スキル・ハウツー

意思決定、行動、やる気から、集団心理に至るまで、私たちのあらゆる活動に深く関わっている「脳」。本コラムでは、最新の脳科学の見地から経営やビジネスに役立つ情報をお届けします。(写真=森モーリー鷹博)

筆者プロフィール

西剛志氏

(にし・たけゆき)脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問。1975年生まれ、宮崎県出身。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。2002年博士号取得後、知的財産研究所に入所。03年特許庁入庁。大学院非常勤講師の傍ら、遺伝子や脳内物質に関する最先端の仕事を手掛ける。現在、脳科学の知見を活かし、個人や企業向けにノウハウを提供する業務に従事。著書に『脳科学的に正しい一流の子育てQ&A』(ダイヤモンド社)がある。

 

Q:最近になって科学的知見が経営にも取り入れられていると聞きますが、ビジネスに本当に役立つのでしょうか?

 

A:脳を知ることは、ビジネスと経営そのものを知ることにつながります

 

 これまで一般に脳科学というと、脳の機能を調べる専門的なもので何だか難しいというイメージがあったり、ビジネスには馴染みが薄いという印象がある人もいらっしゃったかもしれません。

 しかし、そもそも脳というのは、私達の意思決定、行動、やる気から、集団心理にいたるまで、ビジネスが関係するあらゆる領域に影響するものになります。

 そのため、脳の仕組みを知ることができると、ビジネスや経営にも生かすことができ、これまで何となく経験や感覚でやってきたことを体系化できたり、効率化することができたりします。

 そういった意味で世界的な流れとして、近年はエビデンスをベースにしたニューロ・マーケティングがトレンドとなっており、商品開発や広告やCM作成の分野において、大きな成果を上げた実例も随分と増えてきています。

組織を動かすための法則と脳の仕組みの関係

 残念ながら日本ではまだまだ普及が進んでいませんが、欧米では『ニューロ・マネージメント』という脳科学を利用した新しい人材育成の分野も大きく発展してきています。

 例えば、世界的な企業でもあるグーグルでは、社員教育に脳科学とマインドフルネスを取り入れて、『自己認識』、『セルフコントロール』、『モチベーションのしくみ』、『共感』、『コミュニケーション』の5つの要素を鍛えるリーダーシップ・パフォーマンスを向上するプログラムを実施し、組織経営をうまく成功に導いているようです。

 現在、脳科学は世界的な潮流として、心理学、教育学、医学、経済学、経営学、スポーツ、コミュニケーション科学など幅広い分野と融合することで、これまでにない画期的な成果が続々と出てきています(私はこれを『脳科学2.0』の時代と呼んでいます)。

 私は大企業の経営者ではありませんので、現場の細かいスキルを提供できる訳ではありませんが、世界的な研究から『幸福度が高い組織はパフォーマンスが高まる』ことが分かっているため、人の幸福度を高めるしくみや、組織を動かすための法則、最新の脳のしくみについてお伝えすることで、長期的に成長できる組織づくりに少しでも貢献できるお仕事をさせていただいています。

 仮にビジネスや経営を『料理』に例えると、私が普段行なっていることは、『食材(材料)』を経営者や組織に渡していく仕事かもしれません。

 材料をもとに調理してもらうと、想像もしていない素晴らしい料理が完成することがあります。このコラムでも経営者や組織の方にそのような化学反応が起きるように、幅広い観点から最新の情報をお伝えしていきたいと思います。

ビジネスに必須とされる『大切な力』

 私は大変有難いことに仕事柄、ビジネスでうまくいく人とそうでない人を研究させていただく関係で、たくさんの経営者やビジネスマンにお会いしてきました。経営者の素晴らしい才能に触れて感動することも多々あります。 

 ビジネスでうまくいく人には面白い特徴が数多く見つかっているのですが、最近その1つとして、興味深い共通点が発見されました。

 それが『客観的に物事を見る能力(客観力)』が卓越しているという点なのです。

 例えば、一番分かりやすいのが会社が窮地に陥ったときの対応かもしれません。うまくいかない人は動揺してとんでもない対応や行動をしてしまうことがあります。

 しかし、できるビジネスマンは冷静にその出来事を見ることができるため、適切なタイミングを狙ってうまく対処したり、逆にチャンスを生かして大きな成果を得ることができるのです。

