政治・経済

日本が来たデフレ化の道をそのままなぞる南欧諸国

098_20140121_01 2013年はユーロ圏が「デフレ化」する1年になった。

 信じ難いことに、ギリシャのインフレ率は既に対前年比でマイナス1・9%に落ち込んでいる。また、アイルランド、スペイン、ポルトガルのインフレ率はゼロ、フランスやイタリアまでもが1%を下回っているのだ。

 特に、ギリシャのインフレ率の低下は驚異的だ。何しろ、ギリシャは国民経済の供給能力が不足し、慢性的な「高インフレ」と「貿易赤字」に悩まされ続けた国なのだ。ギリシャで物価が下落しているということは、同国の乏しい供給能力を下回るほどまでに、需要が縮小してしまったという話になる。

 当然ながら、ギリシャを始めとする南欧諸国、さらにフランス、オランダまでもが、失業率が悪化している。

 物価の下落とは、総需要の不足が主因である。総需要が不足しているとは、その分だけモノやサービスが「売れない」という話になるため、生産が行われない。

 生産が減少すると、当然ながら失業率は上昇する。特に、ギリシャの雇用環境は極端な水準にまで悪化し、最新データ(13年9月)によると、同国の失業率は27・4%だった(前月比0・1%の上昇)。13年は日本にとっては「デフレ脱却」に向かった1年だったが、ユーロは逆なのだ。

 ギリシャなど南欧諸国(および仏伊)がデフレ化しつつある理由は、簡単だ。バブル崩壊後に国民が借金返済や銀行預金を増やし、消費や投資を減らし、別の誰かの「所得」が減少している状況で、政府までもが財政均衡主義にとらわれ、消費や投資を減らしているためだ。

 すなわち、橋本政権以降の日本がたどった道を、そのままなぞっているようなものなのである。

 もっとも、現在のギリシャなどがデフレ化しつつあることは、ある意味でユーロとしては「正常なプロセス」と言えないこともない。

 南欧諸国は「互いに関税なし、通貨の為替レートの変動もなし」という、極めてフェアな条件で、ユーロ域内で競争を繰り広げ、貿易赤字を拡大させてきた。すなわち、国家間競争の負け組になったわけである。

 貿易赤字の拡大を主因とし、経常収支赤字になったユーロ加盟国は、過小貯蓄状態になり、政府は国債消化を「国際金融市場」に頼らざるを得ない。しかも、共通通貨であるため、自国の銀行すら国債を買ってくれるかどうかは分からない。

 ギリシャ国民の預金を集めるギリシャの銀行にとって、最後の借り手はギリシャ政府ではない。国民が預金してくる「ユーロ」は、ドイツ国債を買っても、オランダの企業に貸し付けても構わない。

 ギリシャの銀行の預金を借り入れるに際し、ギリシャ政府は他国の政府、企業と「競争」を強いられる。すなわち、ユーロ加盟国は、国債消化についても「フェアに市場競争」を繰り広げるというわけだ。

 貿易赤字が拡大した国は、国債金利を引き下げるために緊縮財政、構造改革といったデフレ化政策を採らざるを得ない。国民経済がデフレ化し、国民が貧困化していけば、やがては輸出競争力が回復する「はず」だ。競争力回復について、関税や為替レートに頼らない分だけ、「フェアではないか」という話なのだ。

 

ユーロの限界が露呈する

 

 上記が現状であるにもかかわらず、欧州委員会は14年の経済見通しについて、「実質GDP成長率が1・1%になる」と、随分と甘い見通しを立てている(13年の予想値は0・4%のマイナス成長である)。欧州委員会のレーン副委員長は、

「欧州経済が転換点に達したことを示す兆候が増えている。財政規律と構造改革が回復の基礎を作り出した」

 との声明を発表した。とはいえ、バブル崩壊後に「財政規律強化」「構造改革」を推進した日には、さらなるデフレ化、国民の貧困化を招くだけである。

「それでも、国際競争力が回復するのだから、いいではないか」と、欧州委員会は主張するだろうが、残念ながら日米英などが量的緩和を拡大しているため、ユーロ高により「ユーロ圏全体」の輸出競争力は14年も落ちていくことになるだろう。そして、ユーロ加盟国同士では為替レートの変動はない。

 13年をとおし、ユーロ加盟国の中ではほとんどドイツのみが気を吐き、失業率を押し下げて来た。

 とはいえ、ドイツは主要国の中では断トツで輸出依存度(財の輸出がGDPに占める割合)が大きい国だ。ドイツの12年の輸出依存度は41%に達し、ほとんど韓国並に外需への依存度を高めている。日本のアベノミクスによる円安について、欧州ではドイツのみが批判を展開したが、ここまで輸出依存が高い以上、当然と言えば当然だ。

 もっとも、日本は別に円安に誘導するための為替介入をしているわけではなく、単にデフレ対策として量的緩和を推進しているにすぎない。ドイツが通貨高を嫌うならば、自らも金融政策を拡大すればいいのだ。

 しかし、ユーロ圏の国は金融政策の権限を欧州中央銀行に委譲しており、各国が独自の量的緩和政策を推進することはできない。

 14年は、頼みのドイツまでもがユーロ高で輸出競争力を喪失していき、ドイツ以外の国々ではデフレ化が進行し、最終的にはユーロという共通通貨のシステム自体が行き詰る年になると予想している。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る