文化・ライフ

坪田一男

(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

眼科医療支援車両の活用のため台風ヨランダの被災地へ

台風ヨランダで甚大な被害を受けたフィリピン・レイテ島の被災状況。(写真:坪田一男)

台風ヨランダで甚大な被害を受けたフィリピン・レイテ島の被災状況。(写真:坪田一男)

 2014年の年明け、米国中西部では大寒波が続き、3500以上の航空便に遅延や欠航が出たとか。一方、その頃僕は、気温30度以上のフィリピンにいた。

 残念ながらビーチでバカンスというわけではない。昨年11月にフィリピン台風30号(=台風ヨランダ)で甚大な被害を受けたレイテ島を視察するためだ。

 僕は3年前の東日本大震災の時、被災地を巡る眼科医療支援車両「ビジョンバン(Vision Van)」を米マイアミ大学の友人から借り受け、3カ月間、被災地で移動診療を行うというプロジェクトを実行した。実に3700人の方へ眼科医療を届けることができたことは、本当にうれしく思っている。

 災害時には、生死を分けるような大けがや症状を救うための医療が最優先される。これは当然のことだ。しかし、被災から一定の時間がたち、環境が落ち着いてくると、「見る」ことができないことの不便さを痛感するようになる。

 例えば、被災によって眼鏡やコンタクトを失った人は、日常生活でもいろいろと不便を感じるだろうし、復興活動はもちろん、新聞やテレビで情報を得ることさえ難しいだろう。

 実際、僕たちが届けた老眼鏡を掛け、震災後初めて新聞を読んだおばあさんの笑顔を忘れることはできない(この活動記録はYouTubeにもアップされているので、ぜひご覧ください。 http://www.youtube.com/user/MissionVisionVan)。

 この活動の実績を受け、日本眼科医会では国家予算を獲得し、日本製のビジョンバンも完成。今も東北の避難所を回って活動を続けている。これは、アジアでの災害時には医療支援に派遣することを視野に入れて開発された車両だ。  

 そこで、11月の台風ヨランダの被害報告を受け、さっそくビジョンバンの活用をフィリピン側に打診していたのだが、やっと救急医療の時期は終わり、眼科にもその需要がありそうだということで、視察に行くことになったわけだ。

被災地で十分な眼科診療を届けるために

 マニラから、飛行機で約1時間。レイテ島で僕たちを出迎えてくれたのは、アメリア先生というフィリピンの女性眼科医。耳鼻科の旦那さまと一緒に車で島のあちこちを案内してくれた。

 被災前は11人いたというレイテ島の眼科医は、現在1人。他の先生はマニラやセブに一時移住してしまい、唯一残った眼科医が、アメリア先生だ。彼女1人だけでは、避難者すべてに十分な眼科診療を届けるのが難しいのは明らかである。オペ室のある病院にも足を運んだが、施設にしても、医師の数にしても、全く足りてはいない。

 僕たちのビジョンバンは、高度な検査機器もしっかり搭載している。ぜひ、レイテ島でも活用してほしいと心から思った。

 そして、実際に現場に足を運び、自然が起こすパワーの大きさに、またもや言葉を失った。10㍍くらいの波が沿岸部に押し寄せ、木造建築はすべて押し流されていた。コンクリートの建物でも、窓ガラスはすべて破壊され、中にはコンクリートなのに土台しか残っていないものもある。

 事前に約6千人が避難していたというタクロバンのホールも例外ではなく、何と半数の約3千人が押し寄せた海水に沈んで亡くなったそうだ。その建物では、今でも多くの人が避難生活を送っていた。

 膨大な数の避難者を前に、僕もどのような支援ができるのか、アメリア先生や現地の病院のディレクターと多くのディスカッションをした。

 これから、日本サイドでの調整も続け、2月には活動が開始できればと考えている。

 最後の日。フィリピン眼科学会の先生方と食事会をした。フィリピンでは、多くの女性が働いている。大統領にも既に2人も女性が就任しているし、食事会にも多くの女性医師が参加していた。

 みなさんとお話をしてみると、それぞれ子どもが3人か4人いて、子育てをしながら働いているそうだ。おいしいフィリピン料理を食べながら「お家でも、こんなお料理するのですか?」と聞いてみたところ、「もちろんシェフが作るわよ」と一笑に付された。

 女性が生き生きと社会で活躍するには、まだまだ日本にはリソースが足りないな、とも感じた視察の旅だった。

★今月のテイクホームメッセージ★

被災地に眼科旅を!

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る