テクノロジー

各社がポイント還元キャンペーン合戦を繰り広げていることで、キャッシュレス決済がにわかに注目を集めている。数あるキャッシュレス決済の中でも「QRコード決済」に話題が集中しているが、隠れた本命は2020年東京五輪の会場でも使える「タッチ決済」だ。クレジットカードなどを決済端末に「ピッ」とかざすだけで支払いが完了してしまう。文=唐島明子 (『経済界』2019年9月号より転載)

 

タッチ決済をベースに「革新的なソリューション」を提供するというVISA

 

 「私たちは東京五輪で革新的なソリューションを提供します。そのベースにあるのは『Visaのタッチ決済』です」。

 こう語るのは、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの山田昌之ディレクターだ。クレジットカードなどの支払手段を提供するVisaは、東京五輪の決済テクノロジースポンサーだ。そのため来年開催される東京五輪の会場および関連施設での支払いは、現金以外の決済手段はVisaだけとなる。

 革新的なソリューションについては現在、鋭意検討中とのことで、全貌はまだ明らかにできないそうだ。

 しかし、その核にあるタッチ決済は既に利用可能なサービスだ。

VISA

「東京五輪で革新的なソリューションを提供する」と語るビザ・ワールドワイド・ジャパンの山田昌之ディレクター

 

リオ五輪でも既に使われたタッチ決済対応デバイス

 

 Visaのタッチ決済とは、ICチップを搭載したタッチ決済対応のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを、決済端末にかざすと支払いが完了する決済手段。タッチは「触れる」の意味だが、実際には非接触型で触れる必要はない。Visaの同業他社も、JCBは「JCBコンタクトレス」、マスターカードは「Masterコンタクトレス」などの名称で同様のタッチ決済サービスを提供している。

 Visaの場合は、タッチ決済のマークがある各種カードであれば、タッチで支払い可能だ。日本国内でVisaのカードを発行している会社は、順次タッチ決済対応のカードに切り替えを進めている。

 実は過去の五輪でもVisaのタッチ決済が導入されており、会場内の店舗などで利用可能なプリペイド式のタッチ決済対応ウェアラブルデバイスが提供されていた。

 2016年のリオ五輪では、試行版としてリング型のタッチ決済デバイスが選手たちに配られ、18年のピョンチャン冬季五輪では手袋、ピンバッジ、ステッカーの3種類のタッチ決済対応デバイスが会場内で商用販売された。

 これらのデバイスを持っていれば、会場での買い物で利用できるのはもちろん、タッチ決済対応の決済端末を備えた店舗なら、会場外でも支払いに使える。

 指先に乗るほど薄くて小さなICチップさえ搭載できれば、基本的にどのようなものでもタッチ決済対応のデバイスに変身させられる。

 同社広報部は「これらを発表したときには、こんな形のもので決済できるのかという興味、関心の声が多く寄せられた」と明かす。東京五輪においても、日本ならではのタッチ決済対応デバイスの展開が期待される。

ウェアラブルデバイス手袋

ピョンチャン冬季五輪で販売されたタッチ決済対応ウェアラブルデバイスのステッカー(上)と手袋。手袋は甲にあるVISAマークのところにICチップが入っている

 

ICチップでQRより高い安全性と時短を実現

 

 日本国内では認知度が高いとはいえないクレジットカードを使ったタッチ決済だが、諸外国での対面取引に占めるその割合は非常に大きい。

 Visaのタッチ決済が利用可能な約200の国や地域のうち、最も普及している国の一つがオーストラリアだ。

 「18年はオーストラリア国内のVisaの対面取引に占めるタッチ決済の割合は90%超だった」(山田氏)。その他にもイギリス、イタリア、スペイン、カナダ、台湾、シンガポールでは、対面取引に占めるタッチ決済の割合が50%を超える。

 これらの国でタッチ決済が多用されている理由について、「機能面でいうと安全性とスピードがあります。これはかなり高い技術を使っています」と山田氏は説明する。

 安全性のポイントは、ICカードが「EMV」という国際標準の決済仕様に基づいていることにある。EMVではトランザクションごとに動的なデータを生成するため、カードを偽造してもその偽造カードでは取引できない。

 支払スピードについても、財布を開いて金額を数えながら現金を取り出したり、決済端末でカードの磁気ストライプをスキャンしたり、暗証番号を入力したり、わざわざサインしたりする手間は不要だ(高額決済は除く)。また最近話題のQRコード決済では、スマートフォンでアプリを起動しなければならないが、タッチ決済であればそうした煩わしさは一切ない。

 オーストラリアでタッチ決済が普及したのは、同国の大手スーパーマーケット2社がタッチ決済を導入し、またそれとほぼ同じタイミングでクレジットカードやデビットカードの発行会社がタッチ決済対応のカードを消費者向けに発行し始めた頃だったという。

 

消費者、店舗共にタッチ決済のすそ野が広がる

 

 前述のように、日本のVisaのカード発行会社は、タッチ決済対応のカード発行を始めており、消費者側の準備は整いつつある。

 店舗側はマクドナルドが18年3月から、ローソンが同9月からタッチ決済に対応しているほか、ツタヤ、表参道ヒルズ、イケアなどでも利用可能となっている。またイオングループのスーパー、コンビニ、ドラッグストアでも東京五輪直前の20年3月までにはタッチ決済可能な端末を導入する計画であり、ホームセンター最大手のDCMホールディングスは「2020年以降、(Visaのタッチ決済を含む)キャッシュレス決済を拡充する」と発表した。

 さらに今秋の消費増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業を利用すれば、中小規模の小売事業者は自己用負担ゼロでキャッシュレス決済端末を導入できるようになることから、タッチ決済可能な店舗のすそ野が一気に広がることが見込まれる。

 来夏に向け、着々とタッチ決済のインフラの準備が進んでいる。たくさんの観客が訪れる五輪会場で、タッチ決済を核とした革新的なソリューションが導入されれば、日本でもタッチ決済の認知度はグッと上昇し、気が付いた時には日常では欠かせない決済手段になっているだろう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る