文化・ライフ

「社交パーティー」という言葉は知っていても、その位置付けや文化的背景について詳しく理解している日本人は少ない。単なる「上流階級の娯楽」といったイメージも強いのではないだろうか。今回、アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン(ASFIJ)代表理事の畑中由利江氏に、社交と人道支援が密接に関連する欧州の文化と、それを日本で広めていくことの意義について聞いた。(吉田 浩)

 

畑中由利江・アミチエジャポン代表理事プロフィール

畑中由利江氏

(はたなか・ゆりえ)1970年生まれ。東京都出身。スイスのフィニッシングスクール(文学、芸術、マナー、社交術、所作など全般を教える学校)を卒業後、サロン形式で世界標準のマナーを教える「エコールド プロトコール モナコ」を南青山に設立。日本とモナコ公国の文化コーディネーターとして活躍する。2015年、国連認可の慈善団体「アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル」の日本支部代表理事に就任。著書に『美オーラ』(幻冬舎刊)、『気品の教科書』(大和出版刊)、「舞踏会に行きたくなったら」(青春出版)がある。

日本でなじみの薄い社交パーティー

 

 2019年2月、参加者約800人を集めた日本最大級のチャリティパーティーがグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)にて開催された。

 主催は、モナコ公国の人道支援組織アミチエ ソン フロンティエール インターナショナルの日本支部である一般社団法人アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン。集まった寄付金は、国連難民高等弁務官(UNHCR)を通じて世界の難民支援に充てられる。

 「モナコ公国は社交の国で、年間を通じて700以上の公式なパーティーが開催されます。そうやって日常的に開かれる華やかなパーティーの9割以上が、ファンドレイジングを目的としているんです」

 アミチエジャポン代表理事の畑中由利江氏はこう説明する。同団体が主催するチャリティ目的のガラパーティー(男女とも正装で参加する正式なパーティー)は、これで4回目となった。

 アミチエが主催するモナコ式のパーティーでは、参加費の1部に加えて、トンボラと呼ばれる豪華賞品が当たるくじ引きの収益も人道支援に回される仕組みだ。チャリティの機運は日本でも高まっているとはいえ、こうした形式のパーティーは日本ではまだ馴染みが薄い。

チャリティパーティー

アミチエジャポンが主催した日本最大級のチャリティパーティー

 

畑中由利江氏がアミチエジャポン代表に就いた経緯

 

人生を変えたアミチエ創設者との出会い

 パーティー文化が社会に根付いている欧州との違いもあるが、日本では恵まれた立場の人間が、大々的に慈善活動を行うことへの抵抗感がまだ残っているのも事実だ。

 自然災害などの際に有名人や富裕層が支援を表明すると、必ずと言っていいほど「偽善」と批判の声が上がるのを見ても分かる。苦しんでいる人々がいるのに、着飾って美味しい食事や催し物を楽しむことが不謹慎という意識も相変わらずある。人道支援を堂々と行うことに対して、多くの日本人は不慣れで不器用だ。

 畑中氏自身も、アミチエの活動に関わるまで人道支援への意識はほとんどなかったという。

 そんな同氏がチャリティに関わるようになったきっかけは、東日本大震災だった。国際マナーの教室を経営する畑中氏はモナコと日本を往復する生活を送っていたが、震災後にいったんモナコにすべての拠点を移すことになった。そこで出会ったのがアミチエ創設者のレジーヌ・ヴァルドン・ウェスト氏だった。

 レジーヌ氏は人口5千人程度しかいないモナコ人の一人で、学校教育や赤十字の仕事に携わってきた。米国の人気女優でモナコ君主と結婚した、グレース・ケリー王妃の秘書も務めたという経歴の持ち主。あるとき、ケリー王妃から「モナコから世界に発信できる慈善団体を作りたい」と相談されたのが、アミチエ設立のきっかけとなった。本部創設は1991年。レジーヌ氏は当時60代半ばで、90歳を超えた今でも活動を続けている。

 「チャリティパーティーで初めてレジーヌを見たとき、身体は凄く小さいのに舞台に立つととても大きく見えて、言葉の一つ一つに力があったんです。どんな人生を送っている人なのかすごく興味がわきました」

 と、畑中氏は当時を振り返る。

畑中由利江氏2

アミチエ創設者のレジーヌ氏に惹かれ、日本に活動を紹介するようになった畑中氏

 

