マネジメント

シャープが有機ELディスプレー搭載のスマートフォンを発表した。「液晶のシャープ」としてIGZOなど高機能液晶を強みとしてきたが、有機ELでも勝負できる力を有している。また初めて国産の有機ELパネルを製品化したことになる。今回の新製品は今後のシャープの試金石となる。文=村田晋一郎

 

液晶に翻弄されたシャープが有機ELを開発した背景

 

以前は「液晶の次も液晶」とこだわり続けたシャープ

シャープのAQUOS zero発表会。中央はシャープ通信事業本部長の中野吉朗氏。

 「液晶の次も液晶」と語ったのは、かつてシャープ社長を務めた片山幹雄氏。液晶テレビ「AQUOS」の大ヒットの勢いを受けて、2007年に堺工場の投資を発表した時のことだった。

 結果的にこの巨額投資は大失敗に終わり、シャープの経営危機の原因となり、片山氏は社長の座を追われた。その後、独自の液晶技術「IGZO」の実用化により、IGZO液晶搭載スマートフォンで一瞬勢いを取り戻し、「シャープを救うのはやはり液晶」という流れが起こりつつあったが、中国の液晶市場においてジャパンディスプレイ(JDI)との争いで劣勢を強いられ、液晶事業全体も低迷。最終的にシャープは16年に台湾の鴻海精密工業の傘下に入ることになった。

 振り返ると、シャープは液晶によって成長し、液晶によって窮地に追い込まれたと言える。そのシャープが「液晶の次のディスプレー技術」と目されてきた有機ディスプレーを搭載するスマートフォンを発売する。「液晶の次も液晶」と言っていた頃とは隔世の感がある。

 有機ELディスプレーと既存の液晶ディスプレーを比較すると、液晶ディスプレーは、液晶パネルが自ら発光しないため、表示に際してはバックライトが必要となる。LEDライトの採用でバックライトも薄型化し、かつ省電力化が進んでいるが、ディスプレーとしてはある程度の厚みが必要で、LEDの消費電力がかかる。また改善が進んでいるものの、原理的に黒色や動画の表示性能で難がある。さらに最近は変形ディスプレーが提案されているが、液晶はガラス基板上に成膜するため、形状の変化をつけることは難しい。

有機ELは次世代ディスプレーの本命

 一方、有機ELは素子が自ら発光するため、バックライトが不要で、なおかつプラスチック基板上に成膜できるため、薄型・軽量かつ曲面のディスプレーを実現できる。そして自発光デバイスのため、黒色や動画の表示性能も原理的には液晶ディスプレーに優っている。

 例えば、LG電子は大型で曲面の有機ELテレビを製品化している。また、高い応答速度の動画表示性能が求められるバーチャルリアリティー(VR)について、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation VR」は有機ELディスプレーを採用している。

 こうした特性から有機ELは次世代ディスプレー技術として本命視されてきたが、製造が難しく、現在、韓国のLG電子とサムスン電子の2社がテレビ用とスマホ用でそれぞれほぼ独占している状況だ。日本では、産業革新機構が支援するJOLEDが開発を進めているが、製造方法が韓国2社と異なることもあり、実用化には至っていない。

有機EL開発のポテンシャルを持っていたシャープ

 シャープの有機EL開発については、もともとポテンシャルはあった。画面の表示に必要な回路基板は、有機ELも液晶もTFT基板を用いるため、液晶の技術をある程度、有機ELに応用できる。シャープの液晶技術つまりTFT基板技術が世界トップクラスであることを考えると、有機ELの部分さえ立ち上げれば、有機ELディスプレーを開発することはそれほど難しいことではなかったと見られる。かつては片山氏が液晶にこだわったことが仇となっていた。

 鴻海のシャープ支援の狙いは、経営再建やブランド獲得ではなく、有機ELディスプレー開発を見越して、液晶のTFT技術を手に入れることだったと見る向きもある。傘下入りした際に鴻海からの出資金3888億円のうち、2600億円をディスプレー事業の投資に使うが、そのうち2千億円は次世代ディスプレーの有機ELの開発に充てていた。

 そして戴正呉社長が経営の舵取りを始めてまもなく16年9月には、三重事業所と堺事業所に有機ELディスプレーのパイロットラインの投資を決定。昨年12月末にはスマホ向けの試作パネルのサンプル出荷を開始するに至っている。

 

シャープの有機ELビジネスの今後はどうなるか

 

