文化・ライフ

厳重なテロ対策を敷くソチ駅周辺(写真:時事)

厳重なテロ対策を敷くソチ駅周辺(写真:時事)

 昨年末、ロシアではテロが相次いだ。冬季五輪開催地のソチから約700㌔北東のボルゴグラードでは、駅舎に続いてトロリーバスが爆破された。この2つの自爆テロだけで、30人以上の死者が出た。

 イスラム過激派の犯行とみられており、武装勢力のリーダーは早くから「ソチ五輪の阻止」を明言していた。彼らの温床となっているのがソチが隣接する北カフカス地方。ロシアからの独立と「カフカス首長国」樹立を唱えている。

 ロシア政府は安全対策に20億㌦(約2千億円)もの巨費を投じ、万全を期す構え。ウラジーミル・プーチン大統領は全土で警備体制を強化するよう指示を出し、五輪開幕1カ月前の1月7日からはソチに厳戒態勢を敷いた。

 聞けばソチが面する黒海の警備にあたっては精鋭部隊を配し、海中パトロールまで行うそうだ。念には念を入れるというメッセージなのだろうが、「そこまでやらないと危険なのか?」「モスクワなどの大都市は大丈夫か?」と逆に不安になる。

 暮れにソチを訪れたリポーターから現地の状況を聞いた。

「ソチ自体は気候も温暖でいいところなのですが、オリンピックまで、まだ1カ月以上あるというのに、雰囲気はピリピリしていました。事前に撮影許可は取ってあったのに、競技会場の近くでカメラを回そうとすると、どこからか警備員が飛んできて、すぐにストップされる。

 運良く撮影を許可されても、こっちの方向はダメだとか、警備員の顔を撮るなとか、いろいろと条件をつけられました。オリンピック本番では、さらに厳しくなることが予想されます」

 ソチ五輪はプーチン大統領の肝入りで招致活動が展開され、7年前のIOC総会で開催が決定した。ロシアはソ連時代の1980年、モスクワ夏季五輪を開催したが、アフガニスタン侵攻を巡って西側諸国と対立。米国や日本をはじめとする約50カ国・地域がボイコットしたため、大会自体は盛り上がりを欠いた。

 そうした経緯もあって、プーチン大統領の今大会にかける情熱は尋常ではない。開発型五輪の典型で、夏季も含めて史上最高の500億㌦(約5兆円)もの巨費が投じられたと報じられている。大統領による壮大な国家事業と言っても過言ではあるまい。

 逆に言えば、大統領の威信低下を狙うテロリストたちが、五輪を攻撃の標的にするのは当然、予想されるところである。だからこそ、プーチン大統領は語気を強めるのだ。

「テロリストが全滅するまで徹底的に戦いを続ける」

 IOCには忌まわしい記憶がある。72年9月5日、ミュンヘン五輪の選手村がパレスチナ武装組織「黒い九月」に襲撃され、イスラエルの選手団11人が殺害されたのだ。

 スティーヴン・スピルバーグが制作した映画「ミュンヘン」は、この事件と、その後のモサド(イスラエル諜報特務庁)による報復作戦を描いたものだが、「平和の祭典」であるはずの五輪がテロの舞台に選ばれ、暴力の果てなき応酬へと向かう経緯は慄然とするものがある。

 あれから40年以上たつが、世界はより不安定さを増し、米国のテロ問題研究団体によると、一昨年(2012年)だけでもテロにより、世界中で過去最多の約1万5千人以上の死者が出たという。

 筆者が取材者として経験した五輪で、最も警備が厳重だったのは02年のソルトレイクシティ冬季大会だ。9・11の翌年ということもあって、米国中がピリピリしていた。

 とりわけ厳重を極めたのが空港での安全対策。時限爆弾に転用される恐れがあるとの理由で、危うく商売道具の携帯電話まで分解されそうになった。

「それが壊れたら仕事ができないじゃないか……」と、少々慌てたが、とても口に出せる雰囲気ではなかった。

 女性の中にはブーツのかかとまで調べられた者がいた。ヒールの部分に何かを隠しているのではないか、というわけだ。

 現場の警備はさらに厳しく、メディアバスの窓には狙撃対象にならないようにと黒い網が張られていた。車窓からの風景を楽しむどころではなかった。

 関係者によるとソチの厳戒態勢はソルトレイクシティの比ではないという。住民の移動すら制限され、「強制収容所のようだ」と声をひそめる向きもある。テロを未然に防ぐためには仕方のないこととはいえ、競技場のそこここに銃を構えた兵士が立つ五輪の姿は「平和の祭典」からは程遠い。

 今はただ、笑顔あふれる閉会式を無事に迎えられることを祈るばかりだ。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る