国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

石黒優氏プロフィール

石黒優氏

(いしぐろ・すぐる)1970年生まれ、東京都出身。1995年獨協大学経済学部経営学科卒業、WDI Japanへ入社、カプリチョーザ事業部に配属。97年WDI International, Inc グアム支店への出向から現在までの海外勤務に至る。

 

WDI入社のキッカケと海外でのレストランオープンまで

 

WDIの面白さに惹かれる

イゲット 石黒さんがWDIに入社したキッカケは何だったのでしょうか。

石黒 学生の頃から新しくオープンした飲食店やバーに行くことが好きで、将来はエンターテインメント性が強く、海外嗜好が強いレストラン企業に努めたいと考えはじめ、就職活動中に出会ったのがWDIでした。

 WDIの運営しているレストラン名はいくつか知っていましたが、WDIという社名は知りませんでした(笑)。当時の役員は皆ローマオリンピックに出場した慶応大学水球部のメンバー達で、国際感覚を持ち、ハードロックカフェやトニーローマといった海外からのブランドを展開していました。それで、「この会社は面白い!」と思い入社を希望したんです。

 入社当時から海外での仕事を志望していて、入社2年後にグアムのカプリチョーザ2号店のオープニングスタッフとして出向する機会を得たのが、海外で働き始めたきっかけでした。

グアムとハワイでレストランオープンへ向けて

イゲット 海外ではどんな仕事をしてきたのですか。

石黒 2014年にグアムとハワイの担当になってから、ハワイにてレストランのオープンのプロジェクトを4つ受け持ちました。

 2016年12月に、現在ヒルトンガーデンインワイキキの1階にファイヤーグリル、2017年11月にアペティート(クラフトピッツァ&ワインバー)、2017年3月にジェン(アラモアナセンターにある焼き肉食べ放題店)、2018年4月にロイヤルハワイアンセンター3階にティム・ホー・ワン(香港飲茶店)と、さまざまなレストランのオープンに携ってきました。

 そしてグアム、サイパン、ハワイ、米国本土だけでなく、パラオ共和国、フィリピン共和国等米国以外でのアジア地域での出店に携わる機会もあり、昨年に拠点をグアムからハワイに移して仕事に励んでいます。

 

WDIのコンセプト、マネージメント、マーケティングの特徴

 

基本コンセプトは「人とのかかわり」

イゲット WDIのコンセプトは?

石黒 WDIの求めるレストランコンセプトはヒューマンビジネス、つまり人とのかかわりを大事にしています。料理がユニークで絶対的なクオリティーがあるか、ゲストをワクワクさせるようなエンターテイメント性があるかといったことも重要です。一時的な流行だけのコンセプトは避けています。現地でどのような客層、レストランのコンセプトが受け入れられるのか。常に基本的なコンセプトの軸を守りつつ、進化と変化を必要に応じて取り入れることも必要です。

バランスの取れたマネージメントと早めの周知によるマーケティング

イゲット WDIさんはマネージメント、マーケティングに力を入れていらっしゃる会社という印象です。マネージメント面で意識していることは?

石黒 マネージメントに関しては、現地における料理の品質・サービス・衛生面等、バランスの良い運営を心がけています。店によっては、現地で日本と同じオペレーションのクオリティーを保つことに苦労することもあります。

 店舗マネージメントをバックアップするサポート体制も重要です。HRやアカウンティングの面からマネージメントをサポートし、現地のマネージメントがオペレーションに集中できる環境作りにも注力しています。

イゲット 日本の会社の場合、出店する時の見積り・工期の遅れや人件費の高さなど、いろんな誤差を考慮して予算を取りますが、お店を作ることに思いの外お金が掛かってしまい、オープン後マーケティングに手が回らないケースも多いかと思います。何か秘訣はありますか?

石黒 オープンする前からインスタグラムなどSNSのアカウント告知を行ったり、エージェント関連の雑誌で早めに出たりして、早い段階で周知しておくかが大事だと思います。

イゲット 何を見てお店に来られる方が多いのですか?

石黒 SNSに関していえば、米国人の方は圧倒的にイェルプですね。あとは、インスタグラムやブログのインフルエンサーにフォローされるケースもあります。「有吉の夏休み」というテレビ番組に1回出演した影響も凄く大きかったです。FIT(団体旅行やパッケージツアーを利用することなく個人で海外旅行に行くこと)の方も結構いらっしゃいますね。

石黒優氏2

「マーケティングでは早い段階での周知を心がけている」と語る石黒氏

 

ハワイでビジネスを行う際の注意点とは

 

ハラスメント対策は必須

イゲット 大きなレストランを日本の会社が経営する場合、人種の問題や多様性に慣れていないので働き手のローカル側が戸惑う部分もあるようですが、レギュレーションやルール、コンセプトやトレーニング、方向性の指導などはどのように行っているのでしょうか。

