文化・ライフ

坪田一男(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

健康のために光と上手に付き合っていますか?

 新年の抱負のひとつに「健康」を掲げている人も多いことだろう。そこで、新年をより健康で過ごすため、僕からぜひご提案したいのが、「光との付き合い方を考える」ということだ。

 考えてみれば、僕たち人類は常により環境をつくることばかり考えてきた。ロウソク、ランプ、ガス灯といったほのかな明かりでは満足せず、約170年前には電灯を発明。夜の暗闇を照らす明るい光を手に入れた。さらに、約80年前には蛍光灯を開発。約20年前にはLEDが発明され、夜はますます明るい光で照らし出されるようになった。だが、LEDの発明でもたらされたのは、単に明るい環境だけではない。

 電球や蛍光灯の光と違い、LEDが放つ光には太陽光に含まれるのと同じまぶしく明るい光、青色光=ブルーライトがとても多く含まれている。人類はLEDの発明によって、このブルーライトを自在に扱えるようになったというわけだ。

 一方、最近の研究によって、1日約24時間周期で体内時計の時を刻むサーカディアンリズムを司っているのは光、中でもブルーライトであることが分かってきた。

 僕たちは、目の網膜で明るい光をキャッチすると「朝だ」と感じ、夕方暗くなって網膜から入ってくる光の量が減ると「もう夜だ」と感じる。同時に、睡眠を司るホルモンであるメラトニンの分泌量が抑えられたり活発になったりして、睡眠と覚醒のリズムが作られ、1日24時間のリズムが作られる。

 2002年には、哺乳類の目の網膜に主にブルーライトに反応する「第3の視細胞」と呼ばれる特殊な視細胞も発見されている。僕たちの目は、「モノを見る」だけでなく光によって時間を感知する時計の役割も担っていたのだ。

 サーカディアンリズムの乱れが健康に及ぼす影響については、皆さんもよくご存じだろう。僕たちは昼間しっかりブルーライトを浴びないとサーカディアンリズムを正常に保って健康を維持することができない。時差ボケを解消するには「朝の光を浴びるといい」と言われるのも、ブルーライトを浴びることで狂った体内時計をリセットすることができるからだ。

ブルーライトは肥満や糖尿病、高血圧やがんへの影響も!?

ブルーライトに関する最新情報を集めた新刊『ブルーライト 体内時計への脅威』(集英社新書)

ブルーライトに関する最新情報を集めた新刊『ブルーライト 体内時計への脅威』(集英社新書)

 ところが、夜も明るい生活が当たり前になった僕たちは、「夜になると暗くなる」ということさえ忘れて暮らしている。その上、ブルーライトを多く含むLED照明やLEDをバックライトに使用した液晶ディスプレーのパソコンやスマートフォン、タブレット端末などによって、「朝のように明るい光のシグナル」を夜も浴びるという生活をしている。

 そのため、夜も明るい生活や、夜間のパソコンやスマートフォンの長時間使用などが、サーカディアンリズムを乱れさせ、肥満や不眠、うつなどを引き起こす原因になるのではないかと危惧されている。

 実際、夜勤の多いタイムシフトワーカーに前立腺がん、糖尿病、高血圧、肥満などの発症率が高いというデータは既に数多く報告されていて、「光との付き合い方」は労働者の健康管理における重大な課題となっている。

 また、こうしたサーカディアンリズムの乱れによる健康への影響は、タイムシフトワーカーに限らず、すべての現代人の問題、社会問題にもなりつつある。米国医師会では12年5月に「現代は光公害の時代に突入した」と警告を発しているほどだ。

 また、紫外線が目に及ぼす影響はよく知られているが、その害のほとんどは角膜や水晶体におけるもので、網膜レベルでのトラブルを引き起こすのは、「目に見える光=可視光」の中でも最も短い波長の光であるブルーライトではないかと考えられるようになってきた。さらに、パソコンやスマートフォンなどから放たれるブルーライトを長時間見つめ続ける生活こそが、ドライアイや眼精疲労を悪化させる原因ではないかと危惧されている。とはいえ、ブルーライトそのものが悪いわけではない。問題は、ブルーライトとの付き合い方なのだ。

 より高度な24時間型社会、視覚情報社会へと進む中、現代人が「夜も明るい生活」や、便利なVDT機器を手放すことはもはや非現実的だ。しかし、より健康であるためには、ブルーライトに関する知識を深め、より上手な付き合い方を模索していく必要があるだろう。そしてどうぞ、今年もより健康的な毎日を!

★今月のテイクホームメッセージ★

ブルーライトと上手に付き合って、より健康的な新年を!

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る