政治・経済

ツイッターで民主党議員から絡まれる

 川口順子さんが参議院環境委員長を解任された件は僕にとっては衝撃的でした。

 事の経緯は、川口さんが、各国の外交経験者や要人が参加する「アジア平和・和解評議会」の会合に出席するため、中華人民外交学会の招聘で4月23日に訪中しました。25日に国会で環境委員会が開かれるため、川口さんは24日に帰国する予定でした。しかし訪中後に「中国の外交政策と近隣諸国」がテーマの会議が24日、国務委員(外交担当)の楊潔篪氏との会談が25日に決まったそうです。尖閣諸島をめぐって日中間の緊張が高まっていますし、また23日には国会議員の靖国神社参拝もありました。川口さんとしては中国側に日本の考え方を伝えて理解してもらうことが国益上必要と考え、滞在期間の延長を申し出ました。そして会議に出席し、楊氏との会談を終えて帰国したら解任騒動になっていた。

 この騒動で野党から出ていた意見は、「外交担当者でもない人間が国益に結び付く話が本当にできたのか」「その内容を開示しろ」とか、「国内にいることが大事なのに何をやっているんだ」と外国に行くことそのものを否定する発言もありました。そしてツイッター上で僕が「川口さんをなぜ解任するのか分からない」と言ったところ、外交が全く分かっていないような民主党の地方議員から「本当に国益になっているのか」という論調で感情的に絡まれました。

 なぜ僕がそれに対してショックだったかと言うと、ひとつは国際会議に出席したことがある議員が非常に少ないんだろうなということです。僕は国際会議に出席する機会も多く、それこそダボス会議などで川口さんともご一緒したこともあります。例えば、日本人からいない会議で、日本に絡む話が出ることがよくあります。その時に日本人の参加者がいないと、日本の意見がないまま議論が終息してしまうんです。

 特に今回みたいに各国要人が集まる席で、日本の代表者がいない時に例えば尖閣問題について中国が一方的に自分の意見を言ったとすると、その場にいた他国の要人は「ああ、そうなんだ」と受け取ってしまうんです。そこにしかるべき立場の日本の代表者が1人いるだけで、「いや、日本としてはそうじゃない、尖閣に関しては、もともと日本が領有権を主張しているし、実効支配していて、日本の領土なんだ」と主張できるんですよね。主張すること自体が国益なんです。日本の立場を代弁する人がいないところで、各国の要人がその話題をしている時点でもう国益を損ねてるんですよ。そういう欠席裁判的な怖さが国際会議にはあります。

 そして国際会議の出席者は必ずしも政府の代表じゃなくてもいいんです。きちんと意見を代弁できる人がいるだけで、他国の要人たちは「別の立場があるんだな」と理解するから。環境委員長としては関係ないかもしれないが、川口さんは英語も堪能ですし、主張も論理的なので、そういう場に出ていくことが国益に適うというのは間違いないんですね。

 しかしそれは僕が国際会議にいろいろ出ていた経験があるから直感的に理解できるものですが、恐らく国際会議などに出たこともない民主党の議員からは、国益かどうかも分からないという議論になってしまうことが非常にショックでした。

政治家を選ぶ国民にもグローバル意識が欠如

 2つめに僕が感じたこととして、ツイッターなどの反応を見ると、国民の間で「国会を軽視するのは何事だ」という議論があるのも、そういう政治家が出てくる背景には、国民の中にも「内政が大事で外交は二の次」という意識がたくさんあるんだなということです。ツイッターでも賛否両論ある中で、何割かの人たちは野党が言っていることは正しいんじゃないかと思っている方がいらっしゃいました。しかしそれも国際的な経験がないからだなというような意見が極めて多かった。このままだとTPP以前の問題ですね。TPPというグローバルに市場を統一していこうという動きがある中で、きちんと日本の立場を主張できる人が圧倒的に少ないんだとすると、本当に日本は不利になっていくという危惧を感じる出来事でした。

 国民のグローバル意識をいきなり高めるのは、かなり難しいと思うんですけど、これだけ世界との一体化がどんどん進みつつある中で、もう少し外交というものの重要性を国民も意識すべきだと思います。こんなくだらないことで、憲政史上初めて委員長解任という動議をサポートした野党には「一体何をやっているんだ」と猛省を促したい。外交オンチが政権を取るようなことがあってはならないという印象を受けた事件でした。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る