マネジメント

 かつて、といってもそう遠くはない数年前、企業が環境問題に取り組むのは、CSR(企業の社会的責任)活動においてがメーンであった。

 ところが、プラスチックの海洋汚染や気候変動などの環境問題が、各国首脳が集まる会議のテーマになるなど、その深刻さは日を追うごとに大きくなっている。

 では、企業トップはこうした問題をどうとらえているのか、日本でもいちはやく持続可能な発展という概念を経営に取り入れた三菱ケミカルホールディングスの越智仁社長に経営にとっての環境問題について聞いた。聞き手=古賀寛明 Photo=山内信也

 

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長プロフィール

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長

(おち・ひとし)1952年、愛媛県生まれ。京都大学大学院を卒業後、77年、三菱化成工業(現三菱ケミカル)に入社。09年三菱ケミカルホールディングス取締役執行役員経営戦略室長、12年三菱レイヨン社長などを経て、15年社長に就任。

 

企業が成長する前提条件に加わった「持続可能」という思考

 

リーマンショック意識が強まった「持続可能」の概念

―― 気候変動などの環境問題が経営に影響を及ぼすように感じますか。また、そう考え始めたのはいつごろからですか。

越智 持続的な成長いわゆるサステイナブルデベロップメントを経営の方針として表明したのが2007年のことですが、表明の裏には、同じ年に社長に就任した小林喜光現会長がグループの中長期的な展望を描く上で、将来の課題について大々的に行った調査がありました。

 この調査では気候問題をはじめ、水や食料、日本企業の競争力の低下や政治、経済の多極化といった将来的なさまざまな課題が提起されていました。これらの想定される課題に対する事業による課題解決や国連で持続可能な開発の概念を打ち出したノルウェー元首相のブルントラントさんの影響などを受けて、会社の方針としてサステイナブルデベロップメントが欠かせないものとして導き出されたのです。

 それは、私たちの会社の持続性というよりも、社会全体でサステイナブルデベロップメントを行わなければならない。そういうことでした。

 18年を振り返っても洪水や台風が多く、北米では山火事が多かったですよね。まさに調査した時に懸念していた問題が顕在化していると感じています。

―― 当時、サステイナブルデベロップメントという文言は周りからどのようにとらえられましたか。

越智 当時、ある大学で講演したのですが、「そんなことよりも、もっと稼いだらいかがですか」、といった意見をもらいましたね。リーマンショックの後でしたから、サステイナブルなんて言っている暇はないでしょということです。

 ただ、われわれにとってもリーマンショックがあったからこそ、「お金は大事だが金の亡者になってはいけない」と、より強く意識するようになったわけですけどね。

「持続可能」の概念を会社の事業に落とし込む

―― こうした概念を具体的にどう事業に落とし込んでいったのですか。

越智 サステイナブルデベロップメントという概念ができたなかで、現実的にどう動くのか、それを具体化したのが、「KAITEKI経営」で、将来にわたってグループを支える事業の判断基準として、「サステナビリティ(環境・資源)」、「ヘルス(健康)」、「コンフォート(快適)」の3つを定め、08年から10年までの中期経営計画(APTSIS10)を進めました。

 また、当時はグループの構造改革の必要性がありましたから、石油化学を中心に売り上げにしてだいたい6千億円ほどの事業を整理しています。大きなものとしては鹿島に2系列あったエチレンプラントのうちの1系列を、そして旭化成と弊社で水島に1基ずつ保有していたエチレンプラントも1基停止し、残る1基を共同運営としています。

 それら構造改革の結果として、当社が排出している温暖化ガスは当時に比べれば2割ほど減っていますが、構造改革に取り組んだ理由は温暖化ガスの排出だけではなく、汎用石化の競争力低下に直面したことによる危機感でした。

 それまで好況、不況の波に翻弄されながら事業を継続してきましたが、頭打ちとなる内需、中国の過剰設備などを見据え、いち早く手をうって、付加価値の高いものを世の中に提供していく企業体を目指そうと考えたのです。

 われわれとしては全体の事業構造を変えて、さまざまな社会課題にソリューションを生み出す方向に変えていこうとしたわけです。つまり、製品やサービスによって持続可能な世界をつくることに貢献する。これを大きな目標にしたのです。

