆうき カリフォルニア大学、明治大学大学院卒業。システム開発、経営コンサルティング会社を経営。2015年日本クラウドキャピタル設立。

出井 日本の銀行は数字を見ます。ところが、シードの会社に数字なんてなんにもないわけだよね。だから、日本の資金調達環境は厳しくならざるを得ない。

柴原 そんな環境を少しでも改善できたらと思っています。弊社が運営する資金調達プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」をローンチして約1年になりますが、利用者は毎月増えており、資金調達を募る発行会社の累計の資金調達額は今月(2018年8月現在)にも14億円を突破しそうな勢いです。

出井 それは素晴らしいね。個人投資家からの直接投資がストロングポイントだよね?

柴原 個人の投資家から見て、未上場株の世界は利害関係者や一部の情報を持っている人だけが投資できる閉ざされた世界でした。今われわれが手掛けているのは、未上場株を民主化して開かれた市場にすることです。日本のリスクマネーは1600兆円といわれています。今後、われわれがその1600兆円に直接アクセスしてベンチャー企業に流していくことにより、スピーディーに資金調達ができる環境を整えたいですね。

出井 そもそも、御社が取り組まれている株式投資型クラウドファンディングというビジネスモデルは、どのように思いついたのですか?

柴原 私の学生時代の研究テーマが「未上場企業の価値算出」というものであり、日米の未上場企業のデータを集めて比較していたところ、何より気になったのが日本企業の資本金の少なさでした。ベンチャー企業の一つの成功要因として「資金調達」が挙げられますが、それが整備されていないのであれば自分でやろう、と考えたのがきっかけです。

出井 そうだね。僕はソニー出身ですが、入社当時は上場して間もない頃で、とにかくお金がないベンチャー企業でした。その後、売り上げが100億円なかった時代から1千倍に伸びるわけです。それを経験してきて思うことは、日本は最初の資金がまず集まらないし、銀行自体のアカウントが取れない。3大銀行ですら8万アカウントくらいしか企業のアカウントを持っていないのが現状です。だから、柴原さんが取り組む株式投資型クラウドファンディングのように「お金をうまく集める」ということも、一つのイノベーションのように思うね。

 

多様な資金調達方法を持つ海外ベンチャー企業

 

柴原 ベンチャーの世界では、スタートアップ事業がまさにフレンド、ファミリー以外で調達するといったときに、創業1年未満だと実績がないので銀行融資もなかなかおりない現状があります。シリコンバレーでは、事業計画書1枚で数億円を調達できる世界がある一方、日本では300万~400万円がスタートアップの資金相場です。そうしたところを変えて資金調達環境を整備していきたいという思いがあります。

出井 先週、ニューヨーク・ロンドン・ポルトガルに行ってきて、ベンチャーの仕組みやインキュベーション、アクセラレータなどを見てきました。すると、アクセラレータの環境が全然違うのです。シリコンバレーほどではないにしろ、ヨーロッパも日本に比べて随分と進んでいると感じました。日本で感じることは、一つは成長資金がないこと、次に上場にこだわり過ぎていること。アメリカなどでは、ベンチャー企業が上場することは本当に少なく、それは資金調達の方法が多様なので上場だけがすべてではない、という考えがあるからだと思います。

柴原 おっしゃるとおりです。上場することで素晴らしい側面もたくさんありますが、CG(コーポレート・ガバナンス)コードを意識して組織体制を整えることは、ベンチャー企業の成長を鈍化させる場合もあります。ただ、日本においては資金調達手段が限られているためIPOする、という企業としての意思決定は現時点では理解できます。

出井 新しいことへのチャレンジを1年ストップすること。それはロスだと僕は思うんです。海外のように、いいシナリオやいいチームがあれば資金が出る。そんな環境を整備していくことが、日本のベンチャー企業の育成につながると思います。

柴原 そうですね。アメリカでは、IPOしなくても資金調達できる手段が多数あります。スタートアップ企業、つまりJカーブを描く企業がしっかりと地に足をつけて成長していくためにも、資金調達方法の選択肢を増やさなければならないのです。

 

ベンチャー企業の成功者が資金と経験を循環させる

 

 

柴原 われわれは、「投資家様保護」を実現させるために「発行者様支援」を表明しています。われわれにとっての「投資家様保護」の本質は、発行会社の成長に寄与することです。出資先に問題が起こって株の価値が低下してしまうと、投資家の信用を失いベンチャー企業への出資を控えてしまうことにつながります。そうした問題が発生しないよう、発行会社が目標金額に到達して成約した後のサービス提供こそが最も重要なミッションだと考えています。具体的には、資金調達を終えた発行会社に対してモニタリングを行いつつ、経営リソースとして必要なものをサポートしています。こうしたアフターフォローサービスの提供で発生した発行会社のデータを蓄積し、そのデータを活用したビジネスモデルを提供することが弊社のビジネスの本質です。

 そして、投資家がベンチャー投資で得た利益を次の企業へ循環していくように、ベンチャー企業で成功を収めた経営者が今度は投資家となり、その資金だけなく経験が未来のベンチャー企業へ流入して循環するような環境を整えていきたいのです。これまであやふやだったベンチャー投資をデータの蓄積によって科学し、信頼のある投資環境を構築したいと考えています。

出井 技術の変化の大波が最初に押し寄せているのは金融業界だと思います。今、ICOなど新しいやり方がたくさん目の前に見えてきています。この3年は大変革期なんじゃないでしょうか。技術の進歩でいろんなことが変わりつつありますが、まさに株式投資型クラウドファンディングは新しい技術と変革の種を感じますね。

柴原 われわれもフィンテック業界におりシステム開発が強みですので、テクノロジーの追求は今後も継続して行っていきます。

出井 僕たちクオンタムリープは、ベンチャーではなくアドベンチャーでいこうと思っています。日本のベンチャーは固過ぎます。御社が新しい技術革新をやってくれたらうれしいですね。頑張ってください!

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る