文化・ライフ

紫外線をカットするだけで安心していませんか?

イラスト/坂木浩子

イラスト/坂木浩子

 年が明け、早くも立春。まだ寒い日もあるが、天気の良い日は陽の光が温かく感じられるようになり、本格的な春の訪れが待ち遠しくなってきた。

 この時期を境に、太陽から降り注がれる光は次第に強く、まぶしくなっていく。冬の間の運動不足を解消するため、ウオーキングやランニングなどにチャレンジする人も増えるだろうが、うっかりしていると日焼けしてしまうので、外出時には紫外線対策を忘れないようにしよう。

 さて、「光老化」という言葉をご存じだろうか? 紫外線を浴びると、光刺激によって肌の老化が促進されるということは、もはや常識的に知られている。肌だけでなく、眼においても白内障や加齢黄斑変性といった加齢性の疾患が促進されることが知られており、紫外線カットのサングラスや眼鏡を使用する人も非常に増えている。

 しかし、最近注目が集まっているのは、紫外線カットよりもむしろ、ブルーライトカットすることによる効果だろう。

 紫外線が眼に見えない光であるのに対し、ブルーライトは眼に見える光=可視光だ。長い間、眼にダメージを与える光といえば眼に見えない光だけだと考えられていたのだが、ブルーライトは眼紫外線に非常に近い高いエネルギーを持つ上、波長がとても短いため眼のフィルターやレンズの役割を果たしている角膜や水晶体で吸収されず、ストレートに網膜に到達してしまう。

 そのため、網膜の細胞老化や、成人の失明原因として増加し続けている加齢黄斑変性などの加齢性眼疾患の進行に関与しているのではないかと考えられるようになってきた。

 実際、多くの基礎研究によってブルーライトによる網膜の視細胞の変性やアポトーシス(細胞の自殺)が確認されている。

 そこで、紫外線をカットするだけでなく、眼に入るブルーライトもカットすることで、網膜の保護効果が得られるのではないかと考えられてきたのだが、わが慶応義塾大学医学部眼科学教室の研究グループは、マウスによる実験でついにそのことを証明した。昨年10月に眼科学専門誌『Clinical and Experimental Ophtalmology』にて論文を発表したので、ぜひご報告したい。

上手に付き合って若さもキープ!

 研究は、マウスを3つのグループに分け、①紫外線および青紫色光を遮断する箱②紫外線、青紫光のほか可視光であるブルーライトも遮断する箱③ほとんどの可視光が通過する箱の3種類の箱に入れて、一定時間白色蛍光灯をあてたのち、眼の網膜の状態を調べるという方法で行われた。

 その結果、①の紫外線と青紫色だけを遮断したグループは、ほとんどの可視光が通過する③の箱に入っていたグループよりは網膜の視細胞のダメージは少なく、ある程度眼の網膜が保護されていたことが分かった。

 しかし、紫外線および青紫光の遮断だけでは網膜変性を減弱するのに十分とはいえず、さらにブルーライトを遮断したほうがより網膜の保護効果があることが確認できたのだ。

 つまり、眼の健康を守るためには、紫外線だけでなくブルーライトをカットすることも重要であることが証明されたというわけだ。

 とはいえ、ブルーライトはサーカディアンリズム(概日リズム)を刻む体内時計を正常に保つために欠かせない光でもある。

 サーカディアンリズムの乱れは、睡眠障害やうつ、肥満や糖尿病、高血圧などのメタボリックシンドロームやガンのリスクを高める原因になりかねないため、朝と昼間はしっかりとブルーライトを浴び、夜はできるだけ浴びないように心掛けることが、1日24時間のサーカディアンリズムを正常に保ち、健康に生きていくための基本だ。

 問題なのは、夜もブルーライトを多く放つLED照明のもとで過ごしたり、眠る直前までパソコンやスマートフォンから放たれるブルーライトを見つめていたり、長時間じっとパソコン画面を凝視し続けることだ。これでは、サーカディアンリズムが乱れるばかりか、眼の老化を早めてしまう可能性だってある。

 ブルーライトの量をカットする眼鏡やレンズは、今後ますます注目を集めていくだろう。若さと健康はもちろん、眼の老化を防ぎ、快適な視力をいつまでも保つためにも、ぜひこれらをうまく活用していこう。

★今月のテイクホームメッセージ★

紫外線だけでなくブルーライトをカットすることで眼の老化を防ごう!

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

国際サッカー評議会が試合時間60分制に改正の動き

二宮清純のスポーツインサイドアウト

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

最高の形でシーズンを終了したBリーグにさらなる飛躍の予感

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

「ペイドライバー」と揶揄されるランス・ストロールの今後に注目

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

理想よりも現実。手段よりも結果。東北楽天・梨田監督の戦いぶり

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第59回)

マラソンでメダル獲得目指す日本に妙案なき現実

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

CEOのゴルフ

一覧へ
eyecatch_CEOgolf_new

[連載] CEOのゴルフ(第19回)

腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

[連載] CEOのゴルフ(第18回)

右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が必要

[連載] CEOのゴルフ(第17回)

直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

[連載] CEOのゴルフ(第16回)

切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界9月号
[特集]
人材恐慌 この危機をどう乗り切るか

  • ・企業が脅える人材恐慌最前線
  • ・人材不足の処方箋 働き方改革でどう変わる?
  • ・加藤勝信(働き方改革担当大臣)
  • ・神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • ・中田誠司(大和証券グループ本社社長)
  • ・若山陽一(UTグループ社長)

[Interview]

 松本正義(関西経済連合会会長)

 2025大阪万博で関西、日本は飛躍する

[NEWS REPORT]

◆第4次産業革命に走る中国、遅れる日本 松山徳之

◆格安スマホに対抗しauが値下げ これから始まるスマホ最終戦争

◆減収続くも利益率は向上 富士通・田中社長の改革は本物か

◆破綻からわずか2年 スカイマークが好調な理由

[政知巡礼]

 野田 毅(衆議院議員)

 「社会保障の安定した財源は消費税しかない」

ページ上部へ戻る