有機EL搭載の「AQUOS zero」で画質・軽さ・国産をアピール

 有機ELディスプレーを搭載したスマホは、サムスンが「Galaxyシリーズ」で先鞭を付けたが、アップルも昨年発売の「iPhone X」でついに採用。今年9月発売の「iPhone XS Max」「iPhone XS」でも引き続き採用されており、有機ELディスプレー搭載は、ハイエンドスマホのスタンダードになりつつある。こうした流れを受けて、ソニーや中国ファーウェイなども有機ELを採用。今回のシャープの新製品もその一環にあると言える。

 シャープは昨年、ハイエンドスマホのブランドを「AQUOS R」シリーズに統一したが、今回発表した有機ELディスプレー搭載モデルは別ブランドの「AQUOS zero」としている。Zeroという名前には、これまで液晶でスマホを開発してきたシャープとしてはゼロベースでスマホを再構築する意味を込めたという。

 今回シャープが開催したAQUOS zeroの製品発表会で強調したのは、画質と軽さ、そして国内生産だった。

 まず画質については、有機ELが液晶よりも広い色域を表示できる特性を生かすために色調機能を大きく改善。「液晶では見られない濃い緑色や深い青色が表現できるようになった」(シャープ通信事業本部パーソナル通信事業部事業部長の小林繁氏)という。また、有機ELを使用することで、驚異的な軽さを実現したことを強調した。

 ハイエンドスマホは大型化に向かう傾向にあり、複数カメラの搭載などスペックが上がり部品点数が増えて重量が増大している。AQUOS zeroでは、有機ELで薄型化かつ部品点数を削減したことに加え、軽量で高い剛性の筐体を採用することで、6.2型の大型スマホでありながら軽量化を実現している。

 そして、有機ELパネルは自社生産で、国産初の有機ELディスプレー採用スマホをうたう。一昨年から開始した投資の通りに、駆動用TFT基板を製造する前工程は三重事業所、有機ELの蒸着やパネル封止を行う後工程は堺事業所が担う。そしてスマホ全体の組み立ては鴻海の工場で行う。

 「有機ELについては16年9月に投資を判断し、順調に開発を進めてきた。液晶の技術も応用し、商品化できるレベルに到達した」とシャープ通信事業本部本部長の中野吉朗氏は胸を張る。

シャープの問題は技術ではなくマネジメントだった

 日本企業について「技術は強いがマネジメントが弱い」とは近年よく言われることだが、今回の有機EL立ち上げまでのスピードを見ると、シャープのこれまでの問題がマネジメントにあったことが改めて露わになった格好だ。

 ただし、現状の製造の歩留まりや生産能力は明らかにしていない。あくまで実製品を製造できる状況にあることを強調するにとどめている。また、スマホの販売自体も18年冬モデルとして年内の発表を予定していること以外、販売キャリアや販売価格を明らかにしていない。現時点では、技術をアピールするほうに重きが置かれている印象を受ける。

 生産能力や販売台数の観点からもすぐに有機ELが液晶に取って代わることはなく、シャープとしては既存の液晶をベースに事業を展開する方針。20年にAndroidスマホでの国内シェア40%獲得する目標を掲げており、液晶搭載スマホもさらに強化していく。

シャープの有機ELの動向にアップルも注視

 実は今回のシャープの有機ELディスプレー搭載スマホの発表を最も喜んでいるのはアップルだろう。

 アップルが昨年発売したiPhone Xは売り上げが伸びていない。これを受けて、有機ELディスプレーの可能性を疑問視する声も出ている。また、有機ELパネルを提供するサムスンも有機ELの投資計画を見直す事態となっている。

 iPhone Xの売れ行きが伸び悩む最大の原因は10万円を超える端末価格にある。そして今年発売のiPhone XS MaxとiPhone XSの端末価格も同様に10万円を超えており、購入をためらうユーザーは少なくない。ここまで高価な理由の一つはサムスンが提供する有機ELパネルの価格が高いこと。現状ではサムスンしか提供できない状況であるため、パネルの価格が下がらず、それが製品価格に響いている。アップルにとっては、セカンドサプライヤーが登場すれば、競争により調達価格を引き下げることができるため、シャープの存在は無視できないはずだ。

 シャープとしても、今回のAQUOS zeroの製品化に次は、当然ながら有機ELパネルの外販も視野に入ってくる。戴社長は昨年の上場会見で有機ELの展開を問われた際に「規模でサムスンと伍していくつもりはない」と語っている。しかしAQUOS zeroが順調に立ち上がり、販売台数が伸び、パネルの生産能力を増強する事態となれば、アップルから要求が出てくる可能性がある。

 有機ELがシャープの次の飛躍のきっかけになるかもしれない。

 

【シャープ】関連記事一覧はこちら

【マネジメント】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る