政治・経済

消費増税のマイナス効果はあれど条件次第で成長率2%も可能

 

安倍晋三首相(写真:時事)

安倍晋三首相(写真:時事)

 2014年4月1日から消費税が現行の5%から8%に引き上げられる。

 消費増税に伴ってGDPの成長率がかなり下がるだろうという予測が一般的だ。

 13年10月10日に日経センターが発表した民間エコノミスト41人の14年度の予測の平均値は、新たな経済対策を織り込んでも0・79%となっている。また、13年10月21日、伊藤忠経済研究所は0・5%の成長見通しを発表している。いずれも消費増税の影響で成長率が13年度の3%弱から大きく落ち込むというものだ。   

 他方、国際機関の予測は日本のそれよりもやや楽観的。IMFの13年10月の見通しは14年(暦年)で1・2%、OECDのそれも暦年で1・5%と高い(13年11月19日発表)。

 OECDは予定されている消費増税は「両年の成長率を押し下げるものの、財政への信認を維持するためには『重要な一歩』」だと指摘し、増税をポジティブに評価している。OECDの成長率見通しが他に比べて高いのも、「信認の維持」という側面を高く評価しているからだろう。

 筆者の見解もOECDに近い。場合によれば、1・5%を超えて2・0%に乗せることもあり得ると思っている。

 ひとつは円安・株高が14年度も継続し、企業業績も順調に推移すると考えるからだ。13年度も高成長は円安・株高に支えられている。12年末に1㌦=80円を切っていた為替レートは日本銀行の積極的な金融緩和などで13年に入ると100円を突破、日経平均も12年の8千円台から1万6千円台へ上昇。ほぼ2倍までになり1万7千円をうかがう状況だ。こうした状況を受けて13年度の成長率も3%弱まで伸びていったのだ。

 

高支持率維持のため消費増税のマイナス効果抑止策は続く

 

 問題は14年度も円安・株高が続くかどうかだろう。13年度ここまで上がったのだから一服するだろうという見方も強いようだが、筆者は円ドルレートは早暁1㌦=105円を抜けて110円前後まで円安になっていくだろうと思っている。

 1㌦=80円から100円突破までの主たる要因は日銀の異次元金融緩和だったが、100円を抜けてからは米国経済の予想以上の好調さが原因となっている部分が大きい。

 IMFは14年の米国経済の成長率を2・6%と予測しているが、現状は3%に迫る勢いだ。とすれば、ドル高・円安が継続し、110円に近づくことは十分あり得ることだろう。ニューヨーク・ダウも好調で、史上最高値を更新し続けている。若干の反動はあるのかもしれないが、上昇トレンドに変わりがないのではないだろうか。とすれば日経ダウもニューヨーク・ダウなどに引っ張られ1万6千円台を抜けて上昇する可能性が高い。

 こうした状況の中で14年度も円安・株高が続いていけば、消費増税のマイナス効果は相殺され、2%台の成長率の達成も視野に入ってくることになる。

 もちろん、13年度末の駆け込み需要が大きければ、14年度の成長率はそれだけ落ちることになるが、これも年度を平均すれば、成長率の低下ということではない。

 政府は14年度の経済を強めに維持し、さらに15年度に消費税を10%にまで引き上げることを狙っている。ということになると、金融の追加的緩和も十分あり得る。黒田東彦・日銀総裁も2年間でのインフレ率2%達成を公約している。公約を実現するためにも、金融のさらなる緩和は必要だろう。

 財政面についても20年のオリンピックを念頭に、公共事業が活発に展開されることが予測される。

 国土強靱化政策に続いてオリンピックがらみの公共事業が追加されれば、金融だけではなく財政も出動し景気を押し上げるということになる。安倍政権の支持率は、経済が順調に推移していることもあって高い水準を維持している。特定秘密保護法案などによって若干支持率が下がってはいるものの、歴代政権と比べると極めて高いレベルだ。

 高支持率を維持するためにも、財政、金融両面から経済を刺激する政策は続けられることになるだろう。

 少なくとも、あと1〜2年はいわゆるアベノミクスは継続され、成長率の2%超えを目指すという姿勢は変わらないだろう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る