政治・経済

訪日客の増加が日本経済に好影響を与えている。なかでもドラッグストア業界は小売業界で最も恩恵を受けているといわれる。繁華街のドラッグストアが観光客でごった返すのも見慣れた光景だ。しかしその成長にも陰りが見え始めた。ドラッグストア業界の再編は進むのか。文=和田一樹 (『経済界』2019年8月号より転載

 

ドラッグストア業界再編へ第2幕が始まる

 

 業界再編の第2幕が始まった。ココカラファインは6月1日、スギHDと経営統合に向けた協議を始めると発表。両社はかねてから業界再編についての意見交換を重ねていたとみられる。

 実現すれば、売上高でイオン系のウエルシアHDを抜いて業界トップに躍り出る。売上高9千億円規模、店舗数2500店以上の巨大チェーンの誕生だ。

 ドラッグストア業界はこれまで、業界全体の好調さが影響して、コンビニや総合スーパーに比べてそれほど大規模な再編が起こらなかった。しかし、ここにきて一気に業界大型再編の機運が高まっている。

 これまでのM&Aブームを業界再編第1幕とするならば、ココカラファインを巡るスギHDとマツモトキヨシHDの争奪戦は、大手同士の再編という業界再編第2幕になる。

 これまで起きてこなかった大手同士によるココカラファイン争奪戦は、業界の成長に陰りが見えてきたことの表れだ。

 しかしココカラファインといえば、今年4月26日にマツモトキヨシHDと資本業務提携に向けた協議を行うと発表したばかり。今のところ3社で提携や経営統合にむけて協議をするということはなく、あくまでスギHDとの経営統合と、マツモトキヨシHDとの資本業務提携のどちらが自社の成長につながるか、慎重に判断し、両社からの提案をそれぞれ別の組織で検討するという。

ココカラファイン

ドラッグストア業界再編の台風の目になりそうなココカラファイン

 

現在のドラッグストア業界の勢力図は

 

 現在ドラッグストア業界で売り上げ第1位に君臨するのはウエルシアHD。2019年2月期の売上高は7791億4800万円、営業利益290億4500万円だった。

 対して渦中のココカラファインは、19年3月期の売上高が4005億5900万円、営業利益129億1500万円で業界7番手につける。

 そして同社が“連合”を模索している2社については、マツモトキヨシHDは、19年3月期の売上高が5759億9100万円、営業利益360億2800万円で業界4位。スギHDは、19年2月期の売上高が4884億6400万円、営業利益258億1700万円で5位となっている。

 仮にココカラファインがどちらの企業と提携したとしても、売上高は8千億円を超え、ドラッグストア業界で最大の企業連合誕生となる。

 これまでドラッグストア業界は、インバウンド需要の影響や、食品から日用品まで品揃えを拡充する戦略で、市場全体が順調に拡大を続けてきた。日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の推計によれば、18年度のドラッグストアの市場規模は17年度比で6.2%増の7兆2744億円。3年連続で5%以上の伸び率をみせた。

 2年前に逆転を果たした全国百貨店の18年度合計の売り上げは5兆8870億円であり、さらに突き放した格好だ。18年度売り上げ10兆9646億円のコンビニエンスストアの背中を猛烈に追いかけている。

 その好調さは店舗数にも表れる。18年度の店舗数は、17年度比で694店増え、2万228店。これは、第1回の調査が行われた00年度比で、7割増という数字だ。

 

出店競争の激化で業界の先行きに不安

 

 しかし店舗の増加は良いことばかりではない。店舗数が増えた結果、店舗間の競争が激化した。

 過去を振り返ってみると、03~10年度までの8年間で、ドラッグストア1店舗当たりの売上成長率は3.6%増だった。ところが11~18年度になるとわずか0.5%増にとどまる。業界全体でみると活況なのは間違いないが、店舗ごとにみると苦戦を強いられている状況だ。

 個別店舗の成長率鈍化を受けて、ドラッグストア各社は梃入れを行ってきた。

 業界2位のツルハHDは07年にくすりの福太郎、15年にレデイ薬局、17年に杏林堂薬局を買収。

 首位のウエルシアHDも15年にシミズ薬品、18年には一本堂、そして今年3月には金光薬品を相次ぎ買収した。

 一足早く出店競争が激化したコンビニ業界をみてみると、ファミリーマートとサークルKサンクスが16年に統合するなど、大規模な業界再編が起こっている。現在は、上位3社で業界シェア9割を占める状況だ。