社交が人道支援につながるという発想に驚き

 社交して、自分の人生を豊かにすることが社会貢献になるという発想自体が衝撃的だったという畑中氏。自分も活動に関わりたいと決意し、その後3年間チャリティパーティーに通い続けて、ようやく名前を覚えてもらうまでになった。

 アミチエをぜひ日本に紹介したいとレジーヌ氏に持ち掛けた畑中氏だったが、すぐにゴーサインが出たわけではない。その後、レジーヌ氏から朝から夕方まで「アミチエの心得」や「アミチエとは何か」について、繰り返しレクチャーされる日々が続いた。

 「すごく貴重な時間でしたね。印象的だったのは、『自分もやりたいと相談に来る人はたくさんいるけれど、モナコ元首が顧問総裁を務めている正式な会なので、アミチエをやるということはモナコを背負うということ。だから上手く行かなくても、やめることはできない』と言われたことです」

 一見華やかな社交パーティーの主催だが、相当な覚悟がなければできない活動であると畑中氏は理解することになった。

 

アミチエジャポンの今後の課題と新たな取り組み

 

日本でチャリティパーティーを行う際の課題

 「ライフスタイルが一人一人違うように、社会貢献の仕方にも新しい形があることを知ってほしくてアミチエを日本に紹介しました。私たちの活動を知ってもらうことが日本人の豊かさにつながると考えたからです。パーティーを楽しんだ先に社会貢献を意識するスタイルは日本には浸透していないので、日本人の教養を高める方法の1つとして捉えてほしいんです」

 畑中氏はこう語る。

 アミチエの活動を日本で実際に行う過程で、いくつかの気付きもあった。

 まず、会社経営とボランティア活動は全く別ものだということ。会社のように金銭報酬で成り立つ関係ではないため、参加者の心を動かすものがなければ積極的に活動してはもらえない。

 現在、アミチエジャポンの登録者は約450人。このうち、7~8割は女性で、経営者や畑中氏のスクールの生徒、会社員などもいる。この会員たちにアミチエの魅力をしっかりと伝え、参加者に心から楽しんでもらう必要性があることを感じたという。

 会場を探すのも日本では一苦労だ。欧州の公式なパーティーでは、開始前にアペリティフと呼ばれる参加者同士が交流する時間がたっぷりと設けられており、そのためのスペースも用意されている。東京都内でも、そうした慣習に適した会場は限られている。

 運営に関してもさらに工夫が必要という認識だ。例えば、有力な外資系企業がスポンサーとなっているようなパーティーの中には、一夜にして億単位の寄付金を集めるケースもある。アミチエジャポンにとっても、企業会員を増やすことが今後の課題になってくるが、それには時間が必要だ。

 「私たちはまだそこまでのパワーはないため、それならボリュームで勝負しようということで『日本最大級のチャリティパーティー』を謳ったのが今年2月の会です。来年は1千人を目標にしています」と畑中氏は言う。

アミチエジャポンのパーティー

日本での活動には課題もあるが、さらなる規模拡大を目指している

人道支援の新たな取り組みも開始

 本拠地のモナコで行うパーティーと違い、日本ではまだ手探り状態が続く。

 モナコの本部が開催するパーティーは知名度も高く、国家元首が顧問総裁という点で社会的な信頼性もある。一方、日本ではファンドレイジングパーティーに対しての社会的な認識から変えなければいけない。

 そうした中、日本における新たな試みとして、日本の青少年を対象としたスカラシップ制度も設立した。15歳から20歳までの青少年をモナコやその隣国に招待し、一流ホテルの食事や築数百年の古民家での宿泊、自然の中での乗馬体験など、普段味わうことのできない体験をしてもらうというものだ。

 「前回は大学生と高校生の3人を連れて行ったのですが、帰国してから彼らがアミチエの学生部門を立ち上げたいと申し出てくれたり、チャリティパーティーに学生の友人たちを連れてきてくれたり、想定外のことをしてくれたのが嬉しかったです。災害などに関する支援だけでなく、将来を担う人材に寄与していく方向も、同じく人道支援と言えると思います」

 人道支援の形は、社会的立場や考え方などによって違うのが当然。社交によるチャリティーが、日本でも人道支援の新たな選択肢の1つとなるよう、畑中氏らは活動を続けている。

アミチエのスカラシップ

アミチエジャポンのスカラシッププログラムは若者にとって貴重な体験となる

 

【文化・ライフ】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る