マネジメント

主要ストラクチャーは資産買収、株式取得、合併

 異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aは、今日では一般的なものとなっています。最近でも、東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズの経営統合や、三菱UFJフィナンシャル・グループによるタイ・アユタヤ銀行の株式取得などの大型案件が目を引きます。M&Aの中でもクロスボーダー案件に焦点を合わせ、その留意点について今回と次回の2回に分けて解説したいと思います。

 M&Aの主要なストラクチャーは、資産買収、株式取得、合併の3つです。ビジネス面や法務面からの検討に加え、会計・税務上の影響についても専門家と相談の上、メリットとデメリットを比較し、案件ごとに最適な方法を選ぶことになります。

 資産買収では、対象となる資産を特定して買主が売主からその資産を購入します。買主側のメリットとしては①必要な資産のみを選択できること②原則として売主の債務を承継しないこと--が挙げられます。一方、買主側にとっては①資産ごとの移転手続きが煩雑となること②移転する契約の相手方などの第三者の同意が必要となること③事業に必要な許認可を改めて取得しなければならないこと--が、売主側にとっては、売却益に対する課税が問題になり得ることがデメリットです。資産の移転に必要な登録などの手続きの有無、許認可の取得の難易度や必要な期間などについては国ごとの検討が不可欠です。

 株式取得では、買主が対象会社の株主から対象会社の株式を直接買い取ります。メリットとしては①対象会社ごと買収するため手続きが単純なこと②第三者の同意や事業上の許認可の取得が不要な場合が多いこと(支配権の変更が生じる場合に、相手方の同意を必要とする契約があったり、当局の承認が必要となったりする場合もあります)--が挙げられます。一方、偶発債務を含むすべての債務をそのまま承継する点はデメリットです。そのため、資産買収の場合以上にデューデリジェンス(DD)が重要になります。

 合併では、買主側の会社と対象会社を1つの会社に統合することにより対象会社を買収します。日本法上、日本と外国の会社が直接合併することはできないと解されているので、買収側が対象会社と同じ国に子会社を設立し、当該子会社と対象会社を合併させることになりますが、合併の具体的な手法、認められる対価、手続きなどは国ごとに異なるため、その国の弁護士の関与が不可欠です。メリットとしては①株式取得と異なり一定の賛成があれば対象会社株式を100%取得できること②資産ごとの移転手続きが不要であること③第三者の同意や事業上の許認可を取得する必要がない場合が多いこと--が挙げられます。デメリットとしては①対象会社の株主総会の承認が必要になることが多く、特に対象会社が上場会社である場合には手続きに一定の時間が必要となること②株式取得と同様に偶発債務を含むすべての債務を承継すること--が挙げられます。特に②に関しては合併では売主である対象会社の株主は契約当事者とならず、表明保証や補償によって契約で対応できない場合が多いことから、DDでそのような債務がないかどうかを調査することが重要になります。

M&AにはFA、弁護士会計士・税理士が関与

 M&Aにはさまざまなアドバイザーや専門家が関与します。一般的には、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)、弁護士、会計士・税理士がかかわり、案件によってその他のアドバイザーが参加しますが、クロスボーダー案件ではより多くの人々が関与する傾向にあります。

 FAは戦略的なアドバイザーとして、対象企業の調査や評価、戦略の立案、交渉の支援などを行います。大手の投資銀行(金融機関)が業務の一環としてFA業務を提供している場合と、FA業務に特化したブティックファームとに大別され、業務分野や各国における強みなども参考にしながら選任します。

 弁護士は、法務アドバイザーとして、法務DD、ストラクチャーについての法的助言、各種契約のドラフトや交渉、法律上必要な届け出などを行うほか、クライアントである会社とその他のアドバイザー・専門家との間の契約をレビューすることもあります。

 会計士や税理士は、会計・税務アドバイザーとして会計・税務DD、ストラクチャーに関する会計・税務上の助言などを行います。会計制度や税制も国ごとに異なりますし、税務面での検討はしばしばストラクチャーに影響を与えます。

 その他のアドバイザーとしては、環境問題の専門家としての環境コンサルタント、人事制度の専門家としての人事コンサルタント、対象事業についての評価を行うビジネスコンサルタントなどが挙げられます。いずれも、各国の制度や実務を踏まえた検討が不可欠であり、特にクロスボーダーM&Aでは、案件ごとの事情に応じて適切なアドバイザーを選任することが重要です。また、上場会社の買収において株主をはじめとするステークホルダーに効果的なアピールをすることが必要となる場合や、外資による買収が対象国においてネガティブな反応を引き起こさないように戦略を立てる必要がある場合などには、PR会社を選任することもあります。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
この夏飲みたい日本の酒

  • ・総論 量から質へ“こだわり”が求められる時代へ
  • ・埼玉・秩父から世界一へ イチローズモルトの奇跡
  • ・家庭でも酒場でもレモンサワーが飲まれる理由
  • ・幕末からよみがえった都心の酒蔵 東京港酒造
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・伊豆で愉しむ野趣なワインと夏の富士
  • ・トップが薦めるこの夏のビール

[Special Interview]

 宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)

 「トップの器以上に会社は大きくならない」

[NEWS REPORT]

◆ヨーロッパに続け! 動き始めた日本の再エネ事業

◆東芝のPC事業を買収し8年ぶりに参入するシャープの勝算

◆日産―ルノー経営統合問題に苦慮するカルロス・ゴーン

◆大阪がエンタメで仕掛けるインバウンドと夜の経済

働きがいのある会社を総力取材

 人材育成企業20

 企業の成長戦略をクローズアップ

ページ上部へ戻る