マネジメント

2018年3月に創業100年を迎えたパナソニック。記念すべき年を好業績で飾りたいところだったが、中間決算は減益となった。一方、よく比較されるソニーは、過去最高益を記録。利益率はパナソニックの2倍以上を誇る。なぜここまで両社の差は開いてしまったのか。文=関 慎夫

 

テスラ車大増産で車載用電池の投資が収穫期に入るパナソニック

 

 8万3500台――これは2018年7―9月の3カ月間における電気自動車(EV)メーカー、テスラの販売台数だ。注目すべきはその伸び方で、4―6月の4万740台から倍増した。これは主力車種である「モデル3」が量産体制に入ったことを意味している。

 半年前まで、テスラの前途には暗雲が立ち込めていた。テスラ3に搭載するリチウムイオン電池ユニットの製造がボトルネックとなり、生産台数を増やすことができなかったためだ。

 モデル3は16年7月に発売を開始したが、その時点で予約が50万台を超えるほどの人気を集めた。しかし製造が軌道に乗らず、この間、赤字を垂れ流し続けた。そのためテスラは資金ショートするとの観測さえ流れていた。

 ところが6月最終週に当面の目標としていた週5千台をクリアし、量産体制に入ったことで販売台数も急増。CEOのイーロン・マスク氏がテスラの上場廃止を示唆して市場に反発されるなどの混乱もあったが、モデル3の製造・販売は好調で、19年にテスラは黒字化する可能性が高い。テスラは中国での製造を検討するなど、さらなる拡大を目指しており、自動車市場そのものを席巻する勢いだ。

 ガソリンで動くクルマの最重要部品はエンジンだが、EVの場合はモーターでなくバッテリーで、それによって性能が左右される。そしてテスラ車のバッテリーを一手に引き受けているのがパナソニックだ。

 とりわけモデル3のバッテリーに関しては、テスラと合弁で巨大バッテリー工場、メガファクトリーをつくり、納品している。その投資額は約6千億円で、そのうちパナソニックの負担は1500億~2千億円といわれる。これまではその負担がのしかかり、パナソニックの収益を圧迫していたが、モデル3の量産により、いよいよ収穫期に突入した。

 

営業利益率が思うように伸びないパナソニックの誤算

 

津賀一宏・パナソニック社長

 

 10月末に発表した中間決算からもそのことは明らかで、車載電池を担当するエナジー部門の売上高は前年比33%増と大きく伸びた。営業損益こそ立ち上げ費用がかさんだため73億円の赤字だったが、通期では、売上高7880億円(前年同期比40%増)、営業利益221億円(同100%増)を見込んでいる。

 津賀一宏・パナソニック社長は、この2年間、会見を開くたびに決まってテスラの現状を聞かれていただけに、「テスラとはようやく歩調が合いつつある」と胸をなでおろす。あとは果実を刈り取るばかりである。

 テスラ向けバッテリーの寄与を当て込んで、パナソニックは通期の決算を、売上高が前期比4.0%増の8兆3千億円、営業利益は同11.7%増の4250億円と見込む。中間決算では営業損益が前年比1%減だったことを考えると、業績は下期に大きく改善すると予測している。

 問題は、テスラ向けバッテリーが利益を上げるようになっても、営業利益率が4.9%と思ったように上がってこないことだ。

 

決算で比較するかつてのライバル、ソニーとパナソニックの違い

 

 これは、ソニーの決算と比較するとよく分かる。

 ソニーの中間決算は、売上高が前年比6%増の4兆1364億円、営業利益は同20%増の4345億円となった。通期では売上高8兆7千億円、営業利益8700億円と最高益も見込む。その利益率は10%とパナソニックよりはるかに高い。

 パナソニックとソニー、昔はテレビやビデオなどで覇権を争ったこともあり、よくライバル視されたが、今ではパナソニックがB2Bへとシフトしたこともあって、事業領域が大きく異なる会社になった。

 それでも、日本を代表するエレクトロニクスメーカーであり、リーマンショック後の経営危機を乗り越えてきた会社同士である。それなのに、なぜこれほどまでに利益率が違ってしまったのか。

