マネジメント

筆者プロフィール

松嶋洋(まつしま・よう) 元国税調査官・税理士。2002年東京大学卒業後、金融機関勤務を経て東京国税局に入局。07年退官後は税理士として活動する傍ら、国税調査官の経験を生かし、税務調査対策のコンサルタントや執筆活動も行う。

 

不確定概念に関する考え方 納税者と税務署の感覚の違い

 税金の世界には、「不相当に高額」な役員報酬は経費としない、とか、「社会通念上相当」な福利厚生費は経費としていい、といった規定が見られます。

 「不相当に高額」にしても、「社会通念上相当」にしても、いくらを指すのか一概にはよく分かりません。これら規定は、会社の規模等に応じて、柔軟な対応が可能になるようにするため設けられています。このような確定的でない文言を不確定概念と言います。

 不確定概念は税理士が非常に悩むところです。例えばクライアントから、「このくらい役員報酬出しても大丈夫か?」と聞かれても、100%問題ありません、と断言できないからです。

 税務署は自分の都合のいいように解釈するわけですから、税理士が大丈夫と思っても、税務署がケチをつける可能性があるのです。

 不確定概念に対する1つの考え方として、以前あるOB税理士のセミナーで聞いた話があります。

 そのセミナーで講師を務めたOB税理士は、「遅滞なく」という不確定概念について、「みなさんが思う〝遅滞なく〟というタイミングで問題はありません」と言っていました。当然のことながら、「それなら10年後でも〝遅滞なく〟と思えば、それで大丈夫なのか?」と思われることでしょう。

 もちろん、10年も先の話なのに、「遅滞なく」と判断されることはまずないでしょう。このOB税理士が言いたいことは、税理士や世間一般の方が考えているほど、不確定概念に対して税務署は、実は目くじらを立てない、ということです。

 税務調査の決着は納税者からの反省を促す修正申告書の提出によることが通例です。このとき、仮に「貴社の役員報酬は「不相当に高額」ですから、経費になりません」と指導すると、当然ながら「いくらだったら大丈夫でしょうか?」と根拠を尋ねられるでしょう。

 一概に決まらないから不確定概念なのであって、明確な基準がないからこそ困るわけです。税務調査で不確定概念を問題とするとトラブルになりやすいことから、本音としてはこれを問題視することを税務署は嫌っているのです。

 結果、納得させやすい誰の目にも明らかな誤りを指導することが、税務調査の実態です。加えて、「不相当に高額」などの金額に関する不確定概念については、同業他社と比較して「不相当に高額」と判断する、というルールになっています。

 同業他社の情報ですが、これは税務署が持っている情報ですので、守秘義務に含まれます。このため、「不相当に高額」と思った根拠があっても、それを税務調査先には提示できませんから、説得して修正申告を提出させることはそもそも不可能になります。

税務調査の不確定概念は積極的に活用したほうがいい

 以上を踏まえると、不確定概念を問題にする場合には、あからさまにおかし過ぎるケースです。だからこそ、積極的に不確定概念は活用したほうがいい、というわけです。

 ただし、2点ほど注意点を申します。ひとつは、不正取引は絶対に行わない、ということです。不正取引を行うと、税務署としても徹底的に税金を追徴してやろう、と思う傾向があります。こうなると、本来なら寛容であるはずの不確定概念についてもじっくりと税務調査がなされることになり、交渉が厳しくなります。

 もうひとつは、不確定概念に関する問題について、税務署が更正処分に打って出るとした場合、裁判ではなかなか勝てない、ということです。先に述べたとおり、守秘義務等の関係で根拠を提示できないことが、税務署が不確定概念を問題にしづらい大きな理由です。

 しかし、裁判で争うとなると、裁判所には判断指標となる根拠を提示できますから、税務署に軍配が上がりやすいのです。事実、先日行われた裁判では、税務署が比較対象とした同業他社がたったの1社、という状況であったにもかかわらず、税務署を支持する判決がなされました。このため、不確定概念の問題は更正の直前まで、じっくりと交渉しなければなりません。

 

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

葬儀業から脱皮しライフイベントのプラットフォーム運営企業へ―ライフアンドデザイン・グループ

古い体質が残り実体が見えにくい葬儀業界の中で、「パッケージ化された分かりやすいサービス」「家族葬など小規模葬儀に特化」「低価格だが高品質のおもてなし」「出店スピードの速さ」等を強みに事業拡大。人生の終末や死別後に備えた事前準備を行う。文=榎本正義 村元 康・ライフアンドデザイン・グループ社長…

村元 康・ライフアンドデザイン・グループ社長

人材領域で培ったテクノロジーを活用し社会課題を解決する―ビズリーチ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

経済界が主催するベンチャー企業支援企画「金の卵発掘プロジェクト2018」でグランプリを受賞した草木茂雄・エムアールサポート社長。建設・土木というガテン系の領域でイノベーションを起こすための挑戦を追った。(吉田浩) 草木茂雄・エムアールサポート社長プロフィール   測量とアートが結び付…

草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る