文化・ライフ

小学校時代の夢を叶え、セリエAの名門に入団した本田圭佑選手

小学校時代の夢を叶え、セリエAの名門に入団した本田圭佑選手

 この1月、CSKAモスクワ(ロシア)からイタリア・セリエAの名門ACミランに移籍した日本代表・本田圭佑は、最近では珍しい〝有言実行の男〟である。

 彼は小学校の卒業文集で、セリエAへの憧れを、こう綴っている。

 〈ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

 世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。だから、今、僕はガンバっている。今はヘタだけれどガンバって、必ず世界一になる。

 そして世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

 Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれて、ヨーロッパのセリエAに入団します。そしてレギュラーになって、10番で活躍します。〉

 読んでいて、ふとイチロー(ヤンキース)のことを思い出した。彼も小学6年の時に、将来を暗示するような作文を書いている。

 〈ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。

 そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

 活躍できるようになるためには、練習が必要です。

 ぼくは3歳の時から練習を始めています。

 3歳〜7歳までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は激しい練習をやっています。

 だから、1週間中で友達と遊べる時間は、5〜6時間です。

 そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

 そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。(中略)

 そして、ぼくが一流の選手になって試合にでられるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも夢の一つです。

 とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。〉

 夢は「願えばかなう」というほど単純なものではない。子どもの頃から、夢をかなえるためには「世界一」の練習や「激しい練習」が必要だと、2人とも覚悟していた。頂点を見据えつつも、浮ついたところが一切ないのも2人の共通項である。

 本田が幼かった頃、ミランは我が世の春を謳歌していた。

 1980年代後半、ミランを牽引していたのはルート・フリット、マルコ・ファンバステン、フランク・ライカールトのオランダトリオだ。3人の活躍で88〜89、89〜90シーズンはUEFAチャンピオンズリーグを連覇している。

 また89年から94年にかけて、日本開催のトヨタカップに4度出場し、2度「世界一」に輝いている。まさにミランの〝ロッソネロ〟(赤と黒)は強さの象徴だった。

 そして、その中心にいたのが背番号10のフリットだった。ドレッドロックヘアという独自のヘアスタイルとともに、その華麗なテクニックは世界中を魅了した。

 恐らく本田少年の網膜には、フリットの雄姿が焼きついていたはずだ。だから「10番」をつけるにあたり、こう語ったのである。

 「自信がないと要求しない。ダメなら反動がある。でも、10番をつけるチャンスがあるのに他の番号を選びますか?」

 それを受けて、Jリーグの生みの親である川淵三郎(現日本サッカー協会最高顧問)は次のような感想を述べた。

 「Jリーグをつくった20年前、世界で一番レベルが高かったのはイタリア。その中心であるACミランでエースナンバーをつける日本人選手が出てくるとは100年先、いや未来永劫出てこないと思っていた」

 ところが、出てきたのである。ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、わざわざ「ケヴィン・プリンス(ボアテング)が(ミランを)退団した時、われわれは彼(本田)のために10番をとっておこうと考えていたんだ」と語った。

 しかし--。かつての名門も現在は低迷が続いている。直近5シーズンで獲得したタイトルは10〜11シーズンの〝スクデット〟(セリエAの優勝)のみ。チャンピオンズリーグでも11〜12シーズンはベスト8、昨季はベスト16と精彩を欠いている。

 エースナンバーを背負う本田には必然的に名門再建の役割も求められる。つまり、ただ点を取ればいいとか、アシストをすればいいという話ではないのだ。

 もちろん、本人は誰よりもそのことを自覚している。

 「自分ができること、やらなければならないことは山ほどある」

 目指すべきものが多いということは、それをクリアした時の達成感は、より大きなものとなる。有言実行の男にとって、それは望むところだろう。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る