政治・経済

女性の社会進出における問題点その1 〝多様性〟に注目していない

 先日、内閣府と某自治体が主催する男女共同参画フォーラムにパネリストとして呼ばれました。フォーラムの主旨は、女性の社会進出をもっと促そうというものでした。

 そこで話し合われていたのは、男性の家事・育児への参加が少ないことへの不満や、企業の役員や国会議員の一定比率を女性に割り当てるクオータ制を導入するべきといった提案などでした。

 最初は、なるほどそういうものかと思って聞いていたのですが、ふと考えてみると、僕の周辺を見ると奥さんの尻に敷かれている旦那さんのほうがよっぽど多い(笑)。世の男性は家に帰ると奥さんに全く勝てないのに、社会では男性が優位というのは果たして本当かなと。これは男女間の問題というよりも、むしろ今の社会の仕組みの問題ではないかと思ったのです。

 女性の社会進出がもっと進むようにするには、まずは、あえて〝女性〟にターゲットを絞って改善策を考えるのではなく、社会全体の多様性を深める方向で考えるべきです。

 これまでも述べてきましたが、終身雇用制度や新卒一括採用を前提にしていると、子どもを産み、育てる女性が不利になるのは決まっています。しかし中途採用が当たり前となり、終身雇用制を採用しない会社がたくさんあるような社会になれば、しばらく仕事から離れている人にも再び働くチャンスが生まれるようになります。つまり、社会がもっと多様性を推進し、労働者がキャリアチェンジしやすいメカニズムを作るほうが、結果として女性が働きやすい環境になるのです。

 例えばこのコラムで以前述べた公務員任期制や、上場企業の社外取締役設置の義務付けなど、企業の内外へ人の出入りが円滑になるような制度導入を進めれば、必然的に女性が働きやすい社会になるのではないでしょうか。 もちろん、それだけでは不十分なので、例えば待機児童の解消や、社会全体で子育てするための児童施設の設置などにも取り組んでいかなければなりません。ただし、そこでも現在取られている政策とは違う方法論があると思うのです。

女性の社会進出における問題点その2 議論の中心が年配の女性

 今、女性の社会進出を議論している方々の多くは、年配の女性です。50代以上の方々が中心になって、20代、30代の女性たちの出産・子育てなどをどうするべきかを話し合っています。しかし、多くの50代以上の女性たちは自分たちの子育てが既に終わっている上に、昔と今とでは環境が激変しています。その視点でいくら話し合っても、抜本的な解決策は見つからないと思います。

 内閣府の調査によれば、20代女性の可処分所得は、同世代の男性を上回っているという結果が出ています。女性が虐げられているとか、社会参画が進んでいないなどといわれていますが、少なくとも20代においては、ここ数年は既に男女の立場が逆転しているわけです。理由は簡単で、女性のほうが優秀な人が多いからです。

 女性のほうが所得が高いにもかかわらず、その後、結婚・出産を機に仕事を辞めてしまうケースが多いのですから、制度改革の議論は、当事者である20代、30代の女性の声を聞いて進めるべきです。それより上の世代の方々は、過去の経験をもとにとやかく言うのはやめたほうがいいのではないでしょうか。どうすれば20代、30代の男女がもっと自分たちが子どもをつくろうと思うのか、どうやったら女性がもっと働こうと思うのか。それを全部聞いた上で、政策に反映させればいいのです。

 パネルディスカッションでは、僕が20代では女性のほうが所得が高いという事実を述べたため、議論が根本からひっくり返ってしまいました。ちなみに、その会場に20代の女性がどれだけ来ているか聞いたところ、ゼロだったんです。「これから出産も子育てもしない世代の意見ではなく、20代、30代の声を中心に政策を組み立てて、その他の世代は応援する側に回るべきです」と主張したら大きな拍手がわきました。

 年輩の女性たちに対して、「女性はみんな外で働いたほうがいいと言うけれど、自分の息子さんが家事育児もこなして、お嫁さんが外でバリバリ働くような状況になったら全面的に支援できますか」とも尋ねてみました。会場はシーンとしましたけどね(笑)。

 多様性を深める仕組みをつくれば女性の社会進出は進みます。この問題について日本が諸外国に遅れている最大の理由は、高度成長期につくられた社会の仕組みにこだわっている古い世代が議論の中心になっていることなのです。

 

夏野剛氏の記事一覧はこちら

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る