 総合化学会社は、あまりにも事業が多岐にわたりすぎて、一般の人には何をしているかよくわかってもらえません。そこで、地球、社会の持続的な発展に貢献するという一つの命題を作り、ようやく社会にソリューションを提供する会社として理解してもらえるようになったのです。

 

持続可能な発展に向け企業が取り組むべきこと

 

植物由来よりもまずは「分別」

―― 時代が変わっていまはより環境に対する要請が厳しくなっているのではないですか。

越智 15年のパリ協定を考えれば、政治の世界ではあそこまで変わってきているといえます。

 京都議定書は、米国の離脱や中国・インドが削減義務対象外であるなどEUが中心で、それ以上の地域には広がっていませんでしたが、パリ協定以降、日本政府も50年を意識して、30年には13年に比べて温室効果ガスを26%削減するという中期目標を掲げました。そういう目標が出てくるということ一つとっても、企業も何らかの対応をしなければならないということです。

 また、日本社会の課題は環境だけではありません、労働力不足や高齢化といった人の問題も出てきましたし、ここ3、4年で仕事の価値観の変化やシェアドバリューといった新たな価値観も出てきて、その変化に対応できるような企業になっていかないと、生き残っていけなくなっています。

 オランダの化学企業のDSMはカーペットの素材を製造しているのですが、資源を再生するサーキュラー・エコノミー(循環経済)を意識し、100%リサイクルが可能で、製造工程のエネルギー使用量も削減できる新たな素材を開発しました。

 日本のテクノロジーは高く、これまでサステナビリティに貢献してきたといいますが、日本も国として温室効果ガスの26%削減という目標を立てのですから、企業もそこに向けて努力しなければならない、そう思いますね。

―― 今出ましたサーキュラー・エコノミーも事業の重要なテーマとしてあげられていますが、実際に動き出していますか。

越智 まだ完全ではありません。というのもわれわれだけでサーキュラー・エコノミーを行うのは無理だからです。

 こういう問題は政治と社会、そして企業が一体となって進めなければうまくいきません。

 廃棄プラスチックの問題がそうです。日本が昔からプラスチックの分別を行い、リサイクルを進めてきたのは、そうしないとゴミを埋める場所がなくなるからです。

 ただ、このリサイクルシステムも、中国が、日本、米国、欧州などから廃プラスチックを資源として輸入していたので機能していましたが、中国が輸入を規制したことにより、改めて見直す必要が出てきました。官民の取り組みにより、選別機や洗浄設備など新たな技術を導入して、国内におけるリサイクル体制を改めて整える必要があります。

 当然、消費者の方々により細かく分別を行って頂くことも重要になります。上手くいくかどうかは人が握っています。プラスチックを食品ごみといっしょに捨てていたのでは実現は難しいですね。

必要となるリサイクルの仕組みづくり

―― 生分解性のプラスチックがストローやコップに使われていますね。

越智 タイのPTT(タイ石油公社)と共同でバイオPBSという生分解性のプラスチックを生産しており、使い捨て食器や紙コップ、食品包装材などに採用されています。

 当社のPBSの歴史は長く、例えば、畑で真ん中に穴が開いている黒いシートを見かけたことはないでしょうか。あれは虫除け防止と保温に優れているのですが生分解性なので、作物を収穫した後には、耕運機で土と一緒に耕せば、やがて分解して土に還るのです。あれが、生分解性プラスチックのスタートでした。最近では飲食店でも通常のプラスチックストローを使わない風潮になってきていますから一気に需要が増えています。

―― 普及のネックになるのは生産コストの問題ですか。

越智 コストは確かに高いですね。しかし、懸け離れているというほどではなくて、これまでと比べて3倍程度でしょう。ですからそれをどのように考えるかでしょうね。

 ストローは、飲み物自体の料金に比べれば決して高いものではないですが、コストが上がるのは確かなので、個々の企業として廃プラスチックの問題をどうとらえて使う決断をするかどうかということだと思います。

 ただ、廃プラスチックの問題は、生分解性プラスチックだけでは解決しません。基本は、不要な使用を減らし、分別、リサイクルを徹底することですので、飲食店もきちんと仕分けして回収しなければなりません。結局はわれわれ一人一人の行動の問題なのです。

