政治・経済

日本マクドナルドホールディングスが苦境から脱することができずもがいている。リーマンショック以降、価格競争に翻弄されてきた外食産業にあって〝一人勝ち〟の名を欲しいままにしてきた同社だが、今や業績低迷が常態化。果たして再生の処方箋は見つかるのか。 (本誌/大和賢治)

来店客数の激減

剣が峰に立たされた、原田泳幸・日本マクドナルドHD CEO

剣が峰に立たされた、原田泳幸・日本マクドナルドHD CEO

 日本マクドナルドホールディングスが2013年12月9日に発表した11月のセールスレポートが波紋を呼んでいる。同発表によると既存店売上高が対前年比10・4%と5カ月連続で、同客数に至っては7カ月連続の14・4%ものマイナス幅を記録したのである。

 特に注目したいのは同社の成長戦略の軸ともいうべき来店客数の激減だ。同社のビジネスモデルは既存客に対しては低価格商品の充実や携帯クーポン等で、並行して新規顧客に対しては無料コーヒーやマックカフェでそれぞれ集客を拡大し、粗利の高い商品への購買に誘導するという手法だ。しかし、客数の前年割れが始まった12年11月から昨年の11月までの1年間で対前年比を超えたのは昨年3月、4月のわずか2カ月だけ。数字だけを見ると〝外食一人勝ち〟と言われてきた同社の勝利の方程式が既に破綻をきたしているようにも見える。

 来店客数激減の要因に対し同社では次のように分析する。

「われわれの強さは例えばQSCの徹底や100円メニューの充実などに代表されるようにお得感や納得感を追求してきたことです。しかし、ここへきてIEO(手軽に食事をできる場を提供する)市場の中で、競合が多種多様な施策を展開し弊社とのギャップが縮まってきています。そういう外的環境からこれまでの優位性が弱まってきたと考えています。もうひとつは短期的なディスカウントキャンペーンの実施の有無がやはり大きく影響しています」(日本マクドナルド広報)

 なるほど敗因は競合との競争環境の変化にあるのかもしれない。特に近年、コンビニの中食市場の攻略には目を見張るものがある。主力の弁当にしても次から次へと新製品が投入され、顧客を飽きさせない工夫を凝らす一方で、価値訴求し、高価格商品も怠らず誘導にも成功している。さらに揚げ物等、ファストフードでも、店内調理が一般化し、その出来立て感が高い顧客満足度を実現している。最近、注目されている1例を挙げるとコーヒー。昨年1月にセブン︲イレブンが販売を開始した「セブンカフェ」。1杯100円で本格的なコーヒーが味わえることからセルフ式にもかかわらず、発売後7カ月で累計1億杯を突破したのは何よりの証左だ。

 「今や外食産業には、コンビニ脅威論が飛び交っています。特にコンビニの新設店舗にはイートインコーナーが設けられる傾向が見て取れます。これは明らかに中食だけにとどまらず、あらゆる時間帯で外食産業から顧客を奪う狙いがあるのでしょう。コンビニのイートインコーナーの売りは手軽さ、昼食はもちろん、残業で小腹がへった時などは好都合な施設です。今後、コンビニはイートインに対応するべく商品を続々と投入するはずです」(業界関係者)

 日本マクドナルドの苦戦は、これら外的環境の変化が大きく影響していることは確かだが、既に兆候は一昨年の11月あたりから顕在化していた。かなり以前より状況は認識していたにもかかわらず、今に至っても一向に状況は好転しない。対応が後手に回っているのではないか。

 前述した「セブンカフェ」の例を見ても、絶対的な需要はある。顧客の潜在ニーズをくみ取れていないと言われても仕方ない。

 「確かに顧客ニーズに対して、今後はもっと積極的にアプローチしていくべきなのかもしれません。しかし、数字的に苦戦しているのは短期的にディスカウントキャンペーンを抑制してるという背景があるのです。

 現状で言えば、弊社は長期的に成長というものを見据えてキャンペーン自体の改革に着手しているのです。これは次代の成長に向けたチャレンジであり、決して対応が後手に回ったというわけではありません。ディスカウントキャンペーンを実施していけば短期的には売り上げに大きく寄与します。しかし、現在、必要なのはむしろQSCを根本とする商品開発やサービスなのです。フォーカスはあくまでも、中長期の成長にあります。そういう意味では短期的な売り上げ減は織り込み済みなのです」(広報)と同社では強気の姿勢は崩さない。

起死回生の一手は?

 対策として同社では、13年12月11日に「クォーターパウンダー ホワイトチェダー」、「チキンフィレオ ホワイトチェダー」と「チーズポテトディップ」を発売してセールス強化を図る一方、ファミリー対策として13年11月に販売し好評だった、ハッピーセット「スーパーマリオ」の後継商品として同12月には「ポケモン」関連の商品を展開している。

 しかし、一方で同社の一連の商品戦略には「目新しさがなく、顧客満足度という点で今ひとつ」という厳しい指摘もある。

 記事執筆段階(12月19日)で内容は定かではないが、12月25日に事業会社である日本マクドナルドCEOであるサラ・カサノバ氏より「2014年度商品ラインナップ」と「新商品試食会」が実施される。同社広報いわく「大きなボリュームの商品」ということから期待したいところだ。

 カサノバ氏は、日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸CEOの意を受け、昨年9月に事業会社のCEOに就任した人物。そこで取り沙汰されるのが原田氏の進退問題。退任の可能性について、同社広報では、「そんな話は聞いたこともない」 ときっぱりと否定したが、株式の過半数を握るのは米国本社であるだけにドライな人事が遂行される可能性は否定できない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る