テクノロジー

山岳遭難救助のための会員制サービス「COCOHELI(ココヘリ)」で、「金の卵発掘プロジェクト2016」のグランプリを獲得したオーセンティックジャパンの久我一総社長。人命救助に情熱を燃やす同氏のその後を追った。

久我一総・オーセンティックジャパン社長プロフィール

くが・かずふさ 1978年生まれ、福岡県出身。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業後、2002年パナソニックシステムネットワークス入社。SCM部門の責任者として英国子会社へ出向。10年に帰国後、商品企画部門へ異動。北米向け無線機器を担当。12年に同社を退職し、起業。現在に至る。

ココヘリへの認知度が高まり会員数が増加

 ココヘリは、正確な位置情報の把握と広範囲な捜索が可能な機器「HITOCOCO(ヒトココ)」を会員の登山者に貸し出し、遭難したときは捜索ヘリが出動するサービス。山岳遭難救助の現場で、いち早く対象者を発見することを目的としたものだ。

 ヒトココは電波の受信範囲が16キロメートルと広範囲に及び(以前は2~3キロメートルだったが最近になって性能が向上)、親機の重量がわずか70グラム、子機はわずか20グラムと非常に軽量で、電池はそれぞれ6カ月、3カ月持つといった特徴を持つ。ココヘリサービスは開始からまだ2年余りだが、現在は登山愛好家の間で認知度が高まり、当初1千人程度だった会員数も約2万人に増加した。

 イザという時の備えをしておくのは、登山者本人だけでなくその家族にとっても大切なことだ。山岳遭難救助は、行方不明になってから72時間が生存の壁と言われるため、どれだけ迅速に発見できるかが鍵となる。

不幸にして生存がかなわなかったとしても、遭難者が行方不明のまま捜索が長引くのは、精神面でも費用面でも残された人々の負担が大きい。遭難者を一刻も早く発見することこそが、ココヘリのミッションとなる。

 2018年に、実際にココヘリが出動したケースは5件あり、うち2件で山岳遭難者が無事救助された。3件は残念ながら捜索対象者の死亡が確認されたが、いずれも滑落事故などで即死したケースだ。遭難者の迅速な発見に、ココヘリが大きく貢献できることが証明されている。

ココヘリの市場はまだ開拓の余地あり

 実際に起きたケースを1つ紹介すると、日中の下山予定時刻を大幅に過ぎた登山者の家族から、その日の夕方に連絡が入ったため、登山者が持っている子機のIDや血液型といった情報を警察と共有。当初は警察のヘリがリードする予定だったが、天候が悪化したため別の場所に待機していたココヘリが先に出動することになった。翌日の午前中には対象者の位置を特定し、警察に連絡して発見された。

 「残念ながら発見されたときには既に亡くなられていましたが、通常は人が入り込まないような場所だったので、本来なら迷宮入りしているケースだったと警察の方には言われました」と久我氏は語る。

 出動が増えて新たに分かったこともあるという。

 当初、久我氏はドローンを使って遭難者を探す構想を抱いていたが、より広範囲の探索ができるヘリが使える手はずがついたため、ココヘリのサービスを開始した。

 だが、悪天候でココヘリが飛ばせなかった際に、地上の捜索部隊が遭難者を無事発見するというケースも発生した。このため、ヘリで視界が確保できなかった際に、セカンドオプションとしてドローンを使えるようにする準備も進めている。

 「実践を重ねることで、本当に効果が高いサービスだとユーザーも実感できると思います。登山人口は全国で600万人もいるので、まだまだ開拓の余地があります」と話す。

ココヘリは海の領域にも進出、将来は災害救助も

 会員数の目標は21年までに15万人、その先は株式公開の準備も進めていきたいという久我氏。機器の性能向上や、実例を通じて証明されたサービスの信頼性などによって、冒頭紹介した通り会員数は順調な伸びを示している。

 登山グッズの一流ブランドも安全登山の啓もう活動の一環として、ポイントに応じてココヘリ会員に商品を低価格で提供するなど、周囲からの評価も高まっている。恐らく、山岳遭難救助の分野に関してはこのまま着実に拡大していくものと思われる。

 一方、この冬からはマリンスポーツにおける事故や漁師などを対象に、海上における捜索にも参入する予定だ。

 「マリンスポーツの事故もなかなか多くて、山岳遭難と同じくらいの件数が発生しているんです。今後、小型船舶操縦時のライフジャケット着用が義務化されるので、ライフジャケットにヒトココを装着してもらう形を考えています」

 そして、将来の大きな目標として視野に入れているのが、災害救助現場での活用だ。

 近年は特に、地震、台風、水害とあらゆる自然災害に見舞われることが増えた日本。被災者だけでなく、捜索に当たる自衛官や警察官、さらにその家族にとっても、行方不明者の居場所をすぐに把握できるヒトココは必ず役に立つはずとの思いを久我氏は強く抱く。

 「土砂に人が埋まってしまっても、土の中からの電波を受信できるので場所を特定することができます。何より、機器を持っていればその場所に居るのか居ないのかということがすぐに分かるので、何も手が尽くせないということがないんです」

 ヒトココは山岳遭難や自然災害といった非日常的な場面だけでなく、日常生活においても加入していれば安心材料になる。例えば、小さな子どもがいる家庭などで、人混みの中で迷子なってしまった際の備えとして持っておくこともできるだろう。こうした需要にこたえるために、「COCOKIDS(ココキッズ)」というプランも月額980円で提供している。

 「人を探す」ことに特化した一風変わったベンチャーが、さまざまな分野に活躍の場を広げている。

 

【金の卵発掘プロジェクト】記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る