政治・経済

混迷が続いていた経団連の次期会長人事は、東レの榊原定征会長に決まった。6月に開く定時総会で正式就任する。経団連にとっては副会長OBを起用するという過去に例のない人事。決定までの経緯をレポートする。 (ジャーナリスト/根島隆明)

背景に米倉会長と財界人の亀裂

経団連次期会長に内定した榊原定征・東レ会長

経団連次期会長に内定した榊原定征・東レ会長

 企業規模で見ると、財界総理を出すには東レでは、いささか荷が重いようにも見える。財界内で孤立した米倉弘昌会長(住友化学会長)はなぜ、後継者に榊原氏を指名したのか。経団連には副会長が18人おり、そのほかに会長の諮問機関である審議員会には、議長のほかに17人の副議長がいる。いずれも大企業のトップばかりで、本来ならこの中から後継会長を選ぶはずだ。

 米倉会長の意中の後継候補は、筆頭副会長で日立製作所会長の川村隆氏だった。米倉会長は昨年秋から複数回、禅譲を川村氏サイドに打診している。しかし川村氏はこれを固辞。その代替策として選んだのが副会長OBの榊原氏である。

 榊原氏は、日立の社外取締役を務めていて、川村氏とは親しい。その関係で川村氏が自分の代わりとして榊原氏を推したかどうかは分からないが、榊原氏が経団連会長を受ければ、日立が支援すると約束することはできたろう。

 日立は1月8日に社長交代を発表した。川村氏は会長ポストを中西宏明社長に譲り、自らは相談役に退くとともに財界活動を引退すると明言した。その直後に榊原氏の経団連会長内定が発表されたことは、2つの人事が密接な関係で動いていたことを暗示するものだ。しかし、経団連会長の座は財界人なら誰もが憧れるはず。川村氏が固辞したにせよ、他の副会長には候補はいなかったのか。なぜOBまで候補を広げる必要があったのか。その背景には、米倉会長と財界の長老らとの確執がある。

 話は一昨年の民主党政権時代にさかのぼる。12月の総選挙が決まり、野党第一党の自民党は政権奪還が確実視されていた。当時の安倍晋三総裁は、大胆な金融緩和を軸とした経済政策を公約に掲げた。それを米倉会長は「財政規律を損ない、国債の信用も損なわれる懸念が非常に大きい。無鉄砲だ」と痛烈に批判してしまったのだ。

 怒った安倍氏は、政権の座に就いてからも米倉会長を許さなかった。経団連の公式行事には出席しても、米倉会長と個別に会おうとは決してしない。そんな関係が今も続いている。

 財界にとって、政界とのトップ同士のパイプが詰まってしまったことは衝撃だった。見かねた財界の長老たちが和解を働き掛けたが、安倍首相の米倉会長に対する不信は収まらない。そうなると財界の中には「健康問題を理由に米倉会長に退陣してもらうしかない」という意見が台頭した。実際に、少なからぬ財界人が「米倉おろし」に賛同したといわれる。

 しかし今度は、これを知った米倉会長が激怒した。長老らとの関係を絶ったばかりではない。現役の経団連副会長をはじめ「ポスト米倉」と目される一部の有力財界人まで敵視するようになったのだ。

 財界の有力企業の多くを敵に回した米倉会長は孤立したが、意気軒昂だった。後継者の指名権は現職会長にある。経団連の名誉会長ら財界の長老にはなんら相談せず、自分の意思だけで後継を選ぶと周囲に宣言。こうして、財界の歴史にはない異例の後任選びがスタートした。

就任を固辞した日立・川村会長の事情

東原敏昭専務(中央)の社長昇格と同時に自らは会長を退くことを発表した川村隆会長(左)。右端は中西宏明社長

東原敏昭専務(中央)の社長昇格と同時に自らは会長を退くことを発表した川村隆会長(左)。右端は中西宏明社長

 川村氏は、米倉会長に敵視されなかった数少ない現役副会長だった。また出身母体の日立の企業規模は申し分なく、業績も順調だ。米倉会長が有力な財界人を無視する強気な姿勢でいられたのも、「後継トップは製造業から選ぶ」と何度も発言していたのも、川村氏という候補がいたからである。

 一方、川村氏の側に立てばどうだろう。確かに経団連会長の座は魅力だ。川村氏も一時は受諾に傾いた節がある。しかし米倉会長と有力財界人の深刻な亀裂を埋めるのは、後継会長の仕事だ。それを負担に感じても不思議はない。

 また経団連の会長会社となれば、世間の注目度は飛躍的に高まる。出身企業のわずかな不祥事も大々的に報じられ、批判の矢面に立たねばならない。日立の業績は急回復しているが、万全とはとても言えないというのが川村氏の認識。経団連会長の任期は通常なら4年間。その間に日立の業績が急降下することも考えないわけにはいかなかったろう。川村氏が会長の就任要請を固辞した理由は高齢だといわれる。それも事実だろう。しかし、それ意外にも理由があったからこそ後継選びは難航したのだ。川村氏を断念した米倉会長には、後継候補がいなくなった。そこで副会長OBに対象を広げ、ようやく東レの榊原氏を見つけたというのが真相だ。

 では、なぜ榊原氏なのか。出身企業のトップとしての経営実績とか、人物・識見に優れるとかいう理由なら、他にも候補者はいる。最大の理由は、榊原氏が政府の産業競争力会議の民間議員であることだろう。安倍首相との関係は良好で、政権との太いパイプが期待できる。

 米倉会長は、自分に対する財界の長老の批判をしっかりと理解していた。自分1人で決めると宣言した後継会長についても、どういう人選が望ましいかを十分に分かっていた。東レは経団連会長を出す会社としては規模が小さいが、榊原氏であれば財界の長老の納得が得られる。発表の前日、榊原氏を選んだと米倉会長から告げられた長老たちは、反対しなかったということである。

 米倉会長が、もっとわがままに後継会長を選んでいれば、財界の亀裂は修復不能になったかもしれない。榊原氏起用という異例の人事によって、ギリギリのところで財界の結束を守ったというわけだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る