政治・経済

大阪万博開催決定に後押しを受ける関西経済

 

ピカチュウ、キティも 大阪万博誘致を手助け

 2018年11月23日深夜、パリから朗報がもたらされた。この日、開かれたBIE(博覧会国際事務局)総会で、25年の万国博覧会に開催地が大阪に決定したのだ。

 立候補していたのは、大阪以外にアゼルバイジャンのバクー、ロシアのエカテリンブルクの計3都市。中でもロシアでは過去に万博を開催したことがないこともあり、大阪と熾烈なデッドヒートを続けていた。

 第1回の投票では、1位大阪85票、2位エカテリンブルク48票、3位バクー23票となり、予想どおり大阪とエカテリンブルクの決戦投票となり、92対61で大阪に凱歌が上がった。

 思った以上の大差がついた理由について「ピカチュウとハローキティのおかげ」と言うのは、ある大阪の企業経営者。日本を代表するキャラクターであるピカチュウとキティは、大阪万博誘致の特使に任命されていた。

 誘致のポスターにも両特使が登場したほか、現地で配布した資料のパッケージにも特使の姿が印刷されていた。そのため、ほとんどの人がこの資料を受け取ったという。それが功を奏したのではないかというのである。

 この特使の頑張りもあり見事万博開催を勝ち取った。

 総会会場には世耕弘成・経産相や松井一郎・大阪府知事、誘致委員会会長の榊原定征・前経団連会長、松本正義・関経連会長が駆け付けていたが、誘致が決定した瞬間、抱き合って喜びを爆発させた。

 また大阪市の中之島センタービルに設置された中継会場では、松下正幸・関経連副会長(パナソニック副会長)らがくす玉を割って、祝福した。

大阪万博の場所は夢洲、入場者は2800万人に

 大阪万博の場所は大阪港の埋立地、夢洲で、25年5月3日から11月3日までの185日間にわたって開催される。この間の入場者は2800万人と想定されている。

 テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。サブテーマに「多様で心身ともに健康な生き方」「持続可能な社会・経済システム」とあるように、人口問題や環境問題、資源問題、先進国における高齢社会の進行など、世界が抱える課題を解決する万博となるはずだ。

 単なる展示会ではなく、世界80億人がアイデアを交換し、未来社会を共創する場とすることを目指す。

 誘致委員会会長を務めた榊原氏は「AIや仮想現実(VR)など最先端技術を活用した医療・健康、スポーツや娯楽、新ビジネスを一堂に集め、世界の人々に経済・社会の未来像を示す」と言う。

 さらには「経団連会長時代、Society5.0を提唱してきた。これはIoTやAI、ビッグデータやロボットなど、最先端のデジタル技術を駆使することで、生活や社会を最適化し、効率を高め生産性を高めていくことで日本の成長力を上げていこうというもの。大阪万博はSociety5.0の実験場。その成果を世界に発信していく」とも語っている。

関西財界が総力を挙げて大阪万博を支援

 会場の夢洲は、もともと08年五輪に立候補した際、会場となるはずだった土地だ。

 そのため地下鉄用のトンネルが既にできており、開発の時間が短縮できる。一部、埋め立てが完成していない部分もあるが、誘致決定後、大阪市は140億円の予算案を可決し、インフラ整備に充てるとしている。

 今後は、国際博覧会協会を設立する必要がある。05年の愛・地球博の時は、協会会長に豊田章一郎・トヨタ自動車名誉会長が就任した。

 この万博は、資金面でもトヨタが最大限のバックアップをしており、「トヨタ万博」と呼ばれたほどだった。今度の協会会長は現段階では経団連会長の中西宏明・日立製作所会長が就任する公算が強いが、資金面では関西財界が協力してサポートしていくことになりそうだ。

 25年大阪万博には、関西経済の起爆剤としての役割も期待されている。その経済効果は2兆円ともいわれる。

 夢洲のインフラ整備やパビリオン建設、あるいはインバウンドの増加によるものだ。しかもこれを一過性に終わらせることなく、未来への投資とすることができれば、その経済効果はさらに大きくなる。

 関西にとって幸いなのは、経済を成長させる要素が、万博以外にも多数あることだ。総論で触れた「ラグビーワールドカップ2019」や21年の「ワールドマスターズゲームズ2021関西」もそうだが、他にも、さまざまな開発計画が控えている。

 

関西地区の再開発計画と経済波及効果

 

大阪万博と同じ人工島へのIR誘致に当確灯る

 その中で最大のものは、IR(統合型リゾート)の建設だ。

 IRはホテルや会議場、レストラン、ショッピングセンター、そしてカジノなどからなる複合施設。IRといえばカジノばかりに注目が集まるが、それ以上に重要なのがMICE機能だ。

