政治・経済

 冷え込んでいた消費もアベノミクス効果で底を打ち、小売業の多くが業績を回復させている。そんな中にあってファッションビル大手パルコの好業績は、ひときわ目を引く。要因を探った。

パルコ・牧山浩三氏が語る 旺盛な新規事業欲

牧山浩三・パルコ社長

牧山浩三・パルコ社長

 「パルコは全体が新しいことをやっていこうというムードに満ちている。消費増税を控える今期も悲観的な見方はしていない」と語るのはパルコの牧山浩三社長。

 同氏の言葉を裏付けるようにパルコの業績は絶好調そのものだ。昨年12月25日に発表した2013年3〜11月の連結決算によればカード会員の増加と新業態「ゼロゲート」が好調に推移、純利益が対前年比26%増の47億円と過去最高を記録した。

 好調の源泉となったのは、牧山氏の言葉にもあったように新規事業への挑戦だ。前述した「ゼロゲート」とは同グループが事業戦略の肝に据える都心型中低層商業施設のこと。都心1等地という好立地に中低層商業施設を設け、その事業規模に応じた効率的運営を実施するという新しい事業モデルである。外資系ファストファッションなど集客力のあるブランドを施設に誘致し、同社は家賃収入を得るという仕組み。昨年4月道頓堀店を皮切りに、業態転換を含め出店を加速、現在までの短期間に4店舗をオープンさせている。

 「そもそもゼロゲートは、既存事業に加えテイストの違う事業を展開したいという意向から始まっています。ビル・土地所有者とテナントさんの真ん中に弊社が入ることで、長期間にわたりウィンウィンの関係の構築が可能となり、運用方法に頭を悩ませていたオーナーさまからもご支持を頂いております。たまたま外資系ファストファッションから始まっていますが、日本で最大でも10店舗程度の展開と考えているテナントさんには最適な施設だと自負しています。これをパルコのそばで展開すれば、相乗効果も十分に期待できると考え参入しました」と牧山氏は述べる。

 同社の狙いは的中したようだ。不動産運用としての定期的な家賃収入を見込めるのは当然のこと、何より各施設のテナントも想定以上の売り上げを確保しているという。パルコ内では歩合制にしたほうが良かったのではないかという意見も出ている。

 だが牧山氏は、「こういった事業は、売り上げがいい時も悪い時もある。悪くなった時にパルコがバックアップするという補完関係をオーナーさまは期待していますので、そこは割り切らなければいけません」と慎重に続けた。

 一方で、昨年10月31日から国内最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を展開するスタートトゥデイが仕掛けた新サービスのスマートフォン新アプリ「WEAR」にも当初より参加し、業界内外を驚かせたことも記億に新しい。このサービスにはバーコードスキャン機能がある。リアル店舗で商品のバーコードをスキャンすれば商品情報はもちろん、コーディネート画像までもが簡単に入手できるのだ。店頭であれこれ悩むことなく、自宅でゆっくりと商品を吟味できる上、24時間いつでも購入できるというメリットから、スタート以来ユーザーは拡大の一途をたどる。

 しかし、このサービスは店頭売り上げの減少を招くという危惧、いうなれば「〝ショールーミング化〟を加速させるのでは」という懸念から「WEAR」導入に慎重なテナントも少なくない。

 「そもそも弊社ではオムニチャネル化を推進していました。これはウェブ会員を増やすとともに、われわれとテナントさまがイコールパートナーとしてさまざまのサービスを構築し、関係性を密にすることで相乗効果を上げていきたいという意向がありました。そんな考えを持っている中で始まったのが新サービス『WEAR』です。タグをスキャンするという行為はお客さまも勇気がいるし、販売スタッフも戸惑うでしょう。そういう点でわれわれが期待しているのは、むしろコーディネートニーズです。素晴らしいコーディネートをしている人には、当然、アクセスが集中します。例えば販売スタッフにそういう人がいれば必然的に店舗に足を運ぶことになるでしょう」と同氏は「WEAR」参加の経緯を語る。

 一方、懸念される〝ショールーミング化〟に対しては、「ショールーミング化を言うなら、もう1段先の話になると考えています。そういう意味で、当面は便利なツールとしてお客さまに利用していただければいい。将来的には24時間どこでも欲しい商品を購入できる時代が到来します。その中央にパルコが常に立っていることで、パルコファンを増やすことができるのです」と、将来的な成長戦略上での必要性にも言及した。

 同社の強さは、これら常に新しいことに果敢にチャレンジする姿勢にある。前述2つの取り組みは、ほんのさわりにすぎない。これ以外にも自主編集売場の構築やパルコ劇場を利用したさまざまなイベントにも積極的。日本の情報発信基地として一時代を築いたDNAはいまだ健在ということだ。

経営安定化も後押ししたパルコ

 パルコと言えば11年、筆頭株主の森トラストとの確執が表面化、当時社長だった平野秀一氏が退任に追い込まれる事態に見舞われた。

 さらに、このゴタゴタに乗じてイオンがパルコ株を大量取得、森トラストと共同歩調を取り経営権が奪われそうになった苦い過去がある。

 最終的には、森トラストがパルコ株を百貨店大手のJ.フロント リテイリングに譲渡、子会社化されたことで事態は収束。経営の独自性を認めるJ.フロントの下で今やグループの中核企業へと成長した。

 仮に、森トラスト・イオン連合軍に経営権を奪われていたら独自性が失われ、今のパルコの好調はないだろう。

 経営陣が安定したことは、間断なく新規事業に挑戦できる素地となっているのだ。

 パルコの本拠地渋谷も再開発で大きく様変わりする、街の風景が変わっても、その主役にいるのはパルコなのかもしれない。

(本誌/大和賢治)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

 企業経営者にとって「理念」や「志」が大事とはよく言われるものの、今一つピンと来ない向きも多いのではないだろうか。成功した経営者がいくら精神面の重要性を説いても、日々の現実と格闘している経営者にとっては、ただの綺麗ごとに聞こえてしまうかもしれない。 それでも、ビジネスを成功させるために最も大切なのは「志」だと…

立志財団

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る