マネジメント

(『経済界』2019年11月号より転載) 

渡部功治氏

中央建設 代表取締役 渡部功治(わたなべ・こうじ)

 

創業70周年を迎えた総合建設業の中央建設。渡部氏は個人の事情に寄り添った「未来型働き方改革」を推進し、従業員が十全にパフォーマンスを発揮できる仕組みづくりを実現している。

 

能動的な働き方改革の実践 社員一人一人に向き合う会社

 

 中央建設は愛媛県今治市で創業し、今年70周年を迎える。同社が3年前に施工した障がい者アスリートのためのトレーニング施設「新豊洲Brillia(ブリリア)ランニングスタジアム」は、一般社団法人日本建設業連合会が優れた建物に与えるBCS賞を受賞。他にも多数の魅力的な施工実績を誇る。

 渡部功治氏は、9年前に鞄一つで上京し2年後に事務所を構えて以来、ここ3年で80人以上の社員を新たに採用し、現在は従業員110人規模に成長した。建築技術者を大幅に増員した同社は、ただ闇雲に拡大路線を爆進しているわけではない。あくまでも社員の幸せを第一に考えながら、後顧の憂いなく、全力で仕事に打ち込める環境をしっかりと整えている。官民を挙げて働き方改革が叫ばれる昨今、渡部氏が注力するのが「未来型働き方改革」だ。渡部氏自らが実行委員長を務め、建設業界の慣例に捉われない、本当に働く人の側に寄り添った体制を創造するべく音頭を取る。

 「建設業は、あくまで現場での仕事ありきです。ですから、現場手当を手厚くするのは当然。そして休日を充実させるなど社員一人一人と向き合うことを当社の働き方改革の第一義としています。多忙な現場でも週休2日間は確実に取れるようにしています。それに、私自身が社員一人一人との面談の機会を設けて、社員の直面する問題や置かれている環境を把握し、最適な人事ができるよう心掛けています。社員が抱える悩みに迅速に応えられる相談体制を整えています」(渡部氏)

高橋 洋氏

トレーニング施設「新豊洲Brillia(ブリリア)ランニングスタジアム」

 渡部氏は社員のためあらゆる悩み事を気軽に相談できる場所「アメニティセンター」を社内に設立した。人事課の5人のスタッフから成り、女性スタッフを複数在籍させることで、女性社員が悩みを吐き出すためのハードルを下げている。

 「話を少し聞いてもらうだけでもかなり肩の荷が下りるんですね。相談後のフィードバックもしています。その他、職場の人間関係の悩みが上がってくることもありますね。解決が難しそうなものは、私自身が直接対応しています」

 渡部氏の進取的な働き方改革は確固とした経営哲学に基づいている。それは、「会社は一人一人の個人の集合体で成り立っている」という考えである。

 「私は『会社こそが社員の人生をサポートするのが当たり前』という考えを持っています。社員一人一人と向き合うことは、その社員を親身に理解してあげることに他なりません。社員が抱えるさまざまな問題を会社が積極的に共有することが肝となります。例えば、子育てに励む若い世代や、通院が増えるシニア層、親を介護する世帯など、その社員が置かれている状況に応じて、会社側が積極的に手を差し伸べるべきだと思っています」

 

「本気」の仕事に応えるため「感謝」を社員に還元する

 

 渡部氏が実践する働き方改革は、社員の人生をサポートするための会社組織づくりにある。社員の事情に応じて、勤務時間を融通したり、休日を調整したりできるようにした。このような配慮の積み重ねが、結果的に会社の長期的な成長にもつながると渡部氏は確信している。

 「社員のライフステージは常に変わっていきます。ライフステージに合わせた働き方の変更を、会社が柔軟に受け入れられる体制を整えられるかが重要です。子どもが生まれたり、身内が大病を患った時に、会社が理解を示せるか。改革、改革と言葉でいうことは簡単だが、それを実行しやり抜くことが大切です」

 渡部氏は「本気」の人と共に働きたいと考える。情熱を持って自己研鑽する責任感のある人材だ。それらの人々と共に成長していくためにさまざまな改革を推し進める。70歳定年制もいち早く採用し気力と能力に応じて働き続けることができる。技術力の高いシニア人材の活用に積極的な一方で若い子育て世代の採用も増やしている。多様性のある人材とあらゆる可能性に挑戦するべく「従業員200人規模」に向けて積極的に取り組んでいくという。

 建設業界は今、大転職時代に突入し、どこの会社も人材確保に苦労している中、なぜ中央建設には今も人材が集まり続けているのだろうか。

 それは遡ること9年前の大きなチャレンジ精神とそのモチベーションの高さに共感し感銘を受けた人々が渡部氏の下に集まってきてくれていることに他ならない。そんな社員たちに感謝し、意気に応えるためにこそ血の通った「未来型働き方改革」が必要なのだ。

 

会社概要
——————————————————————————
設立 1949年1月
資本金 3,800万円
売上高 47億692万円
所在地 東京都港区
従業員数 110人
事業内容 総合建設業
http://www.chuokensetsu.com/
——————————————————————————

 

総力特集 人材育成企業21に戻る

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る