テクノロジー

世界最大の家電見本市「2014 International CES」は、ウェアラブルデバイスに注目が集まる一方で、一部には、「目新しい技術訴求はなかった」という厳しい指摘もあった。今年のCESは世界に何を発信したのか。 (ジャーナリスト/大河原克行)

各社がウェアラブルデバイスを提案

 世界最大の家電見本市「2014 International CES」(以下、CES)は、米国時間の14年1月7日から、米ラスベガスで開催された。

 東京ドーム4個分に当たる約200万平方㌳の会場に3200社が出展し、過去最大の展示規模となった今回のCESは、全世界から15万人以上が来場。4Kテレビやスマートテレビ、最新タブレットなどのほか、身につけて操作するウェアラブルデバイスを各社が展示。さらに、トヨタやゼネラルモーターズ、フォード、アウディといった世界の主要自動車メーカーが相次いで出展し、エレクトロニクス産業と自動車産業の結び付きの強まりを感じることができるイベントとなった。

 今年のCESでは、ソニーの平井一夫社長が基調講演に登壇したのも大きなトピックスだった。平井社長は、ベータマックスなど過去の失敗例にあえて触れながら、「失敗があるからこそ、成功を生み出せる」とし、「リスクを取ることが良いとされる風土が必要。むしろ、リスクを取ることが評価されなくてはならない」とソニーの体質転換の方向性について語った。そして、「ソニーは何をする会社なのか、という問いに対して、感動を伝える会社であり、好奇心を刺激する会社であるということを訴えることができた」と、基調講演の成果を自己評価してみせた。4Kの短焦点プロジェクターを利用し、壁に147型の映像を投影する「Life Space UX」など、ソニーらしい製品の創出を、世界に向けてコミットした講演とも言え、今後の同社のモノづくりへの期待が高まる内容だったといえよう。

パナソニックの4Kウェアラブルカメラ

パナソニックの4Kウェアラブルカメラ

 展示会場の中で注目を集めたのが、ウェアラブルデバイスだ。

 一口にウェアラブルデバイスと言っても各社の展示はさまざま。Google Glassが先行した眼鏡型、ブレスレットタイプを含む腕時計型、頭や耳、腕などに取り付ける装着型、ペンダントタイプなどのアクセサリー型などに分類することができる。また、用途に関しても、心拍数やカロリー消費などを測る活動量計として利用できる「ヘルスケア用途」、ネットワークに接続しさまざまな情報を表示したり、ビジネスアプリの操作、白物家電の制御を想定した「情報端末用途」、カメラ機能を搭載し、情報を記録する「ライフログ用途」のデバイスなどに分類することができるだろう。そして、これらの用途を組み合わせた提案を行っているウェアラブルデバイスもある。

 日本メーカーでは、ソニー、パナニック、東芝、セイコーエプソンなどがウェアラブルデバイスを展示しており、各社の特徴を生かしたものとなっていた。

 ソニーは、腕時計型および眼鏡型のウェアラブルデバイスを展示したほか、ヘルストラッキングデバイスと呼ぶ「Core」を発表した。Coreは指先サイズの端末で、これをブレスレット型の端末に装着することで、活動量計として利用できるという提案してみせた。

 パナソニックは、耳と腕部分に装着する4Kウェアラブルカメラを発表し、ハンズフリーで日常を撮影するといった提案を行った。パナソニックの津賀一宏社長は、「これまでのカメラの使い方は、撮られる側が撮られることを意識していた。ウェアラブルカメラによって、より臨場感がある、自然なシーンを撮影できるようになる」と語り、「ウェアラブルデバイスは、豊かな生活を送るために欠かせないツール。パナソニックにとっても重要な製品になる」と語る。

 具体的なソリューションを展示したのが、セイコーエプソンである。第2世代のスマートグラス「Moverio BT︲200」を発表し、エアコンの修理の際に、眼鏡型のディスプレー上に修理方法を表示したり、採血の際に血管の位置をディスプレー上に表示するといったデモストレーションを紹介した。ここまで実用性を展示した例はほかにはなかった。

 だが、多くの展示が試作品段階であり、まだ改善の余地が多いのも事実だ。ソニーの平井社長は、「腕時計をしているのにもかかわらず、もう一方の腕に腕時計型のウェアラブルデバイスをするのも不自然。しかし、気に入った時計を外してまでウェアラブルデバイスをつけてもらうことはできない」とする。今後は、アクセサリー業界やファッション業界との競合や協調といった環境が生み出される可能性もありそうだ。

ウェアラブルデバイスによる家電製品の制御等、韓国勢が先行

 一方で、4Kテレビが各社の花形製品となったのは昨年と同じだ。さらなる高画質化や、21対9による5K(5120×2160ドット)化への進化、さらには「カーブド」と呼ばれる湾曲したディスプレーが目玉となった。韓国サムスン電子やLG電子は、リモコンを使ってフラットからカーブドへとディスプレー形状を変化させる製品を展示。パナソニックは凹型と凸型のカーブドディスプレーを組み合わせて、曲線を描いたデジタルサイネージを提案した。

 こうした中、時代の変化を象徴する新たな技術展示や、将来の発展に期待を持たせる製品が少なかったのも事実だ。

 視察したパソナニックの津賀社長は、「今年のCESは、目新しい技術訴求があった年ではなかった」と総括。昨年、各社が有機ELディスプレーを展示して注目を集めたのに比べて、話題性のある技術展示はなかったことを指摘した。

 その点では、技術志向の強い日本勢よりも、マーケティング志向が強い韓国勢の奮闘ぶりが際立っていたこととも合致する。カーブドテレビの提案や、ウェアラブルデバイスによる家電製品の制御など、見せ方という点では韓国勢の先行ぶり感じたのは事実だ。技術進化のない年に、日本勢がどんな見せ方をするかが問われた今年のCESとも言えるが、その点では課題を残した展示になったといえそうだ。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る