マネジメント

経済が良くない時は、逆に良い時だ

 前回は、米国のフィラデルフィアで始まった都市再生の取り組みについて紹介した。都市の犯罪や頽廃、さらには人種格差の問題を新しいアプリ経済を通じて改善しようという試みである。この取り組みは、今注目を集めるBOP(ベース・オブ・ピラミッド)を新しいフロンティアととらえ、そこに大きなビジネスチャンスを見いだそうという動向と同じように、都市の根本問題を新たなビジネスチャンスととらえ直そうというものである。そして、打ち捨てられた都心の暗部をどのように再生するかは、アフリカでも大きな問題になっている。

 11月の初めに、建築家・隈研吾氏を南アフリカのプレトリア大学に招聘することができた。日本研究センターが進める「クール・ジャパン」プロジェクトの一環で、日本の建築力を南アに紹介しようという試みだった。驚いたことに、プレトリアにあるプレトリア大学本校、ヨハネスブルグにあるビジネススクール、そしてケープタウンのケープタウン大学で開かれた3つの講演会はすべて満員、建築学科があるプレトリア大学やケープタウン大学では300人の会場に350人のキャンセル待ちが出るほどの大盛況だった。

 なぜ、これほど隈建築が評価されるのであろうか。僕は建築が専門ではないが、その原因はミニマリズムや現地主義にあるようだった。すなわち、建物の偉容や賑々しさを誇るのではなく、現地に存在する素材や伝わる技法を利用しながら自然の中に建築を埋め込んでいくという姿勢が受けているようだった。オッペンハイマー夫人は、「禅の精神」が流れていると表現した。確かに、隈さんの建築は竹、土塀、千鳥組、茅葺き等の自然素材や地元のタイル、レンガ、石などを駆使したものが光る。仰々しく飾らない建築が、アフリカをはじめとする世界の人々を魅了しているのだ。

 プレトリア大学の講演で、ある学生が、「従来の重厚な建築と趣向が異なる挑戦的な隈建築が、どのようにして世界に受け入れられるようになったのか」という質問をした。その学生だけでなく多くの参加者が聞きたい疑問だった。

 隈さんは少し考えて、「経済が良くなかったからだ」と答えた。隈さんが自分の建築事務所をはじめたのは1986年、日本経済がバブルに突入した直後だった。その意味でラッキーなスタートだったが、バブルは91年には砕け散り建築業界にはその後20年にわたって暗雲が立ちこめることになった。そうした中で隈事務所が生き残るには、地方の小さな仕事やなるべく安い素材を使う仕事をとっていかざるを得なかったという。その試行錯誤の中で、隈さんは地域に根ざす建築、地域の素材を生かす建築、そして飾らない建築を目指していく。このやむにやまれぬ必死の模索が、21世紀になると実は世界が求めているものと一致したのだという。

 隈さんは、「経済が良くないというのは決して悪いことばかりではない。本当に大事なことを考える時間ができるからだ。何しろ、仕事がないんだから暇だった(笑)」、と会場を沸かせた。

 この話を僕は、自社の不振を日本経済の不振のせいにしてきた日本の経営者たちに聞かせたいものだと思った。経済が悪い時、仕事がない時、仕事から外された時などこそ、イノベーティブなアイデアをじっくり考えられる時なのである。多分、スティーブ・ジョブズもアップルから追放された時に、いろいろ考えていたに違いない。不遇は決して悪いことばかりではないのである。

安倍イニシアチブと都市開発

 現在アフリカでは資源をめぐる争奪戦が激しい。しかし、天然資源はあくまでもそこに住む人たちのものであり、彼らが将来にわたって成長と発展のために使っていくべきもので、植民地的な争奪は禍根を残す。

 今回アフリカにおける日本の建築力に対する人気を見て実感したのは、日本がアフリカで存在感を示し、大きな尊敬を得られる方策の1つとして、アフリカにおける都市問題や都市化への国際支援であった。南アではアパルトヘイト時代の名残としてソエト地区に代表される黒人居住地があり、その貧困と無秩序が大きな問題となっている。そのリニューアルに、隈建築のようなシンプルで現地素材を使った建築が生かされると素晴らしい成果を生むだろう。また、日本が60年代の都市集中に対応して開発したユニットバスやシステムキッチンなどの、大量生産が可能で安価で機能的なインテリアを美しい設計と組み合わせると、それこそアフリカの生活を一変するような社会貢献ができるのではないか。

 現在の安倍政権は、安倍イニシアチブと銘打ってアフリカにおける積極外交を仕掛ける予定である。5千人の留学生やエンジニアの受け入れなどは素晴らしい提案だが、同時に日本の経験を生かした人口爆発に対する解決策の提供も重要な援助だ。日本は高度経済成長の中で、深刻な公害や都市問題を抱えながら、それなりの解決策を模索してきた。いまこそ、この経験を世界と分かち合う時ではないのか。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る