政治・経済

電機大手の2013年度第3四半期決算が好調な中、ソニーが通期で赤字転落になる見通しと、PC事業譲渡およびテレビ事業分社化を発表した。「独り負け」に見える状況だが、構造改革の成功を背景にソニーの平井一夫社長はあくまで強気だ。 (本誌/村田晋一郎)

赤字転落の一方で構造改革は進展

平井一夫・ソニー社長

平井一夫・ソニー社長

 ソニーは2月6日、2013年度第3四半期決算を発表し、2年振りに通期赤字になる見通しを明らかにした。

 第3四半期は連結の売上高、営業利益ともに前年同期に比べ大幅な増収増益となった。しかし通期の見通しは、昨年10月時点での想定を大きく下回った。その理由としては、第3四半期に一部の事業で減損や評価減を計上したことや、収益改善のために追加の構造改革費用を200億円積み増したこと、さらに一部の資産の売却計画を見直したことが挙げられる。これらにより、当期純損益が約1100億円となる見込みだという。

 同じ弱電メーカーであるパナソニックやシャープが2期連続の巨額赤字から黒字に転じる見込みを発表しているだけに、ソニーの赤字転落が目立った格好。特にエレクトロニクス事業で13年度の黒字を必達目標に掲げていたが、その達成の見込みが立たないことがまずマイナスイメージとなった。課題事業と位置付けるテレビ事業については、目標未達の理由として、先進国向けで高付加価値モデルの投入が遅れたこと、新興国向けには市況の悪化や通貨下落の影響を受けたことを挙げた。

 さらに赤字見通しに加えて、PC事業の譲渡とテレビ事業の分社化を発表。グループ全体で14年度末までに約5千人の人員削減を見込んでいるという。一見すると、ソニーが苦境を露呈したかのように見える。しかし、平井一夫社長はこれまでの改革が成功裏に進んでいることを強調。強気の姿勢を崩していない。赤字転落も、「第3四半期に一部の事業で減損や評価損を計上したことを除けば、決算内容はほぼ10月時点の想定通り」(平井社長)とイレギュラーな要素が大きいとしている。

 エレクトロニクス事業のコア事業と位置付けるモバイル、ゲーム、イメージングの3事業については、それぞれスマートフォン、ゲーム機、CMOSイメージセンサーのビジネスが順調に拡大。14年度以降もこれらの3事業が利益の押し上げ要因となるという。

 一方、テレビ事業についても、11年度の1475億円の赤字から、13年度は約250億円まで改善。当初の6分の1まで圧縮してきており、事業再生の道筋が見えてきたとしている。

成功事業に倣いテレビ事業を分社化

 今回発表した2事業の変革についても、構造改革の成功を背景に平井社長はあくまで強気に攻める姿勢だ。

 PC事業については、「VAIO」ブランドとして運営しているPC事業を日本産業パートナーズが設立する新会社に譲渡する。7月の事業開始に向けて、3月末までに正式契約を締結する。新会社はVAIOブランドのPC事業を企画から製造・販売まで全体にわたって運営。経営陣はVAIO&Mobile事業本部本部長の赤羽良介氏を中心に構成するという。

 映像・音響技術にITを組み合わせたVAIOは、一時はソニーを象徴する事業でもあったが、既に歴史的使命を終えたという見方もできる。VAIOは個人向けに強いPCだが、個人向けPCで行っていた用途の多くは、今やタブレットやスマートフォンで対応できるため、個人向けPCの市場は縮小傾向にある。また、タブレットやスマートフォンなどのモバイルは現在のソニーのコア事業の1つ。ソニーの復活の象徴的商品がスマートフォン「Xperia」シリーズであることを考えると、ソニーがPC事業を続ける意義はなくなっている。

 今回のPC事業の譲渡は、ソニーのエレクトロクス事業にとっては初めての事業切り離しとなる。「事業譲渡は苦渋の決断だった」と平井社長は語るが、ソニーの成長を考えると業態変化は必須であり、今回の事業譲渡は当然の帰結と言えるだろう。

 奇しくもこの発表の1カ月前、平井社長は、米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「インターナショナルCES」において基調講演を行った。その内容は、ソニーの歴史を振り返り、ベータマックスなどの過去の製品を失敗例として挙げ、失敗を恐れず失敗を繰り返しながらも前進する姿勢を強調するものだった。今回、VAIOが「失敗例」に加わってしまった格好だが、この基調講演は業態変化への強い意気込みの表れだったと理解できる。

 テレビ事業については、7月をめどに事業を分社化し完全子会社として運営する。新会社の社長はホームエンタテインメント&サウンド事業本部長の今村昌志氏が務める。

 事業の分社化と言うと、その後の売却が前提となるケースがあるが、ソニーの場合は、現在の屋台骨であるスマートフォンをソニーモバイルコミュニケーションズ、プレイステーションをソニー・コンピュータエンタテインメントと完全子会社がそれぞれ手掛けている。分社化した事業会社で経営の独立性を高め、事業を効率化し、意思決定のスピードを上げていることが好業績につながっており、テレビ事業もそれに倣う方針だ。

 テレビ事業自体は10期連続の赤字を計上しているが、大型の4Kテレビをはじめ高付加価値製品へのシフトが着実に成果を挙げている。4Kテレビは13年12月末時点の日本市場で75%以上のシェアを獲得、米国市場でも13年の年間トップシェアを獲得している。こうした流れをさらに加速するとともに収益構造を改善し、14年度のテレビ事業の黒字化を目指すという。

 平井社長は「テレビは引き続きリビングルームにおける視聴体験を実現する上で重要な役割を果たす」としており、あくまでテレビ市場を強気に攻めていく考え。

 その一方で、テレビ市場の環境は決して良くはない。これから中国市場をはじめ4Kテレビ市場が立ち上がってくるが、その分、収益性は乏しくなる。高付加価値製品というだけで、どこまで成長できるかは疑問が残る。分社化で構造改革を進めるだけでなく、成長に向けた仕掛けが必要になるだろう。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る