 MICEとは企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を取ったもの。つまりIRで国際的イベントを開催することによって、多くの外国人を招くことが可能となる。

 ただし、財政的な事情もあり、MICEのための施設を民間で造ろうとしてもそれだけでは赤字が必至なため、名乗り出る事業者はいない。そこでカジノを併設することで、収益的裏付けを与えようというのが、IRだ。

 無論、大阪にIRが誕生することが決まったわけではない。昨年7月、国会でIR実施法が成立し、いよいよ実現に向け動き始めたが、誘致に手を挙げているのは全国で10カ所以上もある。この中から2、3カ所が選定される予定だが、中でも大阪は最有力だ。

 なぜなら大阪のIR予定地が夢洲だからだ。夢洲の開発計画は3期に分かれているが、第1期が、人工島の北側で、ここにIRが建設され、第2期が万博開催地だ。

 つまりIR候補地と万博開催地が同じ島にあるため、インフラ整備などの開発費が、それぞれ単独で開発するより大幅に削減できる。

 しかもIRは早ければ24年に開業する。そうなれば万博の客をIRに、MICEで訪れた人を万博へと相互送客できるため利便性も高い。

 さらにすぐ近くにはUSJがある。この3つが結び付くことで、大阪湾地区の魅力は非常に高くなる。こうした条件が整っているのなら、IRを認めないほうが不自然だ。大阪のIRに既に当確が付いていると言われるのはそのためだ。

IR建設で期待される経済効果

 日本ではいまだカジノに対する嫌悪感が強い。ギャンブル依存症の問題やマネーロンダリングなどの心配があるのも事実だ。

 しかしこうした問題はきちんと対策を立てることで最小限にとどめることが可能だ。

 その好例がシンガポールで、国民からは約8千円の入場料を取る(外国人は無料)ほか、家族からの通報で入場禁止にできるなどの依存症対策を行っている。その結果、シンガポールでは05年にIRが誕生してからの10年で、観光客数は2倍に、観光客の落とすお金は3倍に増えた。国際会議開催件数もIR誕生後、世界一になった。

 日本における国際会議のほとんどは東京またはその周辺で開かれている。東京以外の各地にも大型施設はあるものの、稼働率はそれほど高くない。

 しかしそれは、国際会議場が単独で運営されているためだ。IRのように会議の時間以外に楽しむ場所があれば、どうせ開くならIRで、という選択肢は当然出てくる。

 さらにはIRでの会議なら、夫人同伴で参加するケースも増えてくる。経済効果はその分大きくなる。

IR建設の最有力候補に挙げられている夢洲(イメージパース、提供:関西経済同友会)

経済効果は大阪だけでなく関西全体に波及か

 開発が進むのは夢洲だけではない。夢洲に隣接する人工島、舞洲(まいしま)は、スポーツの拠点としての整備が進んでいる。

 その中核となるのが舞洲スポーツアイランド。オリックス・バファローズに2軍本拠地球場として使用されている舞洲ベースボールスタジアムや、セレッソ大阪が練習場として使用するセレッソ大阪舞洲グラウンドがあるほか、アリーナやテニスコート、オートキャンプ場などがあり、パラグライダーも体験できる。スポーツイベントが毎週のように開かれているほか、コンサートなどにも使用されている。

 内陸部でも開発は進む。

 大阪駅の北側には16ヘクタールの大きな空き地がある。これはもともと国鉄の操車場だった場所。そのうちの3分の1は開発され(うめきた1期)、誕生した大型複合施設「グランフロント大阪」は、大阪駅周辺の人の流れを大きく変えたといわれている。

 そしてこれから始まるのが「うめきた2期」の再開発だ。開発を担当するのは三菱地所を中心とするジョイントベンチャー。このJVのメンバーの多くはうめきた1期にも参加している。

 うめきた2期では、中央部分を公園として整備するが、これは敷地全体の半分を占める広大なもの。北側にはイノベーションを目指す産学官民の交流ゾーンを設け、南側にはMICE機能を持つ都市機能集積ゾーンとなる。

 完成予定は24年。つまりこれから大阪は、25年の万博開催に向けて、さまざまなイベントや開発が行われる。

 この影響は大阪だけにとどまらず、関西全体に波及する。もちろん、これらをより有効なものにするには、「産業の基盤となる交通・物流インフラの整備・強化が不可欠。リニア中央新幹線、北陸新幹線の大阪までの早期開業やスーパー・メガリージョン構想の実現、高速道路のミッシングリンク解消のほか、関西3空港の最適活用、阪神港の活性化などを進める」(松本正義・関経連会長)ことが必要だ。

 課題は多い。しかしそれを乗り越えれば、関西の未来は明るい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る