―― 単純にバイオプラスチックや生分解性プラスチックに変えたイコール環境問題が解決というわけではないですね。

越智 そうですね、さらにいえば、バイオ系でつくれる範囲はまだ限られていますから、植物由来のプラスチックが求められても世の中から急に石油系がなくなることはないでしょう。石油系のプラスチックは強度があり耐熱性といった利点もあるので、バイオ系での代用はまだまだ難しい。

 しかし、海洋プラスチックの問題は解決しなければならない重要な問題です。だからこそ、将来的には石油系と、バイオ系のプラスチックをどう使うのかということを明確に決めていかなければいけません。バイオ系はバイオ系で分けてリサイクルし、サーキュラー・エコノミーのスタンダード化をきちっとしていくことが大事です。

 車や家電のリサイクル率は高いと言われています、それは仕組みづくりがしっかりしているからで、今後はそういった仕組みづくりが必要になりますね。

越智仁氏

「サーキュラー・エコノミーのスタンダード化が大事」と語る越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長

 

持続可能社会における経営の視点と企業価値の指標

 

環境負荷の軽減や省エネを数値化して評価

―― 会社の姿勢に対する株主や投資家の反応は変わってきましたか。

越智 私たちは、10年から、「時を越え、世代を超え、人と社会、そして地球の心地よさが続く状態」を「KAITEKI」と表現し、この実現を掲げていますが、まずはKAITEKIの価値を理解し、評価してもらえるようにならなければいけないと思いました。

 そこで、理解してもらうためにもKAITEKI価値の構成要素の一つであるサステナビリティを定量的に測れるものにしました。環境負荷の削減や省エネの取り組みなどを数値化して評価するのです。

 実際、CSRの格付けとして知られるダウジョーンズのサステナビリティ・インデックス(DJSI)や、日経のNICESにおいても、財務的な指標と、非財務的な指標のどちらも上がってこないと評価されません。DJSIも最初は評価が低かったのですが、6、7年かけてアジア・パシフィックからワールドメンバーに入っています。

 これらは、どれだけ改善しているのかが目に見えて分かるのです。収益という項目ももちろんありますが、同様にサステナビリティという項目もどれくらい改善されたかが数字で出るようになっているのです。温暖化ガスの排出の削減でどれくらい効果が出ているのかとか、社員のクオリティオブライフの実現がどれくらいの効果を生み出しているのかといった定量的な取り組みは、これまでの社会貢献とは基本的な考え方が違います。

 ただ、この効果を企業価値として取り組むことを投資家の方に納得してもらうには5年くらい時間がかかりました。ようやく理解されてきましたが、今度は世の中のニーズがガラッと変わってきています。

―― どういう風に変わってきましたか。

越智 今までのように「サステイナブルな社会に向かって、私たちはソリューションプロバイダーとして努力しています」というような抽象的なことではダメだということです。

 30年に向かって日本の国がどういう方向に向かっていくのかを政府も社会も示しはじめています。その中で三菱ケミカルホールディングスとして、どういった具体的な動きをするのかを考え、示さなければならなくなっているのです。

 これまでは事業の構成をこういうふうに変えて、収益率を5年でここまで改善します、で良かったものが、企業として温暖化ガスに対してどう取り組むのか、働く人の満足度をどこまで上げるのかといった社会の要求に対する回答を明確にしていかなければならなくなっています。それを21年から5カ年の中期計画では織り込もうと考え、準備に入っています。

 大きなテーマのゴールを考えていくわけですから、より戦略的にならなければいけないでしょうね。もう既に、欧州企業の中にはそういったことを進めているところもありますから、われわれもそういうフェーズに入ったということです。

企業価値は「経済性」「技術」「サステナビリティ」で決まる

―― サステナビリティと収益が同時並行している感じですか。

越智 私たちは、「経済性」と「サステナビリティ」と「テクノロジー」の3つを柱にしているのですが、この3つの柱がそれぞれ伸びないといけません。どれか一つが欠けても企業価値は向上しません。テクノロジーがなかったら事業は伸びませんし、経済性は企業としての大前提です。

 そしてサステナビリティがなければ存続が認められません。世の中もサステナビリティを維持するため、さまざまな社会課題へのソリューションを求めているので、その方向に対応していかなければこちらの事業も長続きしません。

 そういう意味で経営も長期的視点が必要になってきていますし、まさに事業活動を通じてサステナビリティに貢献するという在り方が当たり前な時代になっているといえますね。

 

【マネジメント】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る