 ドラッグストア業界は統合が進んだとはいえ、最大手のウエルシアHDでさえ売上高は7791億円。売上高で第10位のクスリのアオキHDは今期の売上高が2570億円になるとの見込みを発表しており、上位10位までがひしめき合っている混戦状態だ。

 

スギとマツモトキヨシがココカラファインを統合相手に選んだ理由

 

 しかし、なぜスギHDとマツモトキヨシHDはココカラファインを統合相手に選ぶのだろうか。それは現在の業態にポイントがある。

 スギHDは本社を愛知県に構え、中部地方で強く、郊外型店舗が多い。対して、関西で都市型店舗を多く展開するココカラファインは、店舗展開エリアで補完関係にあるのだ。

 一方でマツモトキヨシHDは、業態の類似性にポイントがある。マツモトキヨシもココカラファインも、化粧品やサプリメントなどヘルス&ビューティー関連商品の構成比が非常に高く、食品の売上構成比は10%程度。こうした類似性は、物流の共通化やプライベートブランドの共同開発など、統合のメリットを大きくする。

 しかし、大手同士が手を結ぶ一番の理由は、深刻な働き手の不足が原因だ。業界が成熟しつつあるなか、拡大し切った店舗網を維持するためには、薬剤師の確保や運営効率の向上は避けられない。人件費の上昇もあり、大手でさえ中長期では薬剤師などの確保が難しくなるといわれている。

 ドラッグストアのこれまでの売り上げモデルは、医薬品が全体の3割以上を占め、日用品と化粧品がそれぞれ2割程度といった比率。低価格の食品を目玉にして集客し、利益率の高い医薬品や化粧品で稼いできたのだ。しかし、薬価改定による医薬品価格の押し下げはこうした売上比率に変化をもたらす。

 実際、ドラッグストア各社は食品の販売拡大に注力している。最近は薬だけを扱う薬専業店ではなく、飲料や食品、お弁当からサンドイッチまで幅広く食品を扱うようになった。

 消費者が何を欲し、どこで買うのか。それは店舗ではなく消費者自身が決めること。近年、小売業はネットにシェアを奪われてきており、各業態がそれぞれにシェア奪回を模索中だ。

 例えばコンビニは、書店、道の駅、フィットネスジム、コインランドリー、そしてドラッグストアなど、異業種との融合により、新たな消費者ニーズの発掘をすることで顧客の拡大を図る。

 新たな動きは異業種とのコラボだけではない。ファミリーマートがドンキホーテと共同でオープンした実験店舗では、商品陳列、売り場づくり、品揃え、運営手法などにドンキのノウハウを活用したコンビニの「ディスカウントストア化」で好調な結果を出している。

 他にも、セブンイレブンは売り場面積を従来よりも拡大した店舗を増やしている。その大型店舗では、調理の手間がかからない総菜や冷凍食品、日用品を拡充させる「スーパー化」で、増加する共働き世帯や高齢世帯の顧客を取り込む狙いだ。

 スーパーマーケット各社も、土地の余裕が少ない駅前などにコンビニサイズの「ミニスーパー」を出店させ、新たな顧客の獲得に取り組む。

 

小売業界大再編の中で立ち位置を探るドラッグストア業界

 

 これまでドラッグストア業界は、24時間営業の導入や処方箋薬・化粧品など利益率の高い商品を売り場に並べることで商品販売力の強化にもつなげるなど、さまざまな施策で攻勢をかけコンビニやスーパーのシェアを奪ってきた。

 しかしここまでみたように、業態ごとの垣根は無くなりつつある。小売業界全体が大再編真っただ中なのである。

 そしてドラッグストアはその大再編の中で、立ち位置を確保しようとしている。

 高齢化が進むこの国にとって、調剤機能を有するドラッグストアは地域医療の拠点にもなり得る。潜在的なニーズは十分にある。ドラッグストア業界の大再編が、ココカラ始まる。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る