マネジメント

大統領の仕事は、世界のリーダーとして国民の安全を確保し、国を繁栄させる仕事である。経営者の仕事も、社会のリーダーとして、お客様にお応えし、会社を繁栄させる仕事だ。そのスケールこそ違っても、厳しい環境に置かれたなかでリーダーシップを発揮しなければならない職性の本質に違いはない。本連載では、ドラッカーが記した「大統領のための六つのルール」から、企業経営者にとっても参考になるリーダーシップの「本質」に迫る。

ドラッカーのルールとレーガン大統領の政策

失業率を大幅に下げることに成功したレーガン大統領

 本連載の第1回目は、ドラッカーが語った「マネジメント上の6つのルール」の中の、第一のルール「何を行わなければならないかを問え」というテーマでお伝えした。第2回目となる今回は、「第二のルール 集中せよ、二兎を追うなかれ」というテーマでお話しさせて頂く。 

 ドラッカーは、アメリカ合衆国の大統領、第32代フランクリン・ルーズベルト、第36代リンドン・ジョンソン大統領、第40代ロナルド・レーガン大統領の仕事ぶりを通じて、最も重要な仕事は何かを考え抜き、最も重要な仕事に力を注ぐことの重要性を示唆している。

 その記録に一番新しい第40代ロナルド・レーガン大統領の仕事ぶりをここでは紹介したい。

 レーガン大統領は、よく知られているとおり、若いころには俳優として活躍し、カリフォルニア州の知事を経て大統領になった人物だ。アメリカの世界における存在感は1970年代以降、次第に低下し、19880年代に入ってもその流れは止まらなかった。レーガンが大統領に就任した1980年代は、戦後のアメリカにとって、最低のパフォーマンスを示した時期だったといえる。

 この流れを食い止めたのが、レーガン大統領だった。彼の経済政策は成功し、その後、レーガノミクスと呼ばれるようになった。当時は、何の成果もあげられなかったと酷評されることもあったが、実際は、彼が大統領に就任した1981年の失業率は7.6%で、一旦は9.7%まで落ち込んだんが、その後、1989年には5.3%まで回復させた。

雇用対策に集中したレーガン大統領

 当時、レーガンは、多くの課題に直面していた。具体的には、外交問題、冷戦の終結、人種問題、エイズ対策、経済問題、失業率の低下等、優先順位の付けようない重要なものばかりであった。

 たとえ、どんなに力ある人物であっても、その力は限られている。あらゆることを直接自分が手掛けてしまえば、力が分散してしまうことは如何ともしがたい、結果として、どの仕事も中途半端なものになってしまい、それがそのまま結果として現れる。

 そこでレーガンは、重要課題の中でも雇用を増やす政策に全力をあげた。とにもかくにも雇用を増やすことに集中したのだ。その結果、レーガン大統領は、アメリカ史上最高の雇用拡大の基礎をつくることに成功した。

 彼が大きな成果をあげることができたのは、あれもこれも手を出さずに、最重要課題を絞り、重要な一つのことに集中したからだ。

 このことは企業経営者にとっても大いに参考になる。政治と経済では分野は異なれど、経営者もリーダーシップを取る重要性という点では同じ種類の仕事と言える。

 また、すべてを自分でこなす職人ではなく、組織をマネジメントして事業を進めるという点では、経営者の仕事も大統領と同じ性格の職種と言えなくもない。経営者としてのあり方に関して、大統領の仕事ぶりから学べることは数多くあると考えられる。

 

大統領と同じく経営者も重要な仕事に集中しなければならない

 

 私は、上場企業に経営チームのコンサルティングを行っている仕事柄、経営者がどれほど多くの課題に直面しているか理解しているつもりである。知らないことを知るために得る情報量、自分が発信できる情報量、自分が受け取れる情報量、そして、その情報の速さもどんどん上がり、追っかけてくる仕事量は、自分一人でこなせる仕事量をはるかに超えている。

 これでは経営者は体がいくつあっても足りない。体はもちろんのこと、頭がいくつあっても足りない。そんな多忙は経営者にお会いするたびに、「どうかご自愛ください」と心の中で言わずにはいられなくなる。

 経営者は日々、将来の会社の先行きを構想しつつ、現在の事業をどう進化させていくか。新しい事業をどう起こしていくか。現在のお客様にどうお応えし、新しいお客様をどう開拓するか、いかにして優秀な人材を採用するか、どのように人材を育成していくか、といった多元的な課題と戦っている。

 それらの課題に、A、B、Cといった優先順位をつけようとしても、すべてが最優先事項のAになってしまう。しかし、あらゆることを同時に進めることはできない。前述したとおり、成果をあげるために、あれもこれも手を出してはいけない。二兎を追えば一兎も捕まえられないからだ。経営者は成果をあげるために、本当に重要な仕事に集中しなければならないのだ。

 

ドラッカーが説く「集中」の意味とは

 

 一方、集中という言葉を聞くと、「力を入れる製品・サービスを一つに絞ること」という間違った認識が広まっているように思える。たしかに、予算も、従業員の数も、時間も限られているので、「何に力を入れればいいのか」をはっきりさせなければ、成果をあげることはできない。だが、集中とは「力を入れる製品・サービスを一つに絞ること」ではなく、「何を軸に事業を運営するかをはっきりさせる」ということである。

 米国の証券会社エドワードジョーンズは「口座残高500万円以下の顧客」を中心に事業を運営し、アスクルは「オフィスに必要なものは全てあるという商品ラインナップ」を中心に事業を運営し、ドミノピザは「30分以内に商品をお届けすること」を中心に事業を運営し、QBハウスは「10分でカットこと」を中心に事業を運営し、ダイソンは「洗練されたデザイン」を中心に事業を運営している。

 わが社は○○を中心に事業を運営する。

 御社の場合、○○にどんな言葉が入るだろうか。

 これが、「集中せよ、二兎を追うなかれ」、である。

 

(やました・じゅんいちろう)東京都出身。ドラッカー専門のマネジメントコンサルタント。トップマネジメント株式会社代表取締役。外資系コンサルタント会社勤務時から企業向けにドラッカー理論を実践する支援を行う。中小企業、上場企業の役員を経て経営チームコンサルティングファームのトップマネジメント株式会社を設立。現在、上場企業向けにドラッカー理論を導入した役員研修、管理職研修などを手掛けている。著書に『日本に来たドラッカー 初来日編』(同友館)『新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』(同友館)『ドラッカー 5つの質問』(あさ出版)などがある。

山下淳一郎氏の過去記事はこちら

 

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る