政治・経済

マルハニチロホールディングスの連結小会社アクリフーズで勃発した農薬混入事件。事件の真相究明が急がれるのは当然のことだが、一方で明らかになったのは、同社の驚くべきコンプライアンス意識の欠落だった。 (本誌/大和賢治)

アクリフーズ農薬混入事件 アクリフーズおよび親会社のマルハニチロHDの一連の対応

お詫び会見で頭を下げる久代敏男・マルハニチロHD社長(左)と田辺裕・アクリルフーズ社長(右)

お詫び会見で頭を下げる久代敏男・マルハニチロHD社長(左)と田辺裕・アクリルフーズ社長(右)/写真:時事

 世間が正月準備に追われていた昨年12月29日、突如としてショッキングなニュースが飛び込んできた。水産最大手マルハニチロホールディングスの連結子会社アクリフーズの群馬工場で生産された4品目の冷凍食品から、含まれるはずのない農薬「マラチオン」が検出されたというのだ。今や冷凍食品は家庭内食では必須カテゴリーとも言えるだけに業界内外は言うにおよばず、一般にも大きな衝撃を与えることとなった。

 本来、含まれるはずのない農薬が検出されたことは事故ではなく事件。誰かが意図をもって農薬を混入させたことは明白であり、真相究明が待たれるところだ。

 問題視されるのは、アクリフーズおよび親会社のマルハニチロHDの一連の対応。後手に回った対応が被害を拡大させたと言っても過言ではない。本誌ではマルハニチロHDの3つの過失を検証する。

アクリフーズ農薬混入事件 マルハニチロHDの3つの大罪ー1〜事態発生から対応までの遅さ〜

 まず1つ目は、事態発覚から自主回収を発表するまでに要した時間。11月13日以降に消費者から「異臭がする」という通報が複数件アクリフーズにあったにもかかわらず発表までの約1カ月半、結果的には状況を放置していたことである。

 ここ数年間を見ても食品分野では産地・表示偽装等の不祥事が頻繁に顕在化、その度、食品関連の業種・業界では食の安心・安全性の担保という観点から再発防止策が打ち出されてきたのは周知のとおりだ。そんな環境下にありながら、今回のアクリフーズおよびマルハニチロHDの対応の甘さは際立っている。

 繰り返しになるが、消費者から最初に異臭通報があったのは11月13日。アクリフーズは、この時点では単なる品質苦情という認識で、親会社であるマルハニチロHDへの報告はしていない。マルハニチロHDが情報を把握したのは12月10日。主要関連会社の品質保証担当者が定期的に集まる会合の中でのことだという。しかし、この席上アクリフーズの責任者が「12月4日に外部に調査を依頼している」と述べたことで、マルハニチロHDは、当該工場だけの個別案件ととらえ、具体的な指示は何も出していない。

 本来であれば、少なくとも情報を共有したこの会合時点で、製造ラインを止めるべきではなかったのか。品質保証のプロが多く集まりながら、誰一人として製造ラインの停止を進言しなかったというのには違和感を覚える。今回の対応は適切であったと考えているかという問いに対しマルハニチロHD広報は、「異臭の通報があった11月13日にさかのぼって、あらゆる危険性を疑うべきだったと指摘されれば、まさにそのとおりです。以前から異臭に対する通報はまれにありましたが、それらは危険性の低いものでした。今回の事案をそれと同様のものとして処理してしまったことがすべての間違いでした」と述べ、すべての目が〝真相究明〟に偏ったことで製造ラインの停止に踏み切れなかったことを反省する。

 仮にラインを止めれば、風評被害により他工場で生産された商品にも影響が出る懸念もある。〝見たくないものは見ない〟、〝臭いモノには蓋〟という思惑が働いたと言われても仕方あるまい。話は多少それるが、今回、事件の渦中にあるアクリフーズの前身は雪印冷凍食品。2000年、集団食中毒事件を起こした雪印の子会社である。当時の雪印社長の石川哲郎氏が混乱のさなか、追及する報道陣に対し「私は寝ていないんだ」と逆切れし、多くの国民を唖然とさせた子会社が何を隠そうアクリフーズ。まさかと思うが、そうした負のDNAが引き継がれているのではと邪推もしたくもなる。

アクリフーズ農薬混入事件 マルハニチロHDの3つの大罪ー2〜コンプライアンスの欠落〜

 2つ目は毒性の過小評価である。当初、アクリフーズ側では農薬濃度が最も高かった商品でも「体重20㌔㌘の子どもが60個食べないと中毒症状を発しない」と発表したが、厚労省から不適切という指導を受け、新たに体重60㌔㌘の大人がコロッケ3分の1を食べることで発症すると訂正する大失態を演じた。

「恥ずかしい話ですが、農薬に関して新しい評価方法が導入されていたことを知見として持っていませんでした。会見時に健康被害が報告されていなかったこともあり、厚労省への相談を怠ってしまったことが原因です」(マルハニチロ広報)

 マルハニチロと言えば老舗の一流企業、よもやこんな根本的なことすら認識していなかったとは、にわかには信じがたい。コンプライアンスの欠落を指摘されても逃れられない。一連の迷走に業を煮やした森消費者担当相は、1月8日、アクリフーズの田辺裕社長を呼び出し、「消費者に正確に伝わるよう情報提供の方法を検討してほしい」と要請した。特定秘密保護法に関して、国民への正確な情報提供を怠たり、強行採決した当事者の森消費者相に「あなただけには言われたくない」と感じたかどうかは知らないが、田辺社長は、つながりにくくなった相談窓口の電話回線の増設を約束した。

アクリフーズ農薬混入事件 マルハニチロHDの3つの大罪ー3〜プライベートブランド(PB)の信用失墜を招く危険性〜

 さらに3つ目は、プライベートブランド(PB)の信用失墜を招く危険性をもたらした点。近年、大手流通が仕掛けるPBが消費者から高い支持を受けている。拡大の背景にあるのは、製造から販売まで大手流通が商品に対し責任を持つという姿勢、いうなれば消費者との信頼が根底にある。

 しかし、今回のような対応では、この信頼関係をも揺るがしかねない。PBには、「セブンプレミアム」のように消費者が商品の製造者と販売者が認識できるものと、「トップバリュ」のように製造者が固有記号で表示され、一見して製造者を特定できないもののおおむね2種類がある。

 製造から販売まで責任を持つはずの大手小売りのPBも、信頼をもって委託した企業のずさんな管理体制によって、安全性を担保できないことにもつながる。まさにPBブームに冷や水を浴びせる事態ともなっている。

 真相究明も重要だが、マルハニチロHDには、消費者第一という原点回帰を期待したい。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓也(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る