政治・経済

正式に政府の方針となった国土強靭化

 昨年秋の臨時国会において、国土強靭化基本法(正式名称は「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」という)が成立し、さらに南海トラフ地震対策特別措置法と首都直下地震対策特別措置法も無事に国会を通過した。上記、国土強靭化三法に則り、安倍晋三内閣総理大臣は2013年12月17日に国土強靭化推進本部の初会合を開き、国土強靭化政策大綱が決定された。国土強靭化は正式に「政府の方針」となったことになる。

 大綱には、国土強靭化の目標についてこう書かれている。

「いかなる災害等が発生しようとも、(1)人命の保護が最大限図られること、(2)国家及び社会の重要な機能が致命的な障害を受けず維持されること、(3)国民の財産及び公共施設に係る被害の最小化、(4)迅速な復旧復興を基本目標として、「強さ」と「しなやかさ」を持った安全・安心な国土・地域・経済社会の構築に向けた「国土の強靱化」(ナショナル・レジリエンス)を推進することとする」

 現実の国土強靭化の道のりは厳しいものになるだろう。何しろ、日本国民の多くが「巨大地震という非常事態」について、真剣に「想像」していない。東日本大震災を経てさえ、「自分が犠牲者になる可能性」について考慮していない国民が多数派ではないか。

 13年12月19日、内閣府の有識者会議が「差し迫っている」と考えられているM(マグニチュード)7級の首都直下型地震が都心南部で起きた場合、首都圏(1都3県)を中心に61万棟が全壊・焼失し、2万3千人が死亡するとの新たな被害想定を公表した(相模トラフでM8級巨大地震が発生すると、死者数は最大7万人に膨れ上がる)。

 さかのぼること7カ月前、5月28日、政府は南海トラフ巨大地震の被害想定について「死者数約32万人、負傷者数約62万人、建物の全壊が約239万戸」と、想像を絶する数値を明らかにしている。経済的被害は、首都直下型も南海トラフも、ともに数百兆円規模に達するとのことだ。

 例えば、高知県の黒潮町や土佐清水市では、南海トラフ地震発生時に「34㍍級」の津波が押し寄せる可能性があるのだ。高知県全域の想定浸水面積は約1万5780㌶で、全国最大になる。

 M8以上の南海トラフ地震が発生する可能性は「30年以内に60〜70%」である。この確率を高いとみるか、低いとみるかは価値観により変わるのかもしれないが、少なくとも政府や行政担当者たちは「切迫している」と考えなければならない。何しろ、この種の非常事態に備え、国民の安全保障を高めることもまた、経世済民を主目的とする政府の存在理由の1つなのだ。

自然災害大国では自国による国土強靭化が必須

 無論、政府を支える国民側も、来たるべき危機と真正面から向き合わなければならない。戦後の冷戦期、日本国民は安全保障や非常事態への備えを全く意識せずに生きてきた。

 何しろ、1995年の阪神・淡路大震災まで、わが国では「あってしかるべき大地震」が発生しなかった。さらに、軍事的安全保障については米国にべったりと依存しきっていたわけである。日本国民は「次なる大震災」「領土的危機(対中国等)」という将来の非常事態に備え、安全保障に対する認識を改める必要があるのだ。

 国土強靭化基本法や南海トラフ、首都直下型地震に対する対策特別措置法が通り、ようやく「日本政府」として来たるべき大震災に備える法的根拠が整った。

 わが国は長年の公共投資削減や公共事業の一般競争入札化により、土建産業の供給能力が過少になっている。日本の建設業許可業者数は、ピーク(99年)の60万社から、既に47万社にまで減ってしまっている。東北復興、国土強靭化、防災・減災、老朽化したインフラストラクチャーのメンテナンス、さらには東京五輪という土建需要を消化するためには、既存の土木企業、建設企業に設備投資や人材投資を拡大してもらう必要があるのだ。

 国土強靭化基本法に基づき、政府は今年5月までに「国土強靭化基本計画」を策定する。法律の成立、国土強靭化政策大綱の決定、さらに「中長期的な基本計画」を策定することで、政府は国内の公共需要について一定のコミットメントをすることになる。

 また、国内の老朽化した橋梁などの調査が本格化、いわゆる残事業費を明確化することで、土木企業、建設企業の投資意欲、雇用意欲を高める狙いがある。

 ポイントは、わが国の土建需要(公共需要に限らない)は、わが国の土木企業、建設企業により担われなければならないという点だ。

 何しろ、日本は世界屈指の自然災害大国である。自然災害が多発する国において、各地に土木企業が存在するか否かは、その地域の住民の生命にかかわる問題だ。地震や水害、土砂災害等が発生したとき、地元に土建企業が存在しない場合、救援は不可能とは言わないが、大幅に遅れ、本来は助かるはずの命までもが失われることになりかねない。

 恐い話だが、国土交通省の官僚の中にさえ、 「土木企業、建設企業の競争能力が不足しているならば、米国のゼネコンに頼めばいい」

 と、国家観も安全保障も「現実」も、まるで無視した暴論を口にする人が実在する。地震や水害、土砂災害などが多発するわが国において、「土木の供給能力不足は外国企業で補えばいい」などという理屈が通るはずがない。日本国民の安全保障を維持するという観点からも、国内の土建企業の供給能力不足は、日本国民、日本企業の手で回復されなければならないのだ。

 14年は日本国民一人ひとりが真剣に「自国の安全保障」について考え始める「国土強靭化元年」でなければならない。さもなければ、次なる大震災により、われわれは自らの命をむざむざと危険にさらす羽目になりかねないのである。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る