 ソニーの収益を支えるのは、ゲーム&ネットワーク分野と半導体分野。中間決算における前者の利益率は17%、後者は16.8%と、ともに高い水準を記録した。

 ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」は発売から5年がすぎた。通常、これだけの時間が経過すると、ハード、ソフトともに販売に陰りがみられるものだが、PS4のソフト販売は拡大しており、ハードも予測よりも売れている。そのため、前世代機に比べ値下げ額も小さくすんでおり、それも収益に直結する。

 さらには、有料会員制サービス「プレイステーションプラス」の会員も前期末で3400万人を超えた。そこからの収入も収益に貢献した。

 

収益の柱を育てたソニー、一方のパナソニックは?

 

 ソニーは12年に平井一夫社長(現会長)が就任して以降、継続的に利益を上げるリカーリングビジネスに力を注いできた。それが実ったことになる。

 さらに半導体は、イメージセンサー需要が高まったことで、収益を押し上げた。イメージセンサーはソニーが1970年代にビデオカメラを発売して以来、高い競争力を持ち続けている部品だ。それが、スマホ需要を取り込み、さらには自動車の自動運転用センサーとしてのニーズが後押しした。

 ゲームにしてもイメージセンサーにしても、ソニーが収益の柱として時間をかけて育ててきたものだ。それが今、果実を結んでいる。

 一方のパナソニック。同社にはアプライアンス(AP、家電)、エコソリューションズ(ES、住宅・照明等)、コネクティッドソリューションズ(CNS、B2B)、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS、自動車用部品等)の4つの事業領域があるが、利益率はAP4.4%、ES2.4%、CNS9.4%、AIS2.0%と、CNS以外は極めて低い。

 CNSにしても売り上げ構成比は12.5%と4事業領域の中でもっとも小さいため、いくら利益率が高くても収益貢献度は小さい。

 

パナソニックとソニーの差を生んだ「稼ぐ事業」の有無

 

 つまり今のパナソニックには、稼ぐ事業が見当たらない。これがソニーとの格差につながっている。

 津賀社長が就任したのは、ソニーの平井氏と同じ12年。ソニーはパソコン事業から撤退し、テレビを別会社化した。パナソニックも、プラズマディスプレーやスマートフォンから撤退するなど構造改革を行ってきた。

 にもかかわらず、結果を出せたソニーに比べパナソニックはいまだ道半ばだ。従来から強い分野に力を入れたソニーに対し、パナソニックは家電からB2Bに切り替えるなど、新しい事業領域をつくってきた。それがこの差になって表れた。

 問題は、パナソニックの事業が、高収益を稼ぐまで開花するかどうか。

 車載用電池はそのひとつだろう。恐らくこの分野は、テスラのモデル3の生産が軌道に乗ったこともあり、今後しばらくは収益を上げ続けるはずだ。しかしここにきて中国メーカーが猛烈な追い上げを見せている。

 車載用電池は大きな設備投資を伴う装置産業。つまりかつて日本メーカーが圧倒的シェアを誇ったDRAMや液晶と同類だ。当面はEV市場が拡大するため需要はあるが、EVブームが一段落したあと、どうなるかは予断を許さない。

 

パナソニックは次の100年を何で稼ぐのか

 

 津賀社長も「車載電池だけをつくっていればいいとは思っていない」と本音を語る。津賀社長はパナソニックを「くらしアップデート業」だと定義する。「人々の多様な価値観に合わせられる製品・サービスを提供し、暮らしをアップデートする会社」を目指すというのである。

 この言葉からは、B2BもB2Cも関係なく、暮らしに役立つことならジャンルを問わないという意味だ。裏を返せば、「この商品・サービスで稼ぐ」というものがいまだ定まっていないとも受け取れる。

 事実、津賀社長は「何が当たるかは分からない。だからいろんな水面下の活動を、他社以上にやっていく必要がある」とも語っている。

 創業から101年目を迎えたパナソニック。最初の100年間は家電で企業を成長させてきた。これからの100年は何で稼ぐのか。今はまだ答えが見えない。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る