文化・ライフ

坪田一男

(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

レーシック手術は、NASAも安全性を公認

 あなたはレーシックにどんなイメージを持っているだろう?

 2013年12月4日、消費者庁は「レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分に受けましょう」という通達を出し、メディアに大きく取り上げられた。過去5年間で同庁の事故情報データバンクに危害情報が80件寄せられたほか、手術経験者へのアンケート調査で4割以上の人が何らかの不具合を感じているというのだ。この通達を受け、僕が代表を務めさせていただいている「安心LASIKネットワーク」は、即座に遺憾の意を表する声明文を発信した。

 確かに、モラルを欠いた非常識な石によるずさんな治療や、インターネットなどで安価な治療を提示している商業ベース重視の施設による治療については、その治療の質に僕たちも大きな懸念を抱き、ずさんな治療による、いわゆる「レーシック難民」の存在も、重大な問題ととらえている。特に、09年に報道された感染症が多数発覚した施設の事例は、その心配が現実となってしまったものであり、早期に正しい情報を発信しなければとの切実な思いから、「安心LASIKネットワーク」も誕生した。

 だが、「600人を対象としたアンケート調査の4割に問題があった」という消費者庁の発表やそれにともなう報道は、科学的根拠をともなわない不明瞭なものであると言わざるを得ない。

 そもそも、レーシック手術は既に20年以上の歴史があり、世界で何百万件も行われている。そんなに危ない手術であればこれほど多くの治療が行われているはずがない。アメリカ眼科学会でも、現存の手術の中でも「もっとも安全で満足度が高い手術」と位置付けているほどだ。

 米国では陸・海・空軍のパイロットもレーシックが認められている。NASAでも、昔はレーシック手術を受けた人は宇宙飛行士になれなかったが、今では安全性が認められ、レーシック手術を受けた人も宇宙飛行士になれる。

 ただし、どんなに優れた安全な技術にも、安全性の範囲というものがある。例えば、飛行機は安全な乗り物だが、飛行機で月には行けないし、東京から横浜へ行くときに飛行機で行こうという人はいないだろう。また、台風が来ていれば当然運休になる。同様に、レーシックにも適応する範囲というものがあるということを、ぜひ知っておいていただきたい。

適応検査や経過観察もレーシック技術のうち

「安心LASIKネットワーク」が発行している『安心レーシック完全ガイド~レーシックで後悔しないための必読書~』(保健同人社)

「安心LASIKネットワーク」が発行している『安心レーシック完全ガイド~レーシックで後悔しないための必読書~』(保健同人社)

 レーシックもひとつの技術だが、その技術は単に手術のことだけを指すのではない。術前に行う適応検査や、術後の定期検診などによる経過観察も含めてひとつの技術として成立している。

 例えば、適応検査では、角膜の厚みや形、眼圧、視神経などの状態がレーシックに適しているかどうかを調べる検査を何重にも行うため、中にはそれが面倒だ、大変だという人もおられる。だが、これがとても重要だ。その結果、検査を受けられた患者さまのうち、15〜20%にはレーシック以外の手術をおすすめしたり、「やはり、あなたはコンタクトのほうがいいですよ」とおすすめすることもある。

 しっかりとした眼科専門医や施設なら、こうした検査を十分に行わずに、受診してすぐ手術するなどということは、まずあり得ない。

 また、「よく本を読むから近くがよく見えるようになりたい」とか「ゴルフをするから遠くがよく見えたほうがいい」「近くも遠くも裸眼で見たい」など、術後の「見え方」の希望を明確にし、しっかり相談しておくことも大切だ。現在では、こうしたさまざまなニーズに応えられる技術が出てきたし、レーシック以外にもさまざまな屈折矯正手術の選択肢があるからだ。

 レーシックを検討されている方は、こうした術前の検査や相談、術後のフォローまで、トータルで医療としてしっかり行っている施設、眼科専門医を選んでいただきたい。そのために、ぜひ「安心LASIKネットワーク」ではHPやガイド本『安心レーシック完全ガイド』(保健同人社)でも、レーシックを受ける前の「10のチェックリスト」を提示しているので、ぜひご活用いただきたい。

 ちなみに、「坪田は眼鏡をかけているじゃないか」という報道もあるが、これはドライアイを防ぐための保護用ダテ眼鏡だ。僕の宝物である子どもたちもレーシック手術をしているので、そこはどうぞ誤解のないようお願いしたい。

★今月のテイクホームメッセージ★

 レーシックを検討中の方は、ぜひしっかりした信頼できる施設で!

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る