政治・経済

国内アルコール総市場の縮小に歯止めがかからない中、サントリーホールディングス(HD)が米国の蒸留酒(スピリッツ)大手のビーム社の買収合意を発表した。1兆6500億円という巨額買収額を決断した背景とは。 (本誌/大和賢治)

ビーム社の買収はサントリーにとって最後の優良案件

 

巨額買収を決断した佐治信忠・サントリーHD社長

巨額買収を決断した佐治信忠・サントリーHD社長

 1月13日、サントリーHDが米蒸留酒大手のビーム社と買収を合意したと発表した。

 これによりサントリーHDは蒸留酒(スピリッツ)メーカー10位から3位に浮上、名実ともに世界のトップメーカーに躍り出る。国内アルコール飲料総市場の縮小が避けられず、海外に活路を見いだすことが酒類メーカーの至上命題と言われる中、同社は国内競合メーカーに先行する格好となる。

 驚くのは、約1兆6500億円という買収金額。単純計算でもビーム社の利益の20年分に相当する。

 この買収額は巷間〝高い〟という意見も多い。それこそ大きなお世話だが、少子化により歯止めのかからない国内アルコール市場への危機感が、同社の佐治信忠社長の背中を押したということだ。

 「ビーム社のM&Aというのは、酒類メーカーに最後に残された優良ビッグディールと言えます。同社は、バーボンの『ジムビーム』『メーカーズマーク』、スコッチの『ティーチャーズ』、カナディアンウイスキーの『カナディアンクラブ』な038_20140218_06ど日本はもちろん世界でも高い認知度を誇る強力ブランドを多数保有しており酒類メーカーにとっては垂涎の的と言えました。しかし、それゆえ買収額は莫大、サントリーHDのようなオーナー社長が決断する以外、このディールは成功しなかったと言えます」(業界関係者)

 国内アルコール総市場が縮小しているのは前述したが、一方で、世界レベルで市場を見れば決して悲観的というわけではない。

 今回、買収に合意したビーム社の基盤であるスピリッツ市場は国内では微増、世界では6%前後の増加傾向にある。特にインドや移民が流入し続ける米国では人口は増加傾向にあり将来的なマーケットのポテンシャルは低くはない。そうした点からもサントリーの決断は理に適っていると言える。

 一方、サントリーHDの国内スピリッツ事業の動向は、1月9日に開かれた同社の2014年酒類事業方針会見によって詳細を把握することができる。

 前期、同社のスピリッツ事業は「角瓶」「山崎」「白州」といった主要ブランドとRTD、RTSといったカテゴリーが堅調に推移し、対前年比103%(金額ベース)と健闘。ウイスキーへの接点の拡大を目指し、今や定番商品となったハイボールのさらなる拡大、プレミアムウイスキーの価値訴求、バーボンウイスキーのマーケティング強化に注力した結果とも言える。

 特にハイボール拡大を牽引した「角ハイボール」は対前年比103%。さらに国産プレミアムウイスキーでは、一昨年発売した「新山崎」「新白州」、昨年4月に500㍉㍑サイズを発売した「響12年」が好調に推移し同年116%と大きく伸長した。

 昨年1月から取り扱いを開始した世界のナンバーワンバーボン「ジムビーム」はソーダやミントで割った新しいバーボンの楽しみを訴求する〝クールバーボン〟をキーメッセージに積極的に展開し、その結果、対前年比8割以上の販売実績を残した。日本におけるバーボンでもナンバーワンに躍り出た。

 「今期は『角ハイボール』では〝食中酒〟としての魅力を訴求し需要拡大を図りたい。さらには『響』『山崎』『白州』といったプレミアムウイスキーでは品質の高さと露出を高めて訴求することで新規ユーザーの開拓を目指す。一方、バーボンでもマーケティングを強化し市場の活性化を図り需要を創出したい」とサントリー酒類の執行役員スピリッツ事業部長の小泉敦氏は述べるなど、今期も前期同様スピリッツ各カテゴリーの拡大を目論んでいるものの、同社が掲げている目標は対前年比101%と国内市場を楽観視していないことも見て取れる。

 「サントリーは、08年以降、『ハイボール』を食中酒として提案すると言う新展開で、縮小し続けてきたウイスキー市場の歯止めに成功しました。市場の活性化に貢献したことは確かですが、さらなる拡大に向けた次の一手となれば容易ではありません」(酒類担当アナリスト)

 こうした厳しい環境も、今回の買収決断の背中を押したのかもしれない。

 

販路拡大の可能性を探るサントリー

 

 同社のスピリッツ輸出実績は昨年度、約18万ケース(標準瓶換算)。今期は約20万ケースを見込んでいる。

 また昨年は、「響21年」が世界的な酒類コンペティション「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2013」の「世界のウイスキー」部門でカテゴリー最高賞の「トロフィー」を受賞するなどジャパニーズウイスキーに対する評価が高まっていることに加え、ビーム社を買収することで販売流通網の拡大も可能となり、世界最大のスピリッツ市場に楔が打てる。「響」「山崎」「白州」といった国内プレミアムブランドが世界的にブランドとして認知される日が来るのか注目したいところだ。

 ビーム社との買収合意を発表したサントリーHDの事業会社であるサントリー酒類は、1月23日、日本限定商品「ジムビームプレミアム」を4月1日から発売するなど早くも始動するなど並々ならぬ意気込みを感じる。

 近年、サントリーHDと言えば「ザ・プレミアム・モルツ」を擁し黒字化に成功。以降、ビールのシェア争いに関心が向けられがちだが、本来、同社の生業は粗利の高いウイスキー。

 ウイスキーで同社の製品が世界的ブランドとして認知されることこそが、本来の姿かもしれない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る