 もしかすると、自分はできていても周りの社員やスタッフができていなくて、何故いつも感情的になるんだろう?と疑問に思うこともあるかもしれません。

 しかし、これには原因があることが研究から分かっているのです。

物事を客観的に見られなくなるのはなぜか

 実は私達が冷静に物事を見れないとき、脳の中を調べて見るとある現象が発見されました。それが脳の中の『背内側前頭前野(はいないそくぜんとうぜんや)』と呼ばれる額(おでこ)の近くの部分の力が、弱まっている(OFFになっている)ことが分かったのです。

 実は冷静になれない人(感情的になる人)は、その部分がまるでロウソクの火が消えるようにフッと炎が消えて活性が弱まってしまうのです。

 その結果、物事を客観的に見ることができず、問題にどっぷりと入り込んで考えてしまいます。感情的になり状況を冷静に見ることができなくなってしまうのです。

 会社の社員や幹部の人たちでつい感情的になってしまう人がいて困っているという悩みはよく耳にしますが、そのときその人のせいというよりは、単に『背内側前頭前野』の活性が弱まっているだけなのです。

 実はこの『背内側前頭前野』を鍛えると、ビジネスでうまくいきやすくなることが数々の研究から示唆されています。先ほどのグーグルでも最終的にこの客観力などの非認知スキル(学習力だけでない目に見えない力)を向上させることで、リーダーシップや創造力に至るまで、幅広い成果を発揮しているのです。

客観視を鍛える方法

 それでは、どのようにしてこの客観視する能力を鍛えることができるのでしょうか?

 そういった方法やしくみについても、今後のコラムでも連載していければと思いますが、そのヒントとして、ある経営者の面白いお話があります。

 これは私がある業界でも有名なある経営者にインタビューしたときですが、こんなことをおっしゃっていたのです。

 『変な話ですが、大変なことが起きると、実はもう一人の自分がいて、困っている自分を違う場所から眺めているようなんです。そして、有難いことにしばらくすると、そのもう一人の自分が冷静に自分にアドバイスをしてくれるんです。それによって、何度も経営的な危機を乗り越えることができました!いつも不思議に思っているんです』

 一見すると非科学的な現象のように思えますが、実はこの現象は心理学の分野で『オーバービュー・エフェクト』とも言われている有名な現象になります(地球の外側から自分を眺めるようにその出来事を距離をもって眺めると、その出来事を客観的に見ることができるという心理的な効果になります)。

 この状態にあるとき、あらゆる角度から物事を冷静に見ることができるため、的確な行動や経営判断をしやすくなることが分かっています。実はこのとき、『背内側前頭前野』が活性化していることが強く示唆されるのです。

 そのため、物事に悩んだりどうしても人を客観的に見れないときは、社員の方にもその問題を考え続けるのではなく、一旦問題と距離をとってもらいます。

 例えば、イメージのな中で問題から離れてもらったり、気分転換のため社外に出てもらったりすることもあります。そして、十分に距離を取れてから改めて問題について考えてみるのです。

 よく海外旅行に行くと、日本で悩んでいたことが冷静に考えられるようになることがありますが、実は問題を遠くから眺めるだけで、客観的に物事を見ることができるようになるのです。

問題解決能力が高い人の特徴とは

 またこんなデータもあって、客観力があって問題解決能力が高い人達は『身振り手振りが大きい』ことも分かっています。

 問題のことを話すときジェスチャーなどで問題を手で表現することがありますが、問題をジェスチャーで表すということは、問題が自分の中でなく、自分の外側にあって客観的に見ているということを意味しています。手を使うことで、脳の体感覚野が活性化するため、脳全体が活性化してアイディアも出やすくなることが知られています。

 もし機会があれば、社員の方で問題解決能力が低い人を是非一度観察されてみてください。もしかすると、身振り手振りが小さかったり、ジェスチャーがあまりない傾向があるかもしれません(もちろん、統計的なものになりますので、たまに例外な方もいらっしゃいます)。

 いずれにしても、脳というものは私達が知らないだけで、様々な可能性を秘めている素晴らしい場所になります。脳に秘められた力をうまく使うことができると、自然とよい成果を得ることができます。

 最新の研究から私達の想像を超えた驚くべき真実も分かってきていますので、このコラムでは、最先端の脳の無限の可能性をお伝えしながら、ビジネスがより飛躍するためのヒントをお伝えできればと思っています。

 

【スキル・ハウツー】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る