石黒 必ず採用前には、ハラスメントのことなどを盛り込んだポリシーブックを読んでいただいてサインを貰います。あとは年に数回、ハラスメント関連のセミナーをしています。

 昔、日本人はよく「何やってるんだよ」ポン!って軽く触ったり、女性の方に「可愛いね」とかやってしまいます。言葉が流暢なら良いんですけど、ぶっきらぼうで聞く方からしてみるとものすごく失礼な英語に聞こえることもあります。

 なので、その辺もちゃんと対応できる人、HR部門が不可欠です。そうしないと逆に従業員の方から、ハラスメントだ、ディスクリミネーションだとすぐクレームや訴訟といった声が上がります。米国では弁護士と関わることが日本よりも多いのではないかと思いますね。

スタッフの定着に必要なこと

イゲット スタッフが定着するために必要なことは何でしょうか。

石黒 レストランのコンセプトに共感して貰うことです。

イゲット アメリカ人のローカルの働き手の気持ちを、上手に扱うのも成功する秘訣なんでしょうね。

石黒 日本国内でも同様に大変ですが、ハワイでは3%を切っている失業率の低さが大きな問題です。ハワイでのリビングコストは高いうえに、低い失業率から時給の相場が高騰しています。NYでも特にキッチンの従業員の採用が難しく、雇用側にとって苦しい状況なんです。現在NYでは最低賃金が15ドルとなっております。

 出向社員を日本から駐在させてマネージメントの安定を図ったりもしておりますが、トランプ政権になってからビザの取得が難しくなりました。優秀な人材の確保は共通の悩みだと思います。

ハワイで起業する日本人が驚く意外な問題点

イゲット 海外の飲食業について、日本との違いや問題点としてどんなことが挙げられますか。

石黒 例えば様々な修繕を呼びたい場合は日本に比べて相当高いですし、皆さん多忙です。設備が壊れても、小さい修理だとなかなか来てくれません。

イゲット よく壊れますしね。

石黒 空調関係の故障なども多いですね。

イゲット この島には道具が無いから、例えばピザの窯が壊れたらもう動かないですよね。

石黒 島に部品が無い場合は取り寄せですね。航空便で持って来るとか。メンテナンスに関しては苦労が多いです。

 場所によっては家賃がものすごく高いのも問題です。売れれば売れるほどパーセンテージで家賃を持って行かれて、もっと家賃を払わなきゃいけない。最低限払う家賃も高いので、思った以上に売れないと苦しくなります。

 ハワイでお店を開けたいという夢をお持ちの日本人も多いかと思いますが、実際には、最初の工事費用でビックリされます。ハワイの建築費用の高さは世界のトップ5に入ります。

イゲット 工事費用はどのぐらい掛かるのですか?

石黒 日本と比べて倍以上ですね。12、3年前は大体、1スクエアフィートあたり200ドルから250ドルぐらいの相場だったんですが、今年は650ドルぐらいかかります。建築工事に関しては、価格だけでなく期日に対する責任感の無さに驚く方も多いのではないでしょうか。

石黒優✕イゲット千恵子

ハワイと日本のビジネス環境の違いについて語り合う石黒氏(左)とイゲット千恵子氏。

 

石黒優氏とWDI今後の展望

 

イゲット 石黒さんのビジネスマンとしての信条などを教えていただけますか?

石黒 ネットワークをどんどん広げていきたいですね。

イゲット 海外で人脈を広げるための秘訣は?

石黒 極力人に会うようにしています。世界中の人たちとのネットワークづくりと交流を続けたいです。知り合ったかたから「こういうコンセプトあるんですけど、日本でどうですか?」といった、オファーをいただくケースが多いんです。中には不動産屋さんを通じて繋げていただいたりとか。

イゲット スポーツで現地の人との親睦を進めたりもしているのですか。

石黒 皆さんゴルフやトライアスロンをされているようなので、そっちの方でも広げていきたいですね。日本で勤務していた頃には携わることのなかった、さまざまな企業や業界の人たちと出会い、一緒に仕事をする機会があること、そして海外でネットワークを構築できるのは非常に面白い点です。

イゲット 今後の展開について教えてください。

石黒 ハワイでは現在7店舗ある既存店の運営をしっかりと安定させていくと同時に、米国本土では飲茶専門店ティム・ホー・ワンの出店を続けていきます。現在NYには2店舗あり、今年度は5月にカリフォルニア、アーバイン店をオープンしました。9月にはラスベガス店、そしてテキサス州への出店をも予定しています。

 さらに、カナダ、イギリスへの展開も予定しており、これからも素晴らしいレストランコンセプトを追求していきたいと思っています。

 

イゲット千恵子氏

 

(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る