テクノロジー

アイリスオーヤマ(大山晃弘社長)は、7月から顧客の問い合わせ対応にエーアイスクエア(石田正樹代表取締役)のAI自動応答システム「QuickQA(R)」を導入。ホームページの専用フォームで活用して以降、顧客からの評判も良く、他の社内業務の改善にも利用できる可能性が見えてきたという。

QuickQA (R)とQuickSummary (R)

大山繁生・アイリスオーヤマ専務取締役(左)と石田正樹・エーアイスクエア代表取締役

 

 生活用品の製造卸で業績を伸ばしてきたアイリスオーヤマは2009年に家電事業に進出して以来、現在では家電事業の売上高が全体の約5割を占めるようになった。それに合わせて顧客からの問い合わせも急増、全国数カ所にあるコールセンターのオペレーターは休むことなく電話の応対に追われていた。家電製品の使い方など問い合わせ内容は多岐に渡り、オペレーターの習熟度を上げる研修や人材の確保など、同社にとっては長年の課題だったという。そんな時に出合ったのが、エーアイスクエアの「QuickQA」だった。

 大山繁生・アイリスオーヤマ専務取締役は次のように言う。

 「家電部門は近年、対前年比2ケタの成長を続けているのですが、それに比例してお客さまからの問い合わせも急増しています。本来ならオペレーターも同様に増やさないといけないのでしょうが、現実的ではありません。当社は年間1千点以上の新商品を販売しているので、その教育の負担も大きかったのです。でも、お客さまからの問い合わせをコントロールすることはできないので、ここが長年のジレンマでした」

 エーアイスクエアの「QuickQA」は、機械学習をベースとしたアルゴリズムから適切な回答を導くもの。運用の変更や新領域への拡大に対しても、ユーザーが管理ツールから簡単に学習データの洗替が可能で、プログラミングによるシステム改修は不要だ。

 FAQシステムやチャットボットとして活用されるほか、電話対応するオペレーターの応対支援にも役立つ仕組みとなっている。ポイントは顧客の生の声からQAを構築するので実効性が高く、得られたデータを社内の商品開発やマーケティングなどでも利用できることだ。

 また、要約エンジン「QuickSummary」は、文章全体の中から重要度を見極めてキーワードを自動的に抽出したり、要約(サマリー)することが可能。例えばコールセンターでは、オペレーターの通話内容を音声認識でテキスト化し、その中からキーワードを抽出してカテゴリー別に自動分類したり、顧客への回答結果を要約してCRMに登録したりすることができる。これまで数多くのチャットボットを開発してきた石田正樹代表は次のように語る。

 「お客さまとの会話内容から自動的に最適な回答をオペレーターさんに伝えるものです。新人でもベテランと同じような回答ができます。ただ、聞き方にはコツがあって、グーグル検索のように『単語・スペース・単語』では意味が通りにくく、普通に『てにをは』を付けて会話してくれた方がいいですね。当社の技術は自然文を解析するので、普通に会話してもらった方が回答率は上がります。アイリスオーヤマさんに何回も足を運び、このようなやり方でQ&Aを作るようアドバイスした結果、いい成果が表われました。今では当社より上手に使っていただけていると思います」

AIの利活用で先鞭をつけるアイリスオーヤマの戦略

AI導入を決めた社内プレゼンは大反響だった(写真は毎週月曜日に開催しているアイリスオーヤマのプレゼンテーション会議)

 

 新システムはLEDシーリングライトで試験導入し、数カ月の精度検証を経て、利用可能と判断、今では全家電製品に対応している。

 「試験導入が始まってからレポートを見ていると当初は『既に知っていること、邪魔』と受け止めていたベテランのオペレーターも、今では『なくては困る』に変わりました。オペレーター自身の負担も軽減され、お客さまにとっても便利です。コールセンターへの電話はつながる時間帯が決まっていますが、ホームページは休日、深夜でも絶対につながります。現在ではホームページからの問い合わせが全体の35%まで増えています」(大山専務)

 アイリスオーヤマでは毎年、オープンイノベーションと称し、部署横断で新たなビジネスチャンスの発掘につながるアイデアを共有しているが、コミュニケーションセンター(コールセンター)でのAI導入に関するプレゼンは、大反響だったという。

 「コミュニケーションセンターで始まったAI活用ですが、議論を通じていろいろなところで使えることが分かりました。まずは社内の問い合わせで、多くは商品情報です。データベースがあるのに電話を使うと2人が無駄な時間を費やしてしまいます。また失敗事例の共有です。資料として残していますが、どこにあるか分からないので同じ失敗を繰り返してしまうことがあります。失敗は財産です、このような宝の持ち腐れをなくせば商品開発の生産性は相当上がると思います」(大山専務)

 この指摘について石田代表は「当社の技術を使えば簡単に作ることができます。当社が提供しているのはエンジン部分だけで、後はアイリスオーヤマさんの人たちが使い勝手のいいように作っているのです。コミュニケーションセンターだけでもまだまだ省力化の余地はあると思いますが、マーケティングデータを取れる仕組みなど、いろいろな展開も可能です」と言う。

 アイリスオーヤマは22年12月期にグループ売上高を1兆円(17年12月期は4200億円)にする目標を掲げている。大山専務は「厳しい競争の中で勝ち残るには、いいものは先鞭を付けてやる、このスピード感が大事です。後からくっついていけば失敗は少ないかもしれませんが、普通の会社で終わってしまいます」と語る。同社にとってAIは次世代の成長に必要な重要なツールの